クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第194回:2台の聖遺物

2020.11.23 カーマニア人間国宝への道

世界遺産級のコンディション

わたくし、このたび、「ランボルギーニ・カウンタック」を買いました。

ただし半分だけです。中古フェラーリ専門店コーナーストーンズのエノテンこと榎本 修代表が所有する白い「25thアニバーサリー」を、半額払って共有させてもらったのです。

なぜ半分かというと、1台買うと3000万円で、ちょっと高すぎたこともありますが、なにせ私は大乗フェラーリ教開祖を名乗る者。その当人が、フェラーリとランボルギーニを1台ずつ所有するのは、気持ちのバランスがよろしくない。ランボに関しては一歩引いて、半分くらいがちょうどいい。

エノテンにとっても、これは悪い話じゃないはずだ。なぜならエノテンはクルマ屋さん。職業柄、お客さんに「売ってください!」と頼まれると断りづらい。実際彼はこれまで、大好きなカウンタックを何度か所有したものの、すぐ売ってしまっている。

でも、私が半分オーナーになれば、自分の一存では売れなくなる!

エノテンの今回のアニバーサリーは、内外装ともに白という神がかった個体。コンディションも世界遺産級だという。私に半分だけ売れば、そのご神体を守ることができるはずだ。めったに乗るクルマじゃないから半分ずつで十分だし、お互いにメリットだらけじゃんか! と思ったのです。

それを思いついたときは、あまりにも名案すぎて、断られたら生きていけないとすら感じました。で、エノテンに恐る恐る申し入れたところ、「それで行きましょう!」と快諾してくれました。うれしくて涙が出ます。

早速、半分愛車となった白い「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」で辰巳PAに出撃。停車中は、ドアを開けっぱなしにするのが基本だとカウンタックの先輩オーナーに教わりました。理由は「開けといても邪魔にならないから」だそうです!
早速、半分愛車となった白い「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」で辰巳PAに出撃。停車中は、ドアを開けっぱなしにするのが基本だとカウンタックの先輩オーナーに教わりました。理由は「開けといても邪魔にならないから」だそうです!拡大
2020年7月、白い「カウンタック」を手に入れ、喜びの表情を見せるコーナーストーンズのエノテンこと榎本 修代表。内外装ともにホワイトという実に神がかった個体である。写真はコーナーストーンズの店内で。
2020年7月、白い「カウンタック」を手に入れ、喜びの表情を見せるコーナーストーンズのエノテンこと榎本 修代表。内外装ともにホワイトという実に神がかった個体である。写真はコーナーストーンズの店内で。拡大
2020年11月8日に大磯で行った大乗フェラーリミーティングでの「フェラーリ328GTS」(右)と「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」(左)の2ショット。この会場でブラックアロー号こと「348GTS」からカウンタックへの買い替えを発表!(写真=池之平昌信)
2020年11月8日に大磯で行った大乗フェラーリミーティングでの「フェラーリ328GTS」(右)と「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」(左)の2ショット。この会場でブラックアロー号こと「348GTS」からカウンタックへの買い替えを発表!(写真=池之平昌信)拡大

スーパーカーは存在がすべて

ところで、いったいなぜ今カウンタックなのか。

それは、私の脳内の化学変化によりまする。老人力の増加ともいえますが。

かつて私はランボルギーニを、デリカシーのカケラもない、田舎っぺのクルマと考えていました。しかし最近になってようやく、カウンタックの真価がわかってきたのです。

存在だけで、すべての理屈を吹っ飛ばしてしまうクルマ。それがカウンタックだ。スーパーカーはカウンタックに始まりカウンタックに終わる。フェラーリはフェラーリだけど、スーパーカーはカウンタックに尽きる。

そのことは、以前から頭では理解しておりました。なにせ10年前に半年だけ所有したこともあるし。でもあの頃はまだ、フェラーリを崇拝する者としてその事実が悔しく、認めたくなかった。最近ようやく心身両面で受け入れられるようになりました。

もはやスピードへの情熱は消え、スーパーカーは存在こそすべてであり、もっと具体的に言うと、公道をフツーに走ったり、そこらの駐車場(例・首都高辰巳PA)に止めて眺めたりした時に、どれだけ感動できるかだと悟るに至りました。その時、かさぶたが落ちるように、つまらぬこだわりが消えたのでしょう。

近年の旅客機は、速度ではなく経済合理性だけを追求して開発されている。もう人類はコンコルドを必要としていない。

クルマの世界では、今はまだ新しいスーパーカーを欲しがる人がいっぱいいるけれど、私はもう欲しいとは思わない。新たな自動車テクノロジーに関しては、スピードではなく、経済合理性(≒環境性能)を追求するタイプのほうがときめく。ガチで内燃機関を駆逐するような革新的EVが出たら、ぜひ購入したい。

10年前に半年だけ所有していた「カウンタック25thアニバーサリー」。その時はリーマンショック後の不況期だったので、1500万円で1台買えた。今は1500万円で0.5台。(写真=池之平昌信)
10年前に半年だけ所有していた「カウンタック25thアニバーサリー」。その時はリーマンショック後の不況期だったので、1500万円で1台買えた。今は1500万円で0.5台。(写真=池之平昌信)拡大
大乗フェラーリミーティングでは、「カウンタック」と「328」の加速対決も実施。(写真=池之平昌信)
大乗フェラーリミーティングでは、「カウンタック」と「328」の加速対決も実施。(写真=池之平昌信)拡大
「カウンタック」の共同オーナーとしてエノテン(左)とタッグを組むことに。フェラーリはフェラーリだが、スーパーカーはカウンタックに尽きる。(写真=池之平昌信)
「カウンタック」の共同オーナーとしてエノテン(左)とタッグを組むことに。フェラーリはフェラーリだが、スーパーカーはカウンタックに尽きる。(写真=池之平昌信)拡大

カーマニア人間国宝の完成形とは?

でも、コンコルドは永遠だ。「人類史上最もカッコいい旅客機」として、私の脳内に刻まれている。

クルマの世界では、それが「フェラーリ328」であり、カウンタックなのです。どちらも永遠の聖遺物です。

スーパーカーは、もう進歩する必要はない。過去に静止したままでいい。いや、静止していないといけない。世界遺産みたいに。

当連載の第5回で「私にはヒストリックカー趣味はない」と書きました。わずか4年前のことです。

当時乗っていたフェラーリは、「458イタリア」。愛称は「宇宙戦艦号」でした。宇宙戦艦号は、その名の通りUFOのようなクルマでした。

でも3年前、その宇宙戦艦号を手放して、「328GTS」に買い替えました。そしてこのたびは、人生初のフェラーリ2台体制(328GTSと「348GTS」)を崩し、348のほうを手放して、カウンタックを買うことにしたのです。

ともに1989年製の31歳。ヒストリックカーまではいかないけど、見事なネオクラシックカーです。

458イタリアまでは、新しいフェラーリに巨大な夢と可能性を感じていたのですが、突如それがしぼみ、3年前から、むしろ古いほうに夢と可能性を感じています。

89年というのは、私が初めてフェラーリ様を運転させていただいた年。私のスーパーカー史はそこから始まっている。いわば89年は私のスーパーカー元年。その元年製(くしくも平成元年)のスーパーカーが、手元に2台そろったのです! 正確には1.5台だけど。

フェラーリ328とカウンタック。これほどまでに完璧な美女と野獣の組み合わせがあるだろうか。まさに究極の2台。ありがたくて涙が出ます。

この2台の聖遺物に、地球環境の崩壊を防ぐ任務を担った革新的エコカーがそろえば完璧だ。その時こそ、わたくしなりのカーマニア人間国宝の完成形と考えることにいたしたく存じます。

(文と写真=清水草一/編集=櫻井健一)

人生において2台目となった「カウンタック」は「25thアニバーサリー」の1989年モデル。公道をフツーに走ったり、駐車場に止めて眺めているだけで感動できる。さすが永遠の聖遺物。(写真=池之平昌信)
人生において2台目となった「カウンタック」は「25thアニバーサリー」の1989年モデル。公道をフツーに走ったり、駐車場に止めて眺めているだけで感動できる。さすが永遠の聖遺物。(写真=池之平昌信)拡大
「328」と「カウンタック」という、地上最強のスーパーカーカップルによる加速対決時の夢のランデブー。これ以上最高な組み合わせはありません!(写真=池之平昌信)
「328」と「カウンタック」という、地上最強のスーパーカーカップルによる加速対決時の夢のランデブー。これ以上最高な組み合わせはありません!(写真=池之平昌信)拡大
わが家のガレージに収まった2台の聖遺物。「25thアニバーサリー」は全幅が2mなので車庫がパンパン。久々に車庫入れでシビレました。(写真=池之平昌信)
わが家のガレージに収まった2台の聖遺物。「25thアニバーサリー」は全幅が2mなので車庫がパンパン。久々に車庫入れでシビレました。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。