メルセデス・ベンツG350d(前編)

2020.02.06 谷口信輝の新車試乗 今回の試乗車は、「メルセデス・ベンツGクラス」の本命ともいわれるクリーンディーゼルエンジン搭載モデル。先代Gクラス、そして現行型の高性能ガソリン車「AMG G63」を知る谷口信輝は、その走りをどう評価する?

あるべきものがそこにない

「ちょっと、これ乗ってみて」

試乗車のメルセデス・ベンツG350dのかたわらに立つ谷口信輝が、スタッフSにそう声を掛けた。
「えー、ボクですか? ボクはドラポジが人よりかなり前になるくらい小柄なんですから」と言いつつも、スタッフSは運転席に乗り込もうとしたが、どうもうまくいかない。その様子を見ていたカメラマンKが「なんで、ここにアシストグリップがないんでしょうね?」と疑問を投げかけた。

そう、もしもAピラーにアシストグリップが付いていたら、これを握って全身を引き上げるようにすることでポジションが高めの運転席まで体を移動できるだろう。でも、残念ながら新型GクラスのAピラーにアシストグリップはない。なぜか?

正式な理由はわからないけれど、もしかしたら助手席正面に取り付けられた大型のアシストグリップがなにか関係しているのかもしれない。助手席正面の大型アシストグリップは旧型Gクラスにも用意されていたアイコン的装備。新型もこれを受け継いでいるので、そのうえさらにAピラーにもアシストグリップがあったら「屋上屋を架す」ような格好になると判断されて省かれたのだろうか? しかし、同様にAピラーにアシストグリップを持たない運転席側には適当な“手がかり”が見当たらない。しかも、メルセデスのSUVにはサイドステップが付いているのでボディーから少し離れて立つ必要があり、さらにこのサイドステップに泥はねが付いていると服を汚さないためにもさらに遠くに離れなければならず、いよいよ乗りにくくなる。谷口がスタッフSに「乗ってみて」と声を掛けた気持ちもよくわかる。

ただし、G350dがいかに魅力的なクルマかを考えれば、乗り降りのしにくさなど相対的に小さい問題といってかまわない。そのなによりの証拠に、この問題を別にすれば谷口は不満らしい不満をひと言も発しなかった。いやいや、それどころか、いままでにないくらい真剣味を帯びた調子で「これ、欲しい!」とまで言い放ったくらいなのである。

なにがそれほど気に入ったのか?

 
メルセデス・ベンツG350d(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツG350d(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツG350d(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツG350d(前編)の画像拡大

【メルセデス・ベンツG350dのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4660×1930×1975mm/ホイールベース:2890mm/車重:2500kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ターボ/ トランスミッション:9段AT/最高出力:286PS(210kW)/3400-4600rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/1200-3200rpm/
タイヤ:(前)275/50R20 113V M+S/(後)275/50R20 113V M+S(ピレリ・スコーピオンゼロ オールシーズン)/燃費:9.9km/リッター(WLTCモード)/価格:1192万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 270.1km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:31.3リッター(軽油)/参考燃費:8.6km/リッター(満タン法)/8.4km/リッター(車載燃費計計測値)


	【メルセデス・ベンツG350dのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4660×1930×1975mm/ホイールベース:2890mm/車重:2500kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ターボ/ トランスミッション:9段AT/最高出力:286PS(210kW)/3400-4600rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/1200-3200rpm/
	タイヤ:(前)275/50R20 113V M+S/(後)275/50R20 113V M+S(ピレリ・スコーピオンゼロ オールシーズン)/燃費:9.9km/リッター(WLTCモード)/価格:1192万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 270.1km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:31.3リッター(軽油)/参考燃費:8.6km/リッター(満タン法)/8.4km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2019.12.12 試乗記 メルセデス・ベンツの本格クロカン「Gクラス」に、最高出力286PS、最大トルク600N・mの新世代直6ディーゼルエンジンを搭載する「G350d」が追加された。最もリーズナブルなプライスを掲げながらも本命との呼び声も高い、新グレードの実力やいかに?
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • 「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「マヌファクトゥーアエディション」登場 2020.7.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年7月27日、「メルセデス・ベンツGクラス」に特別仕様車「manufaktur Edition(マヌファクトゥーアエディション)」を設定し、予約注文受け付けを開始した。納車は同年8月以降とアナウンスされている。
  • アルヴィス4.3リッター バンデンプラ ツアラー(FR/6MT)【試乗記】 2020.7.28 試乗記 「アルヴィス4.3リッター バンデンプラ ツアラー」は絵に描いたようなクラシックカーだが、実は2020年現在でも1937年式として新車注文が可能な英国車だ。そのカラクリを解き明かすとともに、戦前のスーパーカーの走りを味わってみた。
ホームへ戻る