クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ヤマハTMAX560 TECH MAX ABS(MR/CVT)

アンチも脱帽 2020.10.30 試乗記 普段使いでの機能性はもちろん、ツーリング性能や操る楽しさをも追求したヤマハの“スポーツコミューター”こと「TMAX」シリーズ。その最新モデルにあたるのが「TMAX560」だ。新エンジンを得たビッグスクーターの雄は、“アンチ”を黙らせる実力の持ち主だった。

これがスクーター!?

TMAXはスクーターでありながら、バイク並みの走行性能を追求してきたモデルだ。スクーターは利便性に優れる反面、走りを追求しようとしても難しい部分があった。フレームの剛性を上げることができず、小径ホイールは安定性を高くすることが難しい。エンジンとリアホイールが直結されたユニットスイング構造のためにリアサスペンションの性能も制限を受けてしまう。TMAXは独自のデザインでこれらの問題に対策を講じ、モデルチェンジを繰り返すたびに性能を向上させてきた。

テスター自身は、スクーターがあまり好きではない。TMAXに関しても過去のスクーターに比べれば桁違いの走行性能を有していることは分かっていたが、それでもなじめなかったというのが正直なところ。ところが現行のTMAXは、そんなスクーター嫌いが夢中になってしまうくらいの走りを見せてくれた。

走りだしてまず感動してしまったのは、エンジンのスムーズさとパワー。ゼロスタートこそクラッチ付きのバイクのような飛び出し方はしないけれど、一度動き出せば最大トルクを発生する5000rpm付近をキープしたまま力強く加速していく。不快なノイズや振動は皆無。体に伝わってくる360°ツインの小気味よい鼓動感と排気音を味わいながらの加速が楽しい。電子制御スロットルのレスポンスも違和感がなく、力強さと優しさが調和したエンジンである。

ハンドリングも素直でスクーターとは思えない安定感がある。特に素晴らしいのはハードブレーキング時。車体がよじれる感じは皆無で、急減速しながらコーナーに進入するような乗り方をしても全く不安がない。強力なブレーキングでかかる荷重をサスと車体ががっちりと受け止めてくれるので、気持ちよくコーナーに進入していくことができる。深くバンクさせた時も車体は安定している。

高い動力性能と堂々としたスタイリングが特徴の「ヤマハTMAX」シリーズ。2020年春の改良で排気量が拡大したことから、車名が「TMAX530」から「TMAX560」に改められた。
高い動力性能と堂々としたスタイリングが特徴の「ヤマハTMAX」シリーズ。2020年春の改良で排気量が拡大したことから、車名が「TMAX530」から「TMAX560」に改められた。拡大
エンジンについては排気量を561ccに拡大するとともに、吸排気系や動弁系を改良。動力性能の向上と静粛性の改善を果たしている。
エンジンについては排気量を561ccに拡大するとともに、吸排気系や動弁系を改良。動力性能の向上と静粛性の改善を果たしている。拡大
ブレーキは前にφ267mmのダブルディスク、後ろにφ282mm大径シングルディスクを装備。前には対向4ピストンのラジアルマウントキャリパーを組み合わせ、高いコントロール性を実現している。
ブレーキは前にφ267mmのダブルディスク、後ろにφ282mm大径シングルディスクを装備。前には対向4ピストンのラジアルマウントキャリパーを組み合わせ、高いコントロール性を実現している。拡大
足まわりは、前がφ41mmの倒立フォーク、後ろがリンク式モノクロスサスペンションの組み合わせ。今回の改良では快適性を向上させるべく、セッティングが見直された。
足まわりは、前がφ41mmの倒立フォーク、後ろがリンク式モノクロスサスペンションの組み合わせ。今回の改良では快適性を向上させるべく、セッティングが見直された。拡大
上級グレード「TECH MAX」には、135mmの調整幅を持つ無段階電動調整式スクリーンや、グリップウオーマー、シートヒーター、クルーズコントロールなどが備わる。
上級グレード「TECH MAX」には、135mmの調整幅を持つ無段階電動調整式スクリーンや、グリップウオーマー、シートヒーター、クルーズコントロールなどが備わる。拡大
メーターは2眼式で、中央にインフォメーションディスプレイを搭載。「D-MODE」(走行モード切り替え機構)は全車標準装備となる。
メーターは2眼式で、中央にインフォメーションディスプレイを搭載。「D-MODE」(走行モード切り替え機構)は全車標準装備となる。拡大
シート高は800mmと、なかなかの高さ。座席の下にはフルフェイスのヘルメットも収納できるトランクが備わる。
シート高は800mmと、なかなかの高さ。座席の下にはフルフェイスのヘルメットも収納できるトランクが備わる。拡大
リアサスペンションにスプリングプリロードや伸側減衰力の調整機構が付くのも「TECH MAX」の特徴。走りにこだわる人には同グレードをオススメする。
リアサスペンションにスプリングプリロードや伸側減衰力の調整機構が付くのも「TECH MAX」の特徴。走りにこだわる人には同グレードをオススメする。拡大

同価格帯では出色の出来栄え

スクーターに慣れていないテスターが不安なく走ることができたのはポジションによる部分も大きい。減速時はステップに足を踏ん張っていられるから、急な減速でも下半身で支えることができるし、コーナーではふくらはぎでホールドできる。ストリートを実用的な速度域で走る限り、乗りやすさ、運動性はオンロードバイクを超えている。「スクーターもついにここまできたか」という感じだ。

快適性に関しては文句のつけようがない。クッションの厚いシートは長時間乗っても腰が痛くなるようなことはないし、リラックスしたポジションで疲れも少ない。 サスペンションの動きも良好。コーナーでのシッカリした動きと乗り心地を両立させている。

試乗していて気になったのは、ペースを上げてコーナリングしている時、ギャップに乗ると突き上げがあり、車体が若干振られたこと。そしてABSが作動した時のキックバックが大きくてレバーが強く押し戻されることくらい。どちらも普通に乗っている分には気にならないのだが、足つき性の悪さは別だ。シート高が800mmあり、シート自体も幅広。一般的な体格のライダーが乗ったらつま先立ちになってしまう。ローダウンシートやローダウンサスキットなどもあるが、この素晴らしいハンドリングを楽しみたいのであれば、まずはシート交換で様子を見ることをオススメする。

今回試乗した「TECH MAX」は、税込みで141万9000円と決して安くはないが、この同じくらいの価格帯で快適性、走行性能、楽しさ、利便性の高さなどを総合的に考えてみるとTMAXを超えるマシンは見当たらない。一人(タンデムでも)の移動手段として考えたら理想的な乗り物かもしれない。ここまで完成されてしまうとスクーター嫌いも脱帽である。

(文=後藤 武/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

ヤマハTMAX560 TECH MAX ABS
ヤマハTMAX560 TECH MAX ABS拡大
 
ヤマハTMAX560 TECH MAX ABS(MR/CVT)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2200×765×1420mm
ホイールベース:1575mm
シート高:800mm
重量:220kg
エンジン:561cc 水冷4ストローク直列2気筒DOHC 4バルブ
最高出力:48PS(35kW)/7500rpm
最大トルク:56N・m(5.7kgf・m)/5250rpm
トランスミッション:CVT
燃費:22.1km/リッター(WMTCモード)/31.7km/リッター(国土交通省届出値)
価格:141万9000円

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
関連記事
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。