「シビック タイプR」と「メガーヌR.S.」 FF最速の座をかけた勝負のゆくえは?

2020.08.17 デイリーコラム

飽くなき記録更新合戦

先日、2020年10月にマイナーチェンジモデルの国内発売が予定される「ホンダ・シビック タイプR(以下、タイプR)」の限定車が、鈴鹿サーキットで、FFモデル最速となるラップタイムを記録した。新しいタイプRの記録は2分23秒993。ちなみに、それ以前の“FF最速”は「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR(以下、トロフィーR)」が2019年11月26日に記録した2分25秒454だから、約1.5秒の短縮ということなる。

タイプRとメガーヌR.S.といえば、スポーツカーの聖地たる独ニュルブルクリンク北コースでのタイムアタック合戦がよく知られるところだ。正確にいうと、この2台にさらにフォルクスワーゲングループ(の「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」や「セアト・クプラ」)が加わった三つどもえによる“ニュル合戦”が近年、繰り広げられてきた。

記憶に新しいところでいうと、先代タイプRが2014年5月(その事実が発表されたのは2015年)に7分50秒63を記録して、先代トロフィーRの7分54秒36を更新。続く2016年5月に、今度は「ゴルフGTIクラブスポーツS」が7分47秒19で走ったかと思うと、翌2017年4月には新型(=現行前期型)タイプRが7分43秒80を叩いて、あっという間にFF最速の座を奪還した。

そんななか、メガーヌ4ベースのR.S.が2017年9月に本国でベールを脱ぐ。新しくなった“メガーヌ4 R.S.”の1.8リッターターボエンジンで最高出力は280PS(当時)、リアはトーションビームで空力付加物も控えめ、車重が1.4t超……といったスペックを見るに、多くの人が「これでニュルでのタイプR超えはむずかしいだろう」と思った。なにせ、タイプRは2リッターターボで320PS、車重は1390kg(日本仕様値)。リアはマルチリンクの独立型で可変ダンパーまで備えていたからだ。さらには、そそり立つリアウイングに象徴されるように、素人目にもバリ効き間違いなしにしか見えない空力パーツで全身を武装してもいた。

2020年秋に発売される「ホンダ・シビック タイプRリミテッドエディション」。傍らに立つのは、その開発責任者である柿沼秀樹氏。
2020年秋に発売される「ホンダ・シビック タイプRリミテッドエディション」。傍らに立つのは、その開発責任者である柿沼秀樹氏。拡大
4代目「ルノー・メガーヌ」をベースに開発された「メガーヌR.S.トロフィーR」。軽量化と空力性能向上を徹底追求したハードコアモデルで、2019年7月にデビューした。
4代目「ルノー・メガーヌ」をベースに開発された「メガーヌR.S.トロフィーR」。軽量化と空力性能向上を徹底追求したハードコアモデルで、2019年7月にデビューした。拡大
「メガーヌR.S.トロフィーR」のリアビュー。カーボン製のディフューザーやアクラポヴィッチ製チタンエキゾーストシステムが特徴的。
「メガーヌR.S.トロフィーR」のリアビュー。カーボン製のディフューザーやアクラポヴィッチ製チタンエキゾーストシステムが特徴的。拡大
ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る