プジョー208 GTライン(前編)

2020.10.01 谷口信輝の新車試乗 フランス生まれのコンパクトハッチバック「プジョー208 GTライン」に谷口信輝が試乗。新世代プラットフォームを使って開発された最新型の仕上がりを、走りのプロはどう評価する?

いろいろと凝っている

今回、谷口信輝にテストしてもらったのは、フルモデルチェンジを受けたばかりのプジョー208である。

この208、プジョーとしてはかなり気合が入っていて、プラットフォームも最新のものだし、プジョーの十八番である「iコックピット」は情報が3次元的に表示される「3D iコックピット」を初採用しているほか、同じボディーでフルEVの「e-208」まで同時発売するなど、次世代を見据えた力作であることは間違いなさそうだ。

今回はまずクルマの外観から谷口にチェックしてもらった。
「ヘッドライトのところから下に伸びた細いライトは、なんですか?」

そう、あれこそプジョーの証し。兄貴分の「508」で登場したこのデザインはライオンの牙をイメージしたもので、実はヘッドライト内の3本線もライオンのかぎ爪がモチーフだという。
「ふーん、そうですか」

どうやら、谷口にはピンとこなかったようだ。
「そうですね、好みか好みじゃないかといわれれば、あんまり好みじゃない。というか、ぐっと引かれるものはありません。ただし、このクラスにしては全体的に安っぽく見えませんね。同じBセグメントの日本車と比べたら、外観は断然こっちのほうがいいんじゃないですか。一部、チリがあってなくて気になるところはありますが(笑)」

続いてサイドからボディー全体を眺めてもらった。
「なんか、全体的には丸みを帯びていますよね。ただし、スポーティーなデザインかといえば、それほどとは思いません。デザイン的には、フロントグリルを含めて、いろいろと凝っているとは思うんですけどね」

 
プジョー208 GTライン(前編)の画像拡大
 
プジョー208 GTライン(前編)の画像拡大
 
プジョー208 GTライン(前編)の画像拡大
 
プジョー208 GTライン(前編)の画像拡大
関連記事
ホームへ戻る