第631回:ポスト・コロナ時代を技術の力で切り開け! 先進技術の総合展示会「CEATEC 2020」取材記(前編)

2020.10.21 エディターから一言
国際的なIT・エレクトロニクスの総合見本市「CEATEC」。今年はコロナ禍の影響もあり、史上初の完全オンラインにて行われている。
国際的なIT・エレクトロニクスの総合見本市「CEATEC」。今年はコロナ禍の影響もあり、史上初の完全オンラインにて行われている。拡大

“ポスト・コロナ”の時代に向けた、さまざまな技術を提案。オンラインイベントとして開催されている最先端技術の展示会「CEATEC(シーテック)2020」より、自動車の進化に関連するさまざまなアイデアを紹介。自動車の未来を探る。

会期は2020年10月20日~23日の4日間だが、各種コンテンツは同年12月31日まで閲覧が可能だ。
会期は2020年10月20日~23日の4日間だが、各種コンテンツは同年12月31日まで閲覧が可能だ。拡大
理化学研究所と九州大学、フィックスターズ、富士通が共同開発した「富岳」。スーパーコンピューターの国際的な性能ランキング「Graph500」において、世界第1位を獲得している。
理化学研究所と九州大学、フィックスターズ、富士通が共同開発した「富岳」。スーパーコンピューターの国際的な性能ランキング「Graph500」において、世界第1位を獲得している。拡大

“ニューノーマル”時代を象徴する技術がずらり

IT・エレクトロニクスの総合見本市「CEATEC」(主催:CEATEC 実施協議会)が開幕。今年は「CEATEC 2020 ONLINE」として史上初の完全オンラインで開催されることとなった。その理由が新型コロナウイルス感染症の影響であることは周知のとおりだが、10月23日の閉会後も12月31日までコンテンツの閲覧が可能であるなど、時間や距離による制約のなさはオンラインイベントならでは。皮肉にも、端々にコロナ禍がもたらした見本市の進化を感じる結果となった。

出展申込者数を見ても、このような特殊な環境ながら前年とほぼ同水準の356社/団体。そのうち新規出展者数の占める割合は46%と、前年の39%から増加している。4日間での来場者数は20万人を見込むが、開幕早々にアクセス集中で利用制限がかかるというトラブルが発生。そのため、開会式など一部コンテンツは21日夕方に再配信されることとなった。

開会に先立って発表された「CEATEC AWARD 2020」の各賞には、まさにコロナ禍を象徴するような技術や製品・サービスが選ばれた。総務大臣賞はスーパーコンピューター「富岳」(富士通/理化学研究所)。「京」の後継機として開発されたもので、スパコンの世界ランキングでトップの性能を誇るが、一般には、「おしゃべりやくしゃみでどのくらいの飛沫(しぶき)が飛ぶのかというシミュレーションを行ったマシン」と言うほうがわかりやすいかもしれない。

あなたにおすすめの記事
新着記事