第223回:不完全な父とともにシェビーバンで突っ走れ!
『2分の1の魔法』

2020.08.20 読んでますカー、観てますカー

魔力を失った妖精たちの世界

映画の興行収入ランキングが大変なことになっている。8月第2週の土日では、ベストテンに洋画が1本も入っていない。夏休みということで子供向けアニメが多く、実写映画にはテレビドラマの劇場版が並ぶ。それはいいとして、驚くのはジブリの旧作が3本もランクインしていることだ。映画館が休館して公開スケジュールが混乱し、確実に集客が見込めるジブリ作品を召喚したということなのだろう。

ようやくランキング上位に食い込めそうなアメリカ映画が、『2分の1の魔法』である。ディズニー&ピクサーのアニメ作品で、3月の公開予定だったのがようやく日の目を見ることになった。昨年の夏休みピクサー映画は『トイ・ストーリー4』という大看板だったのでちょっと小粒感はあるが、水準を超えたクオリティーに仕上げてきた。やはり信頼の置けるスタジオである。

舞台となるのは、魔法が忘れられて近代化した世界だ。過去にはペガサスやマーメイドが空を飛んで妖精たちが楽しく暮らしていたが、科学技術が進歩するに従って神秘の力は弱まっていった。よくある設定ではあるが、この映画では魔法の時代の痕跡が残されている。生活しているのは人間ではなくて、妖精や魔物。警官はケンタウロスで、ペットはドラゴンなのだ。街にはホビットやゴブリンが普通に歩いている。

主人公の家族はエルフである。妖精のことはよくわからないが、温厚で善良な性質らしい。ゴブリンやドワーフよりは好感度が高そうだ。昨年日本で公開されたスウェーデン映画『ボーダー 二つの世界』は、人間の世界でひっそりと暮らすトロールが描かれた。『2分の1の魔法』は誰もが異世界の生物なので、迫害される心配はない。

(C)2020 Disney/Pixar.All Rights Reserved.
(C)2020 Disney/Pixar.All Rights Reserved.拡大
 
第223回:不完全な父とともにシェビーバンで突っ走れ!『2分の1の魔法』の画像拡大
 
第223回:不完全な父とともにシェビーバンで突っ走れ!『2分の1の魔法』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事