第613回:オールシーズンタイヤの本家はこちら! “老舗”グッドイヤーの実力を試す

2020.03.04 エディターから一言
特設コースを走行する「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ ハイブリッド」を装着した「スバル・インプレッサ」。
特設コースを走行する「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ ハイブリッド」を装着した「スバル・インプレッサ」。拡大

世界で初めてオールシーズンタイヤを上市し、日本でも積極的にこのジャンルの商品をプロモーションしてきたグッドイヤー。彼らが日本でラインナップする2商品「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」と「アシュアランス ウェザーレディ」の実力を確かめた。

試走会場の特設コースにて、走行を待つ「トヨタRAV4」と「スバル・インプレッサ」。今回の試走会は、福島・裏磐梯のスキー場で行われた。
試走会場の特設コースにて、走行を待つ「トヨタRAV4」と「スバル・インプレッサ」。今回の試走会は、福島・裏磐梯のスキー場で行われた。拡大
まずはグッドイヤーのオールシーズンタイヤの歴史と、現行ラインナップの特徴について説明を受ける。
まずはグッドイヤーのオールシーズンタイヤの歴史と、現行ラインナップの特徴について説明を受ける。拡大
グッドイヤーは1977年にアメリカで初めてオールシーズンタイヤを上市。日本市場でもいち早く販売を開始した。写真はグッドイヤーの歴代オールシーズンタイヤ。2018年7月に行われた「アシュアランス ウェザーレディ」の発表会会場より。(写真:webCG)
グッドイヤーは1977年にアメリカで初めてオールシーズンタイヤを上市。日本市場でもいち早く販売を開始した。写真はグッドイヤーの歴代オールシーズンタイヤ。2018年7月に行われた「アシュアランス ウェザーレディ」の発表会会場より。(写真:webCG)拡大
グッドイヤー・ベクター4シーズンズ ハイブリッド
グッドイヤー・ベクター4シーズンズ ハイブリッド拡大

1977年に初のオールシーズンタイヤを発表

ダンロップやトーヨー、さらにはミシュランやヨコハマタイヤなどもプロモーション活動を始めたことで、このところ、その話題を耳にする機会が増えているオールシーズンタイヤ。

ミシュランなどは、あえて「雪も走れる夏タイヤ」というフレーズを用いてスタッドレスタイヤとの差別化を図る工夫を行ったりもしているものの、基本的には冬でもさほど積雪のない非降雪地域で暮らすドライバーに対して、「四季を同じタイヤを履いたままで過ごせ、季節の変わり目ごとのタイヤ交換が不要」という点をアピールするのが、マーケティングにおけるこの種のアイテムの共通点だ。

一方、「オールシーズンなら、やっぱり『グッドイヤー』が老舗でしょ!」と、ちょっとタイヤに詳しい人からはそんな声も挙がりそう。確かに、こうしたタイヤをいち早く日本に導入し、ほとんど孤軍奮闘というカタチで古くから周知活動を行ってきたのはグッドイヤーである。

それもそのはずで、今をさかのぼること40年以上も前の1977年に、世界初となるオールシーズン・ラジアルタイヤをアメリカの地で問うたのがこのブランド。日本では、わずか8年前までは「オールシーズンタイヤを手がけるのはグッドイヤーのみ」という状態にあったという。

そんなグッドイヤーが展開する、最新オールシーズンタイヤのバリエーションが、「Vector 4Seasons Hybrid(ベクター4シーズンズ ハイブリッド、以下ベクター)」と、「Assurance WeatherReady(アシュアランス ウェザーレディ、以下ウェザーレディ)」の2タイプである。前者はヨーロッパ開発ながらも、2016年に国産化されたことで日本仕様のバリエーションが拡大。今や“おなじみ”の商品といえる。一方、そこに加えられるカタチで投入されたウェザーレディは、2018年の日本発売。北米開発によるこちらの商品は、より大きなサイズをメインとしたSUV用という位置づけだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事