クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第175回:不要不急の妄想

2020.05.12 カーマニア人間国宝への道

「ヤリスクロス」に好印象

緊急事態宣言下、新型車は出ず、広報車の貸し出しもほぼ止まり、自分の仕事に対する不要不急感も高いため、クルマに乗ってああだこうだという記事がなかなか作りづらくなっておりますが、こんな状況でもああだこうだ言えるのがデザインだ。

前回は、新型「ヤリス」のエクステリアが「毒虫のぬいぐるみ」っぽくて、どんだけ走りにほれ込んでも愛車にするのはムリ! ということを書いたが、そのSUV版「ヤリスクロス」の写真を見てビックリ。

まるで違うやないけ! これがホントにヤリスの派生モデル? 全然別のクルマに見えるけど!

考えてみれば、あるモデルをSUV化する場合、「インプレッサ」と「XV」の関係のように、「車高を上げてオーバーフェンダーを付けました」的な場合もあるが、近年は、ベースモデルのイメージを残しつつ、外装の共通部品はあんまりナシ、というのが多い。ヤリスクラスで言うと、「シトロエンC3」と「C3エアクロスSUV」や、「フォルクスワーゲン・ポロ」と「Tクロス」などの関係がそれに当たる。

共通部品があんまりないのなら、デザインイメージからガラッと変えてしまっても、コスト的には大差ないのだろう。

とにかくヤリスクロスのエクステリアは、ヤリスとは印象がまるで違う。ここまで違うと、「ヤリスのアイデンティティーって何?」という気もしてくるが、そんなことより大事なのは、そのデザインがいいか悪いか、あるいは好きか嫌いかだ。自分が買うのはどっちか1台だけなのですから。

で、私は思った。「このデザイン、好き!」って。これだったらまったく違和感ナシ! ごくフツーにカッコいいです!

2020年秋に発売予定の新型車「トヨタ・ヤリスクロス」。「ヤリス」同様、TNGAプラットフォーム(GA-B)とハイブリッドシステムを採用。
2020年秋に発売予定の新型車「トヨタ・ヤリスクロス」。「ヤリス」同様、TNGAプラットフォーム(GA-B)とハイブリッドシステムを採用。拡大
新型トヨタ・ヤリス
新型トヨタ・ヤリス拡大
シトロエンC3(写真=シトロエン・ジャポン)
シトロエンC3(写真=シトロエン・ジャポン)拡大
シトロエンC3エアクロスSUV(写真=池之平昌信)
シトロエンC3エアクロスSUV(写真=池之平昌信)拡大
トヨタ ヤリス の中古車

大人のエレガンス宿るデザイン

ヤリスクロスのフォルムは、ごく常識的にバランスがよく、結果としてごく自然にカッコいい。ヤリスに比べてスッと直線的に伸びたAピラーと、それと対照を成しつつ適度に太く力強いリアピラー。ウエストラインはリアエンド手前で適度に跳ね上がって後ろ足で蹴るイメージを出しつつ、サイドパネル面も適度に豊かで力感がある。

タイヤ径は明らかにヤリスより大きく、樹脂製のフェンダーガードと相まって大地を踏みしめる感もはるかに高い。立体的なリアコンビネーションランプの造形は、ヤリスのそれとイメージ的に近いが、より自然で全体との調和が取れている。

そして顔。ヤリスのグワッと左右に張ったエラは影も形もなく、ツンと上を向いたような鼻先が微妙にエレガント。イメージ的には鼻先が適度にとがった西洋犬でしょうか。グリル形状もしゃれていて、どこかシトロエンっぽくも見える(褒め言葉)。

ヘッドライトも余計な突起やはみ出しなく、ごく自然な猫目である。それほどツリ目でもないので、ヤリスに比べるとはるかに大人のエレガンスがあり、ほのかな癒やしも与えてくれる。

このデザイン、自分がヤリスに対して抱いた疑問点がすべて解消されている! そのことにビックリ!

ヤリスクロスのエクステリアを見ると、逆に「なんでヤリスはこうできなかったのか」と思ってしまう。これの車高を落としてオバフェン取ればそれでよかったじゃないか、と。

シンプルながらもSUVらしい“ロバスト”(頑強さ)を表現したという、「ヤリスクロス」のエクステリア。
シンプルながらもSUVらしい“ロバスト”(頑強さ)を表現したという、「ヤリスクロス」のエクステリア。拡大
「ヤリスクロス」のリアビュー。
「ヤリスクロス」のリアビュー。拡大
「ヤリスクロス」のフロントマスク。
「ヤリスクロス」のフロントマスク。拡大
「ヤリスクロス」のヘッドライト。
「ヤリスクロス」のヘッドライト。拡大

正しいカーマニア道とは?

とは思うものの、ヤリスクロスのデザインには嫌なところがほとんどなく、あまりにも素直に受け入れられてしまう。ここまで引っ掛かりがないデザインで大丈夫だろうか、すぐに飽きてしまわないかと心配になる。やっぱり毒虫買って咀嚼(そしゃく)に悩みつつ乗った方が、度量のでっかいカーマニアになれるのかも。それが正しいカーマニア道かもしれないと思ったりもする。

一方インテリアは、写真を見る限り、ほぼヤリスそのまんま。安っぽくてセンスがない。しかしまぁ、ガワがメタメタで内装がステキなクルマと、ガワがステキで内装がメタメタなクルマどっちを選ぶかと言われたら、うーん迷うなぁ、でもやっぱりガワ優先ですかね?

このルックスで、ヤリスハイブリッドのような痛快な走りをしてくれて、燃費も超絶優れているのなら、まったくなんのブレーキもなく、ケモノのような欲望が湧いてしまいそうだ。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4180×1765×1560mmで、ホイールベースは2560mm。ヤリス(2WD)よりも240mm長く、70mm幅広く、60mm高く、ホイールベースも10mm長い。

全幅1765mmは、自分の要望からするとやや幅広で、かつ全高が多くの立体駐車場にギリギリ入らない1560mmってのはグヤジイ! けど、このサイズ、買う寸前まで心が動いたC3エアクロスSUVに非常に近い。

私はこれまで49台クルマを買ってきたが、SUVはまだゼロ。ひょっとしてヤリスクロスは、自分にとって初めてのSUVになるのか!? そして記念すべき50台目の愛車になるのかぁ!? などと妄想しながら過ごす「STAY HOME」の一日でありました。妄想なら不要不急でも問題ゼロ!

(文=清水草一/写真=清水草一、トヨタ自動車/編集=大沢 遼)

「ヤリスクロス」のオーバービュー。
「ヤリスクロス」のオーバービュー。拡大
「ワンクラス上の質感と居心地の良さが感じられる造形」とアピールされる「ヤリスクロス」のインパネまわり。
「ワンクラス上の質感と居心地の良さが感じられる造形」とアピールされる「ヤリスクロス」のインパネまわり。拡大
「ヤリスクロス」の室内空間。
「ヤリスクロス」の室内空間。拡大
近所の公園で妄想中の筆者。
近所の公園で妄想中の筆者。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ ヤリス の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。