第612回:接地を極めた「ポテンザRE-71RS」 ブリヂストンの最新スポーツタイヤを筑波サーキットで試す

2020.02.29 エディターから一言
2020年1月10日、千葉・幕張メッセで開催された「東京オートサロン2020」において発表されたブリヂストンの最新モデル「ポテンザRE-71RS」。
2020年1月10日、千葉・幕張メッセで開催された「東京オートサロン2020」において発表されたブリヂストンの最新モデル「ポテンザRE-71RS」。拡大

1979年の誕生以来、世界のハイパフォーマンスカーに純正装着され、ブリヂストンを代表するスポーツタイヤとして進化を続けてきた「ポテンザ」に、“ストリート最速”を掲げる「RE-71RS」が登場。早速、筑波サーキットのコース1000でその実力を確かめた。

「ポテンザRE-71RS」は13インチから19インチまで全63サイズをラインナップ。2020年2月1日よりサイズ別に順次販売を開始している。価格は1万3640円~8万3160円。
「ポテンザRE-71RS」は13インチから19インチまで全63サイズをラインナップ。2020年2月1日よりサイズ別に順次販売を開始している。価格は1万3640円~8万3160円。拡大
筑波サーキットのコース1000において、現役レーシングドライバーによるレーシングマシンのデモンストレーション走行も行われた。写真は「ポテンザRE-71RS」が装着された430PSを発生するオート・プロデュース・ボスの「スバルBRZ改」。スーパー耐久などで活躍する井口卓人選手がステアリングを握った。
筑波サーキットのコース1000において、現役レーシングドライバーによるレーシングマシンのデモンストレーション走行も行われた。写真は「ポテンザRE-71RS」が装着された430PSを発生するオート・プロデュース・ボスの「スバルBRZ改」。スーパー耐久などで活躍する井口卓人選手がステアリングを握った。拡大
試乗後にホイールから外された「ポテンザRE-71RS」のトレッド面。サーキット試乗では、一回7周の試乗ごとに新品タイヤに交換された。
試乗後にホイールから外された「ポテンザRE-71RS」のトレッド面。サーキット試乗では、一回7周の試乗ごとに新品タイヤに交換された。拡大

熱いタイヤがさらに進化

ブリヂストン・ポテンザといえばわれわれ世代にとっては憧れの高性能タイヤだった。初の市販モデルたる「RE47」の登場は1979年、ちょうど運転免許が取れる年齢になった頃で、その後日本メーカーとして初めてポルシェの承認を受けた「RE91」や、同じく初めてポルシェの標準装着タイヤとなった「RE71」のニュースを興奮しながら読んだものだった。

もっとも、今や世界最大のタイヤメーカーとなったブリヂストンは、かつて席巻したF1GPやルマンなどの世界最高峰レースからも距離を取っており、スポーツというよりはプレミアムで優等生的なイメージが強いなあ、などと思い巡らしながら向かったのは筑波サーキットのコース1000。ブリヂストンの新製品のサーキット試乗会など近ごろとんと覚えがないが、ここで年初の東京オートサロンでお披露目された新製品「ポテンザRE-71RS」の試乗会が開催されるというのだ。

2015年には「RE-71R」が復活していたが、新しいRE-71RSはそれをさらに進化させ、ストリートラジアル史上最速を追求したリプレイス用のスポーツタイヤだという。13インチから19インチまで計63サイズのラインナップで2020年2月から順次発売される。

あなたにおすすめの記事
新着記事