第37回:志賀高原にて思う(後編)

2020.11.25 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
万座ハイウェーの駐車場にて休憩中の「ダッジ・バイパー」。
万座ハイウェーの駐車場にて休憩中の「ダッジ・バイパー」。拡大

“アメリカンの極み”みたいなマッスルカー「ダッジ・バイパー」とともに、志賀高原&万座&軽井沢を満喫。webCG編集部員が行った2泊3日の志賀高原行の顛末(てんまつ)を、かの地で思った、時事に関する益体もない思索とともにお届けする。

「万座しぜん情報館」の駐車場にて。火山活動の影響で、この辺りはSFに出てくる異星のごとき景観である。
「万座しぜん情報館」の駐車場にて。火山活動の影響で、この辺りはSFに出てくる異星のごとき景観である。拡大
万座ハイウェーを出て、志賀草津道路を渋峠方面へと向かう。周辺の景色はご覧の通り。記者のへっぽこカメラ技術では伝えきれないが、活火山のそばにいるという危険を忘れさせる景観である。
万座ハイウェーを出て、志賀草津道路を渋峠方面へと向かう。周辺の景色はご覧の通り。記者のへっぽこカメラ技術では伝えきれないが、活火山のそばにいるという危険を忘れさせる景観である。拡大
今やすっかり観光スポットとなった渋峠の展望駐車場にて、国道最高地点の碑を記念撮影。人がいっぱいで簡単には撮影できず、駐車場の前を往復したあげく昼食を挟んで再チャレンジ。ようやくクルマと一緒に写真に収められましたわ。
今やすっかり観光スポットとなった渋峠の展望駐車場にて、国道最高地点の碑を記念撮影。人がいっぱいで簡単には撮影できず、駐車場の前を往復したあげく昼食を挟んで再チャレンジ。ようやくクルマと一緒に写真に収められましたわ。拡大

湯釜に行けたためしがない

前編に戻る)
ここまでの道程でもさまざまな景色を見せてくれた万座ハイウェーだが、(軽井沢方面から見て)ドンつきに位置する万座温泉付近で、最後に一層の盛り上がりをみせる。火山ガスや噴出物の影響なのか、白と茶褐色のむき出しの地肌と、草木の緑がまだらに入り交じるSF映画的景観となるのだ。

せっかくなので、そんなSF世界を借景に「万座しぜん情報館」の駐車場で記念撮影。ついでにこの先の交通情報を確認すると、なんと志賀草津道路(国道292号線)の草津側が通行止めとなっていた。なんでも火山性地震の増加が理由とのことで、さすがは草津白根山、警戒レベル2の活火山である。ホントなら草津側にも寄り道し、今回こそ湯釜を見てやろうと思っていたのだが、仕方ないので素直に志賀高原に向かう。

万座ハイウェーが志賀草津道路に突き当たる三差路で、バイパーのハンドルを左に切る。「縁起物だから」と渋峠の日本国道最高地点で碑を写真に収め、次いで群馬と長野の県境に位置する宿で遅めの昼食。横手山の山頂は、この渋峠と横手山ドライブインの間ほどにあり、道はその先から一気に下り始める。急峻(きゅうしゅん)なつづら折りが終わり、道の左右にスキーシーズンの盛り上がりを待つ宿泊施設を見るようになると、いよいよ志賀高原に来たなという気分になる。

後は北信州もみじわかばラインに入り、予約していた奥志賀高原の宿泊先に向かうだけ……だったのだが、ちょっとバイパーに問題が生じた。ガソリンの残量がおぼつかないのだ。今にもガス欠しそうというわけではないのだが、何せ嬬恋・三原からこのかた、まったくもってガソリンスタンドを見かけないのだ。明日や明後日のことを考えたら、ここで給油しておかないと間違いなく泣きを見る。

ダッジ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事