メルセデスAMG GT R(前編)

2020.04.16 谷口信輝の新車試乗 メルセデスの高性能スポーツカー「AMG GT」シリーズの中で、トップレベルの走行性能が与えられた「メルセデスAMG GT R」。レーシングドライバー谷口信輝は、その走りをどう評価する?

他の「AMG GT」とはずいぶん違う

メルセデスAMG GTは谷口信輝にとって重要なパートナーでもある。2016年以来、谷口は「メルセデスAMG GT3」でSUPER GTのGT300クラスに参戦。2017年にはチャンピオンに輝いた。同じ時期、プライベートでもメルセデスAMG GTを所有し、その走りを満喫したという。

もっとも、今回谷口に試乗してもらったのはメルセデスAMG GTのロードカーとしては最高峰に位置するAMG GT Rである。フロントアクスルとキャビンの間に搭載される4リッターV8ツインターボエンジンはベースグレードのAMG GTを実に100PS以上も上回る585PS/6250rpmを発生。最大トルクも700N・m/2100-5500rpmに達する。

しかも4輪ダブルウイッシュボーン式サスペンションはロードカーとしては限界的なレベルまで締め上げられているうえに、4WSの「AMGリア・アクスルステアリング」を搭載。そしてトドメともいえるのが、レーシングカーのAMG GT3にも採用されているダイヤル調整式トラクションコントロールで、これはダッシュボード上のダイヤルを回転させることでトラクションコントロールのスリップ量を9段階に設定できるもの。その存在感あふれる黄色いダイヤルは極めつけにレーシーだ。

まさにロードカーとレーシングカーの中間に位置するようなAMG GT Rが谷口の大好物であることは疑う余地がない。いつもの箱根のワインディングロードで試乗を終えた谷口は、文字通り興奮冷めやらぬといった表情でこうまくしたてたのである。
「いやあ、もう最高です。もう本当に刺激のカタマリで、コーナリングが楽しくて楽しくて仕方がない。まるでレーシングカーを公道で走らせているような感じです」

 
メルセデスAMG GT R(前編)の画像拡大
 
メルセデスAMG GT R(前編)の画像拡大
 
メルセデスAMG GT R(前編)の画像拡大
 
メルセデスAMG GT R(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス」日本上陸 2020.9.10 自動車ニュース マイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス/Eクラス ステーションワゴン/Eクラス オールテレイン」が上陸。2020年9月10日、予約注文の受け付けが開始された。デリバリーは、同年9月から順次行われる。
  • メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良 自然な音声操作が可能なMBUXを採用 2020.7.17 自動車ニュース メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良。自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備したほか、グレードに応じて、パノラミックルーフやカーボンファイバールーフもオプション設定した。
  • 0-100km/h加速は2.8秒 マクラーレンの新型オープンスポーツカー「765LTスパイダー」登場 2021.7.28 自動車ニュース 英マクラーレン・オートモーティブは2021年7月27日(現地時間)、新型車「マクラーレン765LTスパイダー」の概要を発表した。高性能スポーツカー「765LT」のオープントップバージョンで、765台限定で販売される。
ホームへ戻る