第670回:かつてのフィアットの“大番頭” 「鉄の経営者」と呼ばれたチェーザレ・ロミティの最期

2020.08.28 マッキナ あらモーダ!

アリタリア航空からフィアットへ

2020年8月18日、元フィアット会長が97歳で死去したことをイタリアのメディアが伝えた。

ただし、夏休みシーズン真っ盛りのことである。若者たちにとっては、今夜どのガールフレンドを、どこのカフェに誘うかのほうが重要であったに違いない。なにしろ彼がフィアットを去ったのは22年も前のことだからだ。

いっぽう50代以上の人々は、さまざまな感慨をもって、この訃報に接したに違いない。

彼の名はチェーザレ・ロミティ。日本の自動車ファンの中でも知っている人は限られるだろう。なぜなら、彼は今日の自動車ビジネスのスターのように、自らニューモデルの前で意気揚々とプレゼンテーションをする人間ではなかったからだ。代わりに、完璧なまでの策謀家であったといえる。

ロミティ氏(以下、他の人物も含めて敬称略)はローマで1923年に生まれた。日本で言うところの大正12年である。

経済学および経営学を学んだのち、ローマに近いコッレフェッロにあった兵器用火薬会社のボンブリーニ・パローディ・デルフィーノで社会人としての第一歩を踏み出す。1947年、24歳の年であった。

社内の財務畑で着々と昇進した彼は、やがてイタリア屈指の銀行家であったエンリコ・クッチャに接近する。

そうして生まれた人脈から1970年、47歳の年には産業復興公社(IRI)の傘下にあったアリタリア航空に総責任者として移籍。続いて社長に昇進した。

3年後の1973年にはIRIの金融関連会社に移る。参考までに当時のIRIは公営であったものの、規模としてはイタリア最大の企業体であった。

ところが、同年に起きた第1次石油危機がロミティの運命を変える。

チェーザレ・ロミティ(1923~2020年)。フィアット引退後にはイタリア-中国協会を設立したほか、ローマ美術アカデミーの総裁も務めた。
チェーザレ・ロミティ(1923~2020年)。フィアット引退後にはイタリア-中国協会を設立したほか、ローマ美術アカデミーの総裁も務めた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事