第615回:異次元のパフォーマンス! 筑波で「メガーヌR.S.トロフィーR」の実力に触れる

2020.03.14 エディターから一言
筑波サーキットでのピット前の様子。写真後方が今回の主役「メガーヌR.S.トロフィーR」。
筑波サーキットでのピット前の様子。写真後方が今回の主役「メガーヌR.S.トロフィーR」。拡大

FF車世界最速の称号を持つ、ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌR.S.トロフィーR」。国内屈指の名コース、筑波サーキットをどれほどのペースで駆け抜けることができるのか? タイムアタックの模様をリポートする。

「メガーヌR.S.トロフィーR」のフロントまわり。空力性能に優れる専用デザインのバンパーが装着される。
「メガーヌR.S.トロフィーR」のフロントまわり。空力性能に優れる専用デザインのバンパーが装着される。拡大
ブラック基調でレーシーなムードがただよう「メガーヌR.S.トロフィーR」のコックピット。後席は軽量化のために取り外されている。
ブラック基調でレーシーなムードがただよう「メガーヌR.S.トロフィーR」のコックピット。後席は軽量化のために取り外されている。拡大
2019年末にも筑波でタイムアタックを実施し、1分3秒台を記録した「メガーヌR.S.トロフィーR」。今回は2度目のチャレンジで、その更新を目指した。
2019年末にも筑波でタイムアタックを実施し、1分3秒台を記録した「メガーヌR.S.トロフィーR」。今回は2度目のチャレンジで、その更新を目指した。拡大

もはやスーパーカー級

2019年4月にドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおけるレコードタイムを塗り替えたメガーヌR.S.トロフィーRはその後も、世界の名だたるサーキットでタイムアタックするプロモーションを展開してきた。そこにはわが国の鈴鹿サーキットも含まれており、その模様は『webCG』でもリポートしている

そんな“市販FF車最速”のトロフィーRが、2020年2月18日、筑波サーキットのコース2000でタイムアタックを敢行した。ただ、上記の鈴鹿アタックは本国ルノー・スポールによるものだったのに対して、今回はルノー・ジャポン独自のもので、乗り手はwebCGでもおなじみの日本人レーシングドライバー、谷口信輝選手である。

今回設定された目標タイムは1分2秒台。実は2019年末の某自動車誌の企画で、谷口選手が駆るトロフィーRは1分3秒591を記録している。これですら2リッターターボ級(トロフィーRは1.8リッターターボだが)の市販車としては、駆動方式を問わずに驚異的なタイムといっていい。筑波では市販車の公式レコードを記録していないが、メディア企画などでのアタック記録を見るかぎり、メガーヌR.S.の宿敵である現行「ホンダ・シビック タイプR」や4WDの「スバルWRX STI」でも1分5~6秒が相場。これより筑波で速い市販車となると、それこそ「日産GT-R」レベルのスーパーカーしかないのだ。

しかし、2019年末のアタックで「条件を整えれば2秒台もいけるのでは?」との手応えを感じた谷口選手とルノー・ジャポンは満足しなかった。複数のタイヤセットやタイヤウオーマーを準備して、今回のアタックを企画したというわけだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 実力検証! 新型メガーヌ ルノー・スポール トロフィー 2019.12.6 “最速の血統”を受け継ぐもの<PR> ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノー・スポール」の、さらなるハイパフォーマンスバージョン「トロフィー」に試乗。“速い”という言葉では言い尽くせない実力派のすごみを、ワインディングロードで体感した。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.14 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」の中でも、さらに運動性能に磨きをかけた「トロフィー」が日本に導入された。より高出力なエンジンと、コーナリング性能を突き詰めた足まわりが織りなす走りを報告する。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
ホームへ戻る