第222回:子供だってトラックとワゴンの違いはわかります
『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』

2020.08.06 読んでますカー、観てますカー

愛称ではないディック

男たちがガレージでバンドの練習をしている。ジーク(マイケル・アボット・ジュニア)、アール(アンドレ・ハイランド)、ディック(ダニエル・シャイナート)の3人だ。演奏はあまりうまくない。“ピンク・フロイト”なんてバンド名を付けていることからして、本気で音楽に取り組んでいないことがわかる。お楽しみは、練習の後に始まるのだ。怪しい煙を吸いながらビールを浴びるように飲み、花火を打ち上げて銃をぶっぱなす。奥さんや彼女のことは忘れ、男だけでじゃれ合う至福の時間だ。

バカ騒ぎから一転、シリアスな状況に。ジークとアールは、クルマの後席にディックを乗せて運んでいる。病院に到着すると、ぐったりしたディックを入り口の前に置いて逃走。ディックの手当てをしてほしいが、自分たちが関わっていることは知られたくないのだ。彼が負傷した原因に、ちょっとした問題があるらしい。

『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』というタイトルでわかるように、治療のかいなくディックは死んでしまう。担当した医師は、あまりにも異常な死に方に疑問を抱く。保安官は事件であると判断し、捜査を始めた。アメリカ南部ののどかな田舎町は騒然とする。殺人鬼が野放しになっているかもしれないのだ。ジークとアールは、彼の死の真相をなんとしても隠さなければならない。

もちろん、この映画はコメディーである。そもそも、ディック・ロングという名前がどうかしている。ディックというのはリチャードの愛称だが、ほかにも意味がある。お笑いコンビのどぶろっくが「大きな○○をください♪」と歌ったアレのことだ。往年の人気歌手ディック・ミネの芸名の由来としても知られている。

© 2018 A24 Distribution,LLC. All rights reserved.
© 2018 A24 Distribution,LLC. All rights reserved.拡大
 
第222回:子供だってトラックとワゴンの違いはわかります『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』の画像拡大
 
第222回:子供だってトラックとワゴンの違いはわかります『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事