ロータリゼーションに5チャンネル時代! マツダの100年史を飾る“メモラブル”なクルマ10選

2020.04.24 デイリーコラム
マツダの「100周年記念車」は、初の乗用モデル「R360クーペ」のツートンカラーをモチーフとした赤と白でコーディネートされるのが特徴だ。
マツダの「100周年記念車」は、初の乗用モデル「R360クーペ」のツートンカラーをモチーフとした赤と白でコーディネートされるのが特徴だ。拡大

2020年が創立100周年のメモリアルイヤーとなるマツダ。4月3日にはOEMモデルを除く全ラインナップに「100周年特別記念車」と銘打った特別仕様車を設定した。100年の歴史を彩る名車や迷車の中から、特に“メモラブル”なモデルをチョイスして紹介する。

傑作は多いものの……

マツダが、その歴史の中で「最大の転換点」と呼んでいるのが1960年。この年に発売した「R360クーペ」によって、それまでオート三輪中心の商用車メーカーだったマツダが乗用車市場に進出を果たしたのだ。それから60年。「コスモスポーツ」や「ユーノス・ロードスター」をはじめ後世に語り継がれる名車・傑作は数多くあるが、それらはwebCGの別の記事とあまたある自動車メディアに任せて、ここでは筆者の記憶に残るマツダ車を紹介させていただこう。

「マツダR360クーペ」。サイドウィンドウに三角窓が付くのは、1961年のマイナーチェンジ以降。当初はスライド式窓だった。
「マツダR360クーペ」。サイドウィンドウに三角窓が付くのは、1961年のマイナーチェンジ以降。当初はスライド式窓だった。拡大
2010年の「JCCAニューイヤーミーティング」に生誕50周年を祝して勢ぞろいした「R360クーペ」。左から3台目は1961年のマイナーチェンジの際に設定された「デラックス」。
2010年の「JCCAニューイヤーミーティング」に生誕50周年を祝して勢ぞろいした「R360クーペ」。左から3台目は1961年のマイナーチェンジの際に設定された「デラックス」。拡大
旧車イベントで撮影した「R360クーペ」のエンジン。356cc空冷4ストローク90度V型2気筒OHVから最高出力16PSと最大トルク2.2kgf・mを発生する。
旧車イベントで撮影した「R360クーペ」のエンジン。356cc空冷4ストローク90度V型2気筒OHVから最高出力16PSと最大トルク2.2kgf・mを発生する。拡大

記念すべき第1作

R360クーペ(1960年)
前述したように記念すべきマツダ初の乗用車で、「スバル360」が独占していた軽乗用車市場に投入された。車名のとおりボディーは2+2クーペで、スタイリングはマツダのオート三輪を手がけていた工業デザイナーの小杉二郎氏の手になるもの。愛らしく、かつ完成度が高かったが、ノーズの造形などは「シトロエンDS」を参考にしたといわれている。

当時の小型車に多かったリアエンジン方式で、車体後端に縦置きされるエンジンは356ccの空冷4ストロークV型2気筒OHV。レイアウトに別段特徴はないが、シリンダーヘッドやクランクケースにはアルミを、ロッカーアームやオイルパンにはマグネシウム合金をおごっていた。軽量化と放熱性向上を狙ったものだが、パワーユニットに対するマツダの凝った姿勢は、この処女作から始まっていたことがわかる。

変速機は4段MTだが、特筆すべきはトルクコンバーターを使った軽自動車初となるATを用意していたこと。R360クーペは大きな変更もなく1966年までつくられたが、AT仕様に限っては下肢が不自由な人々に向けて1969年まで受注生産された。姿そのままの“人にやさしい”クルマだったのである。

あなたにおすすめの記事
新着記事