第637回:カルロス・ゴーン被告はレバノンへ “逃げる”という選択肢の是非を考える

2020.01.10 マッキナ あらモーダ!

ゴーン被告、舞妓に変身?

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が2019年12月末、保釈条件に違反して海外逃亡した事件は、欧州メディアでも即座に報道された。

筆者が住むイタリアで最初に報じられたのは、2019年12月31日の朝だった。筆者が公共テレビ放「RAI」のニュース専門チャンネルを見ていると「元ルノー・日産会長のゴーン氏、東京から逃亡」の速報文字が突如現れた。

フランスのメディアによる報道は、日本のニュースでも伝えられているので、ここでは繰り返しを避ける。

その後はというと、仏・伊とも日本のメディアほど大きな扱いとはならなかった。

年が明けて2020年になってから、フランス人の知人に「なぜゴーン被告逃亡が、大きく扱われないのか」と聞けば、即座に「もっと大切なニュースが数々あるから」と答えが返ってきた。

確かにそのとおりだ。フランスでは年金改革に反対するための大規模デモが年を越すことが確実となった。イタリアでも連立与党「五つ星運動」における所属国会議員の相次ぐ離脱や、高速道路の運営権をベネトン家の資産管理会社からはく奪するか否かといった、直近の内政問題が山積している。

2020年1月3日になると、アメリカ軍によるイランのソレイマニ司令官殺害の報道で、さらにゴーン報道は小さくなってしまった。

それでも自動車愛好家の間では、それなりに注目されたようだ。フランスの知人は、舞妓(まいこ)に変装したゴーン被告のパロディー合成写真をSNSでシェアしてきた。そして「日本人で逃亡を手助けした人物が出てこないのが不思議だ」とメッセージを送ってきた。

彼は「残念なことに人は金の亡者となりやすく、金が簡単に手に入ると、すぐに横領することを考える」と話す。「もし彼が横領をしたのなら、法の裁きを受けるべきであった」と話す。

いっぽうで「自動車そのものに関心のある私としては、彼の貢献で、ルノーは大変いいクルマを生み出した」とも振り返る。

2019年末にひそかに日本を脱出し、再び世間を騒がせているカルロス・ゴーン被告。写真は2012年のパリモーターショーより。
2019年末にひそかに日本を脱出し、再び世間を騒がせているカルロス・ゴーン被告。写真は2012年のパリモーターショーより。拡大
2014年のパリモーターショーで。ルノーのミニバン「エスパス」とともに。
2014年のパリモーターショーで。ルノーのミニバン「エスパス」とともに。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事