第646回:頑丈なのはドイツ車で劣化しやすいのはやっぱり……? 大矢アキオが自動車バッジの耐久性を調査

2020.03.13 マッキナ あらモーダ!

BMWがロゴデザインを一新

独BMWは2020年3月3日(現地時間)、新しいブランドデザイン(ロゴ)を導入した。

新デザインは、開放性と明瞭性を示し、カスタマーを従来にないほどBMWの世界にいざなうものと説明されている。

新デザインへの移行は2021年5月31日までかけて行われ、これからオンライン&オフラインのコミュニケーションや国際的なトレードフェア、そしてイベントなどで用いられる予定だ。

主要自動車メーカーの新ブランドロゴという点では、2019年9月のフォルクスワーゲン(VW)に続くものだ。参考までに、実はメルセデス・ベンツも2009年にスリーポインテッドスターを二次元化したロゴデザインを使用開始したものの、現在は以前のものに戻されている。

VWとBMW、両ブランドの新作はいずれも、従来の図柄をより二次元化し、金属製バッジ風の立体感を醸し出す陰影が消えている。

かつて筆者がブランドデザインに携わる人物に聞いた話では、使用色が多くなったり複雑な図柄になったりするほど、4色製版の版ズレといった刷り上がりの検査工程が増えてしまうという。加えて筆者の出版社への勤務経験から言えば、雑誌の編集部も広告クライアントのロゴが正しい色で刷れているかというも、気遣いが増えるに違いない。

そうした意味でVWとBMWの新しいロゴは、さまざまな人々の手間を省略することに貢献するだろう。

ただし、両社の新ブランドデザインの運用には、決定的な違いがある。

BMWの新しいブランドロゴ。実際の制作は、ドイツ・ミュンヘンを本拠とするBECCエージェンシーが担当した。
BMWの新しいブランドロゴ。実際の制作は、ドイツ・ミュンヘンを本拠とするBECCエージェンシーが担当した。拡大
BMWの新しいブランドデザインを反映したバッジは、2020年3月3日に発表された「BMWコンセプトi4」にも見ることができる。
BMWの新しいブランドデザインを反映したバッジは、2020年3月3日に発表された「BMWコンセプトi4」にも見ることができる。拡大
フォルクスワーゲンが2019年9月に導入した新ブランドロゴ。
フォルクスワーゲンが2019年9月に導入した新ブランドロゴ。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事