クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第631回:ポスト・コロナ時代を技術の力で切り開け! 先進技術の総合展示会「CEATEC 2020」取材記(前編)

2020.10.21 エディターから一言
国際的なIT・エレクトロニクスの総合見本市「CEATEC」。今年はコロナ禍の影響もあり、史上初の完全オンラインにて行われている。
国際的なIT・エレクトロニクスの総合見本市「CEATEC」。今年はコロナ禍の影響もあり、史上初の完全オンラインにて行われている。拡大

“ポスト・コロナ”の時代に向けた、さまざまな技術を提案。オンラインイベントとして開催されている最先端技術の展示会「CEATEC(シーテック)2020」より、自動車の進化に関連するさまざまなアイデアを紹介。自動車の未来を探る。

会期は2020年10月20日~23日の4日間だが、各種コンテンツは同年12月31日まで閲覧が可能だ。
会期は2020年10月20日~23日の4日間だが、各種コンテンツは同年12月31日まで閲覧が可能だ。拡大
理化学研究所と九州大学、フィックスターズ、富士通が共同開発した「富岳」。スーパーコンピューターの国際的な性能ランキング「Graph500」において、世界第1位を獲得している。
理化学研究所と九州大学、フィックスターズ、富士通が共同開発した「富岳」。スーパーコンピューターの国際的な性能ランキング「Graph500」において、世界第1位を獲得している。拡大

“ニューノーマル”時代を象徴する技術がずらり

IT・エレクトロニクスの総合見本市「CEATEC」(主催:CEATEC 実施協議会)が開幕。今年は「CEATEC 2020 ONLINE」として史上初の完全オンラインで開催されることとなった。その理由が新型コロナウイルス感染症の影響であることは周知のとおりだが、10月23日の閉会後も12月31日までコンテンツの閲覧が可能であるなど、時間や距離による制約のなさはオンラインイベントならでは。皮肉にも、端々にコロナ禍がもたらした見本市の進化を感じる結果となった。

出展申込者数を見ても、このような特殊な環境ながら前年とほぼ同水準の356社/団体。そのうち新規出展者数の占める割合は46%と、前年の39%から増加している。4日間での来場者数は20万人を見込むが、開幕早々にアクセス集中で利用制限がかかるというトラブルが発生。そのため、開会式など一部コンテンツは21日夕方に再配信されることとなった。

開会に先立って発表された「CEATEC AWARD 2020」の各賞には、まさにコロナ禍を象徴するような技術や製品・サービスが選ばれた。総務大臣賞はスーパーコンピューター「富岳」(富士通/理化学研究所)。「京」の後継機として開発されたもので、スパコンの世界ランキングでトップの性能を誇るが、一般には、「おしゃべりやくしゃみでどのくらいの飛沫(しぶき)が飛ぶのかというシミュレーションを行ったマシン」と言うほうがわかりやすいかもしれない。

ADASの進化に欠かせないセンシング技術

また、今年はイベント全体を通して「ニューノーマル」(新たな常態、新たな常識)がテーマに据えられていることから、部門賞にニューノーマル枠が加えられた。「ニューノーマル ソリューションズ部門賞」グランプリの「透明ディスプレイ パーティション」(シャープ)と、「ニューノーマル社会を支える要素技術・デバイス部門賞」グランプリの「タッチレス操作パネル」(アルプスアルパイン)は、いますぐにでも商品化を望む声が多いのではないだろうか。

そして、「ニューノーマル時代のデジタルまちづくり部門賞」グランプリに輝いたのが「ピエゾ環境発電によるホイール完結型センシング」(TDK)だ。ホイール(とタイヤ)は路面と直接触れるものだけに、そこから得られる情報はADAS(先進運転支援システム)の性能向上に欠かせないと言われているが、常に動き続けるタイヤをセンシングすることは容易ではなく、ブリヂストンの「CAIS」などの限られた例を除くと、広く実用化されているのはタイヤ空気圧監視システムくらいである。

今回、受賞したTDKのシステムの肝は、水晶や特定のセラミックなどの圧電体に加えられた力を電力に変換する電子部品「ピエゾ素子」を使った独自のセンシングソリューションだ。ピエゾ素子の圧電効果を活用することで、タイヤが回転するたびにデバイスに加わる車体の荷重を利用して発電することができるので、バッテリーが不要。速度変化や車体の旋回、タイヤのスリップなど、車両の状況変化に応じてデバイスの起電力も変化するため、走行状態をリアルタイムでセンシングすることができる。自動運転車の実現に必要な車両の状態や路面状態の検知、運転状況の検知をはじめ、タイヤメンテナンスサービスへの活用、タイヤやホイールの動的特性の評価などに応用できるという。

シャープの「透明ディスプレイ パーティション」。60%以上の光の透過率を持つ液晶パネルを用いたパーティションで、もちろん映像の表示が可能。病院や公共施設の窓口、オフィスなどで、感染症への対策をとりつつ、人と人とのコミュニケーションをとるためのツールとして期待されている。
シャープの「透明ディスプレイ パーティション」。60%以上の光の透過率を持つ液晶パネルを用いたパーティションで、もちろん映像の表示が可能。病院や公共施設の窓口、オフィスなどで、感染症への対策をとりつつ、人と人とのコミュニケーションをとるためのツールとして期待されている。拡大
TDKが開発した「ピエゾ環境発電によるホイール完結型センシング」。タイヤの空気圧や摩耗の検知、路面状態の検知を可能とするIoT技術で、ホイールの回転によって自家発電するため、電源が不要な点が特徴だ。
TDKが開発した「ピエゾ環境発電によるホイール完結型センシング」。タイヤの空気圧や摩耗の検知、路面状態の検知を可能とするIoT技術で、ホイールの回転によって自家発電するため、電源が不要な点が特徴だ。拡大

先進技術満載のコンセプトカー「Moeye」

今年は完全オンラインゆえにイベントの全体感や出展規模・迫力といったものを感じ取ることは難しいが、そうしたなかで、目玉のひとつと言えそうなのが京セラのコンセプトカー「Moeye(モアイ)」だ。京セラといえば2018年発表の電気自動車が思い起こされるが、今回はより一層インパクトのある仕上がりになっている。

クラシカルな丸みを帯びたスタイリングながら、メタリックな質感やフロントマスクの個性が醸し出す未来感が目を引く車体デザインは、Fortmarei(フォートマーレイ)社長でカーデザイナーの石丸竜平氏の手になるもの。デザインのテーマは「時間」。内装も最先端のディスプレイが並びながらも、ぬくもりの感じられるテクスチャーになっており、センターコンソールに置かれた京セラ製の人工オパールが豪華さを演出する。

技術的な見どころは人間の五感のうち味覚以外の「視覚・触覚・聴覚・嗅覚」を楽しませるデバイスがちりばめられている点だ。ダッシュボード上部にオリジナルキャラクターの"モビすけ"が浮かんでいるように見える空中ディスプレイ、ダッシュボードがあたかも透明であるかのように風景を映し出す光学迷彩技術、自然光に近い光を再現するLED照明「CERAPHIC(セラフィック)」などはぜひ実際に体験してみたいところ。

京セラのコンセプトカー「Moeye(モアイ)」。
京セラのコンセプトカー「Moeye(モアイ)」。拡大
インテリアでは、ダッシュボード全面に配されたディスプレイが特徴。
インテリアでは、ダッシュボード全面に配されたディスプレイが特徴。拡大
ディスプレイに自車前方の映像を映せば、ダッシュボードが透明であるかのように風景を楽しめる。
ディスプレイに自車前方の映像を映せば、ダッシュボードが透明であるかのように風景を楽しめる。拡大
「モアイ」のオリジナルキャラクター“モビすけ”。
「モアイ」のオリジナルキャラクター“モビすけ”。拡大

バーチャルな技術でリアルを感じさせる

さらにモアイでは、触覚に訴えるものとして、独自開発の「HAPTIVITY(ハプティビティ)」を採用。ユーザーがパネルに触れると微細な振動が返ってくるため、ユーザーは自分自身の行った操作を瞬時に確認することができる。聴覚についてはスピーカーピエゾ素子を用いた振動スピーカーを、嗅覚についてはアロマ芳香機をそれぞれ採用した。

これらをフルに生かすと、例えば緑豊かな道をドライブしているときに木漏れ日や風に揺れる木の葉の音、草の香りのようなものを感じる空間演出が可能だ。あるいは、コロナ禍で注目を集めたドライブインシアターがより一層楽しめるようになるかもしれない。

先行きが見えにくい社会環境のなかで、さまざまなものがダウンサイジング傾向だが、未来への提案に限っては縮こまることなく、思い切り想像の翼を広げたものであってほしい。オンライン会場はその可能性を秘めた技術を発掘する絶好の場だと言えるだろう。

(文=林 愛子/写真=CEATEC、TDK、京セラ、シャープ、理化学研究所/編集=堀田剛資)

クラシックカーを思わせる「モアイ」のエクステリア。今回の「CEATEC」はオンライン開催なので、実車に触れられないのが残念でならない。
クラシックカーを思わせる「モアイ」のエクステリア。今回の「CEATEC」はオンライン開催なので、実車に触れられないのが残念でならない。拡大
「驚きと快適をもたらす未来のコクピット」を意図したという「モアイ」のインテリア。京セラは、自動運転化やMaaS(Mobility as a Service)の普及が進んだ際の車内空間の重要性に着目し、同車を開発したという。
「驚きと快適をもたらす未来のコクピット」を意図したという「モアイ」のインテリア。京セラは、自動運転化やMaaS(Mobility as a Service)の普及が進んだ際の車内空間の重要性に着目し、同車を開発したという。拡大
京セラがコンセプトカーを開発するのは「モアイ」で2例目。同社がモビリティーに関するデバイスやシステムの開発に前のめりであることを印象づけるものだった。
京セラがコンセプトカーを開発するのは「モアイ」で2例目。同社がモビリティーに関するデバイスやシステムの開発に前のめりであることを印象づけるものだった。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。