第615回:異次元のパフォーマンス! 筑波で「メガーヌR.S.トロフィーR」の実力に触れる

2020.03.14 エディターから一言
筑波サーキットでのピット前の様子。写真後方が今回の主役「メガーヌR.S.トロフィーR」。
筑波サーキットでのピット前の様子。写真後方が今回の主役「メガーヌR.S.トロフィーR」。拡大

FF車世界最速の称号を持つ、ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌR.S.トロフィーR」。国内屈指の名コース、筑波サーキットをどれほどのペースで駆け抜けることができるのか? タイムアタックの模様をリポートする。

「メガーヌR.S.トロフィーR」のフロントまわり。空力性能に優れる専用デザインのバンパーが装着される。
「メガーヌR.S.トロフィーR」のフロントまわり。空力性能に優れる専用デザインのバンパーが装着される。拡大
ブラック基調でレーシーなムードがただよう「メガーヌR.S.トロフィーR」のコックピット。後席は軽量化のために取り外されている。
ブラック基調でレーシーなムードがただよう「メガーヌR.S.トロフィーR」のコックピット。後席は軽量化のために取り外されている。拡大
2019年末にも筑波でタイムアタックを実施し、1分3秒台を記録した「メガーヌR.S.トロフィーR」。今回は2度目のチャレンジで、その更新を目指した。
2019年末にも筑波でタイムアタックを実施し、1分3秒台を記録した「メガーヌR.S.トロフィーR」。今回は2度目のチャレンジで、その更新を目指した。拡大

もはやスーパーカー級

2019年4月にドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおけるレコードタイムを塗り替えたメガーヌR.S.トロフィーRはその後も、世界の名だたるサーキットでタイムアタックするプロモーションを展開してきた。そこにはわが国の鈴鹿サーキットも含まれており、その模様は『webCG』でもリポートしている

そんな“市販FF車最速”のトロフィーRが、2020年2月18日、筑波サーキットのコース2000でタイムアタックを敢行した。ただ、上記の鈴鹿アタックは本国ルノー・スポールによるものだったのに対して、今回はルノー・ジャポン独自のもので、乗り手はwebCGでもおなじみの日本人レーシングドライバー、谷口信輝選手である。

今回設定された目標タイムは1分2秒台。実は2019年末の某自動車誌の企画で、谷口選手が駆るトロフィーRは1分3秒591を記録している。これですら2リッターターボ級(トロフィーRは1.8リッターターボだが)の市販車としては、駆動方式を問わずに驚異的なタイムといっていい。筑波では市販車の公式レコードを記録していないが、メディア企画などでのアタック記録を見るかぎり、メガーヌR.S.の宿敵である現行「ホンダ・シビック タイプR」や4WDの「スバルWRX STI」でも1分5~6秒が相場。これより筑波で速い市販車となると、それこそ「日産GT-R」レベルのスーパーカーしかないのだ。

しかし、2019年末のアタックで「条件を整えれば2秒台もいけるのでは?」との手応えを感じた谷口選手とルノー・ジャポンは満足しなかった。複数のタイヤセットやタイヤウオーマーを準備して、今回のアタックを企画したというわけだ。

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フルモデルチェンジした「プジョー208」 新型のここに注目せよ! 2020.7.10 デイリーコラム プジョーのコンパクトカー「208」がフルモデルチェンジ。日本国内でのデビューを果たした。ガソリン車に加えてEVバージョンも選べる最新型は、どのような進化を遂げたのか? そのポイントを識者が解説する。
ホームへ戻る