クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第181回:マリオインプは三度死ぬ

2020.06.23 カーマニア人間国宝への道

スバリスト・マリオ高野の半生

マリオ高野といえば、スバリストの世界では有名な自動車ライターだが、彼の身辺でいま重大事が起きている!

彼は20歳だった26年前、初代「インプレッサWRX」を購入した。当時彼は大阪の大ホテル勤務だったため、軽くローンが通ったという。

が、ホテル退社後は職を転々とし、次第に貧窮。インプを手放す瀬戸際まで追い詰められた時は、ダイハツ池田工場に期間工として働き、半年間の超ハードな溶接作業で、なんとか愛車を死守した。

しかし上京して念願の自動車メディアへの就職に成功すると、広報車で通勤するようになり、愛車を放置、そして不動に。「それが第1次放置期でした」(本人談)

その後復活するも、弊社(編集プロダクション)のスタッフ入りした頃は、オイル漏れから車検切れに至り、第2次放置期に入っていた。

「インプはヘッドガスケットからオイルが漏れると、それが排気管に落ちるので、臭いし煙いしで、とても乗れなくなるのであります!」(本人談)

当時の写真を見ると、駐車場には雑草が茂り、車内は古雑誌等のゴミ(本人いわく“宝物”)が満載されており、まさにゴミ屋敷状態だった。

その状態から、弊社が予算を出して修理し、車検を取得。その模様を自主制作DVD『スバリスト世界征服作戦』(絶版)としてネット発売することで、二度目の復活を果たしたのだった。

当時マリオはライターとして、生涯未曾有(みぞう)の年収600万円も達成。長年の夢だったサスペンション交換やBBSホイールの投入など、やりたかったことをすべてやり、気がついたら120万円もかけていた。それが12年前のことである。

貧困と怠慢により不動となった、マリオ高野氏の「スバル・インプレッサWRX」(第2次放置期)。
貧困と怠慢により不動となった、マリオ高野氏の「スバル・インプレッサWRX」(第2次放置期)。拡大
SUPER GTではスバルの応援団長も務める、マリオ高野氏。
SUPER GTではスバルの応援団長も務める、マリオ高野氏。拡大
新車セールスマン時代のマリオ高野氏の名刺。
新車セールスマン時代のマリオ高野氏の名刺。拡大
筆者が運営する編集プロダクション、フォッケウルフのメンバーとして、共に制作したDVD。
筆者が運営する編集プロダクション、フォッケウルフのメンバーとして、共に制作したDVD。拡大

過払い金で新車を購入

その後マリオは、リーマンショックによって仕事が激減し、国民年金も健康保険料も未納へと転落、弊社からも脱走したが、消費者金融への過払い金が約200万円返金されたことで、先代「インプレッサG4 1.6i」(MT)を新車で購入。過払い金で新車を買った自動車メディア関係者は、彼だけである。

新たな足ができたことで、初代インプは再び放置へと進んだ。第3次放置期である。「ここ3年ほどは、ほとんど動いておりません!」(本人談)

しかし彼は、その初代インプを、三たび復活させることにしたという! それが冒頭の「重大事」である。

清水:なぜ今になって復活させるのか?

マリオ:はっ。私のインプは、初代の初期モデル、アプライドA型というタイプでして、現在ではかなりレアな古参兵であります。その価値が、スバリストかいわいで上昇しているのであります!

清水:なるほど!

マリオ:個人的には、自分の貧窮の暗黒期も、あのインプに乗れば歓喜にむせぶことができ、命の恩人であります! 現在オドメーターは20万8000kmを刻んでおりますが、生涯インプを手放す気はみじんもありません!

それほどの愛車なのに、三度も不動にしてしまったのが、ダメ人間のダメ人間たるゆえんだが……。

そういうことで、マリオインプは現在ドッグ入りしており、復活の日は近い。それはそれでめでたいが、スバル門外漢には、スバリストがいまひとつ理解できない部分がある。

先代「インプレッサG4 1.6i」(MT)で草野球。
先代「インプレッサG4 1.6i」(MT)で草野球。拡大
初代「インプレッサWRX」では氷上を爆走。
初代「インプレッサWRX」では氷上を爆走。拡大
冷却水漏れに見舞われた、初代「インプレッサWRX」。写真は第2次放置時代。
冷却水漏れに見舞われた、初代「インプレッサWRX」。写真は第2次放置時代。拡大

マリオインプに復活の兆し

清水:マリオよ。近年のスバル車は、MTやターボの設定が減少するなど、どんどん薄味になっているように思えるが、それでいいのか?

マリオ:はっ。薄味化は、すべての自動車メーカーに共通する課題でありますが、そのなかにおいて、スバルの技術へのこだわりは、やはり突出していると考えるであります!

清水:一理あるが、不思議なのは、スバル車がどんどん薄味化しているにもかかわらず、スバリストはどんどん増加し、その熱さも増す一方に思えることだ。高額な限定モデルが、あっという間に売り切れるな。

マリオ:スバルの販売台数増加にともなって、スバリストのすそ野が広がり、それが熱を生み、一部のモデルに集中すると考える次第であります! ただ、「昔は良かった」的な思いはスバリストに共通しており、インプにしても、やはり初代が一番人気があるのであります!

清水:なるほど! だからこそのマリオインプの復活ということだな!

マリオ:はっ!

個人的には、現在のスバル車に惹(ひ)かれるとするならば、「アイサイトの付いたこだわりの実用車」というレベル。「EJ20」の生産終了によって、スバル車の薄味化はさらに進むだろう。

しかし、この熱狂を維持するためのニンジンを、スバルは今後もなんとか用意していただきたい。でないと、現在スバル関連で収入の大半を得ているマリオが再び貧窮化し、マリオインプは四たび不動に陥ってしまいますからウフフフフ~!

(文=清水草一/写真=清水草一、マリオ高野/編集=大沢 遼)

「WRX STI EJ20ファイナルエディション」は、限定555台が即完売となった。価格は452万1000円。上級グレードの「フルパッケージ」は、485万1000円。(スバルのHPより)
「WRX STI EJ20ファイナルエディション」は、限定555台が即完売となった。価格は452万1000円。上級グレードの「フルパッケージ」は、485万1000円。(スバルのHPより)拡大
喜びも悲しみもインプレッサと共に。マリオ氏の初代「インプレッサWRX」への思いは強い。
喜びも悲しみもインプレッサと共に。マリオ氏の初代「インプレッサWRX」への思いは強い。拡大
スバルには、今後もファンを熱狂させるような仕掛けを求む!
スバルには、今後もファンを熱狂させるような仕掛けを求む!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スバル インプレッサ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。