第673回:【Movie】大矢アキオ、ゴジラの捕獲に成功す!

2020.09.17 マッキナ あらモーダ!

突如OTAKU襲来

2年ほど前から筆者の住む街シエナで、「ゴジラ」をたびたび見かけるようになった。

映画ではない。ゴジラのラッピングを全周囲に施したクルマである。その姿については、2018年9月に本連載の第573回でも記した。

ベース車が2代目「フォード・フォーカス」の「ワゴン」ゆえ、最初はおもちゃ店か何かが使う商用車と想像した。だが、それにしてはPR臭が薄い。

いつも駐車中だったため、オーナーの姿を見ることなく時は過ぎていった。

2020年8月の、ある暑い朝のことである。商店街の駐車場で筆者がクルマに乗り込もうしていたときだった。あの“ゴジラ・フォーカス”が襲来する姿がドアミラーに映った。

たとえイタリアでも、駐車場で見知らぬ人に声をかけたら警戒される。それでも勇気を出して、オーナーに声をかけてみた。

ゴジラの主(あるじ)は、意外にもフレンドリーだった。そればかりか、いきなり「一度、家に遊びに来なよ」と提案する。なんという展開。

「僕はOTAKU(オタク)だ」と自称するとおり、彼は大の日本ファンだったのだ。

例の「特別定額給付金」が海外邦人にも適用されるか今もって結論が出ないなか、出身国にいささか誇りを失いかけていた筆者である。なんともうれしい邂逅(かいこう)であった。

彼の名は、ヴァルテル・ベルタッツォ氏。1965年生まれである。兵役ののち、工場従業員を経て、現在は地域産品の輸出業を営んでいる。

動画内には登場しないが、ヴァルテル氏はもともとクルマ好きで、かつては「アルファ・ロメオ75ツインスパーク」や「アウディTT」も所有していたという。前者のときにはあまりにアグレッシブな走りを演じすぎて「2カ月で後輪がツルツルになってしまった」のだそうだ。

いっぽう、ゴジラ号に乗るようになってからは「追い越したがるヤツがいたら、いつも『どうぞお先に』って譲るようになった」と語る。彼の言葉どおりに記せば「ZEN(禅)の境地に達した」のだそうだが、日本が世界に誇る怪獣の余裕が、すでに彼に乗り移っているに違いない。

彼がゴジラ号を実現するに至るまでの、興味深く、そして情熱を感じるストーリーをご覧いただこう。

【ゴジラ号の主に話を聞いた】

(文と写真と動画=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/動画=大矢麻里<Mari OYA>/編集=藤沢 勝)

“ゴジラ・フォーカス”とオーナーのヴァルテル・ベルタッツォ氏。撮影中、車内からは『宇宙戦艦ヤマト』をはじめとしたアニメ主題歌が大音量で流れていた。2020年9月、シエナ県にて撮影。
“ゴジラ・フォーカス”とオーナーのヴァルテル・ベルタッツォ氏。撮影中、車内からは『宇宙戦艦ヤマト』をはじめとしたアニメ主題歌が大音量で流れていた。2020年9月、シエナ県にて撮影。拡大
ベース車は2006年「フォード・フォーカス ワゴン1.6 TDI」。ボディーサイドにはゴジラに襲撃される都市が展開されている。
ベース車は2006年「フォード・フォーカス ワゴン1.6 TDI」。ボディーサイドにはゴジラに襲撃される都市が展開されている。拡大
フォードのオーバルエンブレムまでもが「ゴジラ」の文字に制圧されている。
フォードのオーバルエンブレムまでもが「ゴジラ」の文字に制圧されている。拡大
デザインはヴァルテル氏が構想。地元工房でのラッピングシート制作に3週間、貼り付けに1日を要した。
デザインはヴァルテル氏が構想。地元工房でのラッピングシート制作に3週間、貼り付けに1日を要した。拡大
子どもの頃、イタリアのテレビでちょうど日本製アニメの放映が開始されたという。「放課後、友達は外で遊んでいたけど、僕はそれを見たくて家にいたよ」
子どもの頃、イタリアのテレビでちょうど日本製アニメの放映が開始されたという。「放課後、友達は外で遊んでいたけど、僕はそれを見たくて家にいたよ」拡大
母イザベラさんと。「ゴジラ号」は単なるパフォーマンスではなく、大切な思いが込められていた。
母イザベラさんと。「ゴジラ号」は単なるパフォーマンスではなく、大切な思いが込められていた。拡大
目下、ミラノ郊外のノヴェグロで秋に開催されるホビーモデル・エクスポに向けて、出品するモデルを熱烈制作中。
目下、ミラノ郊外のノヴェグロで秋に開催されるホビーモデル・エクスポに向けて、出品するモデルを熱烈制作中。拡大
約半世紀にわたる趣味の集大成である「ゴジラ号」とともに。筆者(写真左)とオーナーのヴァルテル氏(同右)。
約半世紀にわたる趣味の集大成である「ゴジラ号」とともに。筆者(写真左)とオーナーのヴァルテル氏(同右)。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事