第632回:F1撤退だけじゃない 縮小がウワサされるホンダの四輪事業に未来はあるか?

2020.10.22 エディターから一言
ホンダの四輪製品を象徴する「H」のマーク。
ホンダの四輪製品を象徴する「H」のマーク。拡大

F1撤退の報とともに、にわかに注目を集めているホンダ四輪事業の苦境。技術開発や製品ラインナップの縮小がウワサされているが、収益性を回復させながらもホンダが手放すべきではない価値と財産とは? モータージャーナリストの大谷達也が語る。

2021年シーズン限りでの終了が発表されたホンダのF1活動。ホンダは「カーボンニュートラルの実現へ向け、リソースを振り分けるため」と説明していたが……。
2021年シーズン限りでの終了が発表されたホンダのF1活動。ホンダは「カーボンニュートラルの実現へ向け、リソースを振り分けるため」と説明していたが……。拡大
ホンダは2020年4月に、四輪事業の運営体制を刷新。本田技術研究所内には、二輪、四輪、パワープロダクツ、ホンダジェットのパワーユニットおよびエネルギー技術の研究開発機能を統合した「先進パワーユニット・エネルギー研究所」が新設された。(写真は栃木の本田技術研究所 四輪R&Dセンター)
ホンダは2020年4月に、四輪事業の運営体制を刷新。本田技術研究所内には、二輪、四輪、パワープロダクツ、ホンダジェットのパワーユニットおよびエネルギー技術の研究開発機能を統合した「先進パワーユニット・エネルギー研究所」が新設された。(写真は栃木の本田技術研究所 四輪R&Dセンター)拡大
ホンダが1963年に発売した「T360」。同社にとって初の四輪モデルであり、軽トラックでありながら精緻な4気筒DOHCエンジンを搭載していた。
ホンダが1963年に発売した「T360」。同社にとって初の四輪モデルであり、軽トラックでありながら精緻な4気筒DOHCエンジンを搭載していた。拡大
4気筒DOHCエンジンを搭載したスポーツカー「S500」。排気量の拡大に伴い、「S600」「S800」と名称が改められた。
4気筒DOHCエンジンを搭載したスポーツカー「S500」。排気量の拡大に伴い、「S600」「S800」と名称が改められた。拡大

お荷物と化しているホンダの四輪事業

ホンダの四輪事業が苦境に立たされている。

2020年度の第1四半期(4-6月)、ホンダは1136億円の赤字を計上した。新型コロナウイルスの影響で計画どおりにクルマが売れなかったのはやむを得ないことだが、同じ時期に二輪事業が112億円の黒字だったのに、四輪事業が1958億円もの営業損失を生み出したのだから、責任の所在は明らか。ファンにとっては涙が出るほど悲しいことに、四輪事業はいつの間にかホンダのお荷物となっていたのだ。

だから、F1参戦を2021年限りでやめるのも致し方のない判断だった。「2050年カーボンニュートラルの実現」を目指して「先進パワーユニット・エネルギー研究所」を設立したのも事実だろうが、そもそも本業で儲(もう)かっていないのだから、直接的な利益を一円も生み出さないF1に年間数百億円も投じるのはいかにも非合理的。経営陣がそう判断したとしても不思議ではない。

でも、これで本当にいいのか? そうやって経営の合理化を図っていく先に、ホンダの本当の繁栄はあるのだろうか?

ホンダはもともと“驚き”を生み出すのが得意な会社だった。まだ四輪車の生産が軌道に乗ってもいないのにF1参戦なんていう無謀な挑戦を始めたり、そもそも初の量産四輪車がDOHCエンジンをミドシップしたトラックだったりと、やることなすことハチャメチャばかり。でも、そのいっぽうで「S500/S600/S800」なんていう宝石のようなスポーツカーを生み出したり、世界中の自動車メーカーがそろって「不可能」と断言していた排ガス規制のマスキー法をCVCCエンジン搭載の初代「シビック」でクリアしてしまったりと、数々の魔法を生み出してきたことも事実。オシャレなデザインと優れた実用性で軽自動車の概念をすっかりと変えた「N360」、通称“Nコロ”は日本のモータリゼーションを語るうえで欠かすことのできない一台で、当時、多くの家庭に「クルマを持つ喜び」を提供したことでも知られている。

それもこれも、ホンダが「技術にこだわり抜いてきた」からこそ実現できたこと。なにしろ社名が本田技研工業株式会社なのだ。“技術研究”をその名に掲げている自動車メーカーなんて、世界中探してもおそらくホンダだけだろう。

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事