プジョー208 GTライン(後編)

2020.10.08 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「プジョー208」に乗った谷口信輝は、「これなら安心してすすめられる」とつぶやいた。そんな評価の決め手となった、最新型の注目ポイントとは?

基本的には穏やか

「このクルマ、どういう使われ方を想定してつくられたんでしょうね?」雨の箱根でプジョー208の試乗を終えた谷口信輝が、誰に問うでもなくそんな言葉を口にした。

今回、俎上(そじょう)に載せたのは、3グレードが用意された208の中で最も豪華な「GTライン」。この名前だけ聞くとスポーティーなモデルと誤解されるかもしれないが、パワートレインは「アリュール」や「スタイル」と同じ。足まわりにしても、GTラインはアリュールより1インチ大きい17インチタイヤを履くものの、GTラインのみサスペンションを固めているというわけでもないらしい。だから、ちょっとスポーティーなイメージを備えた豪華仕様というのが、GTラインの正しい姿かもしれない。
「なるほど。たしかに、走らせていてもスポーティーな感じはあまりしないんですよね。タイヤのグリップだってそれほどあるわけじゃないし、エンジンだってトップエンドで力が出てくるタイプじゃない。ギアボックスは、ダウン側で素早い反応を示すこともあるけれど、基本的にはスムーズさ重視の、穏やかな性格のように思います」

そんな谷口がとても満足している表情を見せたのが、インテリアをチェックしていたときだった。
「メーターパネルのこの表示形式は新しいですね」

谷口がまず指摘した点こそ、「3D iコックピット」最大の特徴である3次元表示だ。これは情報の重要度に応じて、数字や文字などを奥側と手前側の2層に表示。必要な情報を素早く読み取らせるための新技術である。しかも、そのデザイン性もなかなか優れている。

 
プジョー208 GTライン(後編)の画像拡大
 
プジョー208 GTライン(後編)の画像拡大
 
プジョー208 GTライン(後編)の画像拡大
 
プジョー208 GTライン(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
  • DS 3クロスバックE-TENSEグランシック(FWD)【試乗記】 2021.2.13 試乗記 フランス生まれの都市型EV「DS 3クロスバックE-TENSE」が上陸。DSブランドならではの先進技術とエレガンスを注ぎ込んだというコンパクトSUVは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 上級グレード「グランシック」で試した。
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」の最後の限定車「ヴェローチェ スペチアーレ」発売 2021.2.2 自動車ニュース アルファ・ロメオのCセグメントコンパクト「ジュリエッタ」に特別仕様車「ヴェローチェ スペチアーレ」が登場。現行ジュリエッタの最後を飾る65台の限定モデルで、カーボン仕上げのエクステリア装飾や、イエローのアクセントカラーが特徴となっている。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.6 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」が5代目に進化。ルノー“らしい”定評のある走りは健在なのか。そしてルノー“らしからぬ”先進装備の仕上がり具合はどんなものか。最上級グレード「インテンス テックパック」で試した。
ホームへ戻る