メルセデスAMG GT R(後編)

2020.04.23 谷口信輝の新車試乗 「メルセデスAMG GT」シリーズの最高峰モデル「AMG GT R」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。熟成の進んだその走りや、“R”ならではの仕立てについてリポートする。

こだわりのトラコンに注目

今回、谷口信輝に試乗してもらったメルセデスAMG GT Rはおよそ1年前にフェイスリフトを受けたモデルで、メーカーからの正式なアナウンスこそないものの外観だけでなく足まわりの設定なども細かく熟成が図られており、それだけ完成度は高まったと考えられる最新作なのである。

「ただね、決して過保護なクルマではありません」と谷口。
「コーナーで攻めると、タイヤが少し滑るくらいのところまでスタビリティーコントロールも許してくれますからね。だから、本当に刺激バリバリです」

もっとも、谷口自身はスタビリティーコントロールをオフにして試乗したという。これは谷口のいつもの流儀でもあるのだが、AMG GT Rの場合は、スタビリティーコントロールをオフにしない限り、例の9段階調整式トラクションコントロールが使えないことも関係している。そういえば、谷口はこのトラクションコントロールの何段階目を使っているのだろうか?
「本当は『完全にオフにしています』って言いたいところですが、正直に言えば、少し効かせているくらいがちょうどいいですね。何番目にするかはコースによりますが、ちょっと効かせているくらいだと、コーナーの立ち上がりとかで少し無理にスロットルペダルを踏み込んでもエンジンが反応してくれるので楽しいですよ」

このトラクションコントロールの切り替えダイヤル、あえてよく目立つイエローにペイントして“TC”という文字を大きく書き込んでいるあたり、いかにもレース用の装備といったいでたちだ。
「このクルマはシートベルトも黄色だし、シート地に縫い込まれているステッチも黄色。要所要所に黄色を使ってレーシーな印象を強めているんです」

谷口が自ら進んでインテリアについて解説してくれるなんて、これまでなかったことだ。

ステアリングホイールの握り心地はどうか?
「握った印象はなんの問題もありません。何度も言いますが、僕の場合、『なんの問題もありません』はホメ言葉ですからね。ただし、ステアリングに巻いてあるこのヌバックはダメです。最初は滑りにくくていいんだけれど、長年使っていると汗などでテカテカになってかえって滑りやすくなる。だから、僕はスムーズレザー巻きのステアリングのほうが好きです」

 
メルセデスAMG GT R(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG GT R(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG GT R(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG GT R(後編)の画像拡大

【メルセデスAMG GT Rのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4550×2005×1285mm/ホイールベース:2630mm/車重:1690kg/駆動方式:FR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:585PS(430kW)/6250rpm/最大トルク:700N・m(71.4 kgf・m)/2100-5500rpm/タイヤ:(前)275/35ZR19 100Y XL/(後)325/30ZR20 106Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/燃費:--km/リッター/価格:2426万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 226.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:32.7リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.9km/リッター(満タン法)/6.8km/リッター(車載燃費計計測値)
 


	【メルセデスAMG GT Rのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4550×2005×1285mm/ホイールベース:2630mm/車重:1690kg/駆動方式:FR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:585PS(430kW)/6250rpm/最大トルク:700N・m(71.4 kgf・m)/2100-5500rpm/タイヤ:(前)275/35ZR19 100Y XL/(後)325/30ZR20 106Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/燃費:--km/リッター/価格:2426万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 226.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:32.7リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.9km/リッター(満タン法)/6.8km/リッター(車載燃費計計測値)
	 
	拡大

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2020.3.24 試乗記 内外装のデザイン変更やユーザーインターフェイスの改善など、ブラッシュアップが図られたメルセデスAMGのフラッグシップ2ドアクーペ「GT」シリーズ。ラインナップの中で最も硬派な「GT R」をワインディングロードに連れ出し、その進化を確かめた。
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.9.3 試乗記 2ドアクーペに続く、メルセデスAMGの独自開発モデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に公道で試乗。5mを超える大柄なボディーに、最高出力639PSの4リッターV8ツインターボを搭載した高性能4ドアモデルは、どんな走りを見せるのか。その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+/AMG GT53 4MATIC+【試乗記】 2019.4.20 試乗記 メルセデスAMGが独自に開発した“4ドアのスポーツカー”「AMG GT 4ドアクーペ」。デザインから走行性能、快適性にまでこだわりぬいたという欲張りな高性能モデルに、サーキットで試乗した。
ホームへ戻る