第194回:2台の聖遺物

2020.11.23 カーマニア人間国宝への道

世界遺産級のコンディション

わたくし、このたび、「ランボルギーニ・カウンタック」を買いました。

ただし半分だけです。中古フェラーリ専門店コーナーストーンズのエノテンこと榎本 修代表が所有する白い「25thアニバーサリー」を、半額払って共有させてもらったのです。

なぜ半分かというと、1台買うと3000万円で、ちょっと高すぎたこともありますが、なにせ私は大乗フェラーリ教開祖を名乗る者。その当人が、フェラーリとランボルギーニを1台ずつ所有するのは、気持ちのバランスがよろしくない。ランボに関しては一歩引いて、半分くらいがちょうどいい。

エノテンにとっても、これは悪い話じゃないはずだ。なぜならエノテンはクルマ屋さん。職業柄、お客さんに「売ってください!」と頼まれると断りづらい。実際彼はこれまで、大好きなカウンタックを何度か所有したものの、すぐ売ってしまっている。

でも、私が半分オーナーになれば、自分の一存では売れなくなる!

エノテンの今回のアニバーサリーは、内外装ともに白という神がかった個体。コンディションも世界遺産級だという。私に半分だけ売れば、そのご神体を守ることができるはずだ。めったに乗るクルマじゃないから半分ずつで十分だし、お互いにメリットだらけじゃんか! と思ったのです。

それを思いついたときは、あまりにも名案すぎて、断られたら生きていけないとすら感じました。で、エノテンに恐る恐る申し入れたところ、「それで行きましょう!」と快諾してくれました。うれしくて涙が出ます。

早速、半分愛車となった白い「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」で辰巳PAに出撃。停車中は、ドアを開けっぱなしにするのが基本だとカウンタックの先輩オーナーに教わりました。理由は「開けといても邪魔にならないから」だそうです!
早速、半分愛車となった白い「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」で辰巳PAに出撃。停車中は、ドアを開けっぱなしにするのが基本だとカウンタックの先輩オーナーに教わりました。理由は「開けといても邪魔にならないから」だそうです!拡大
2020年7月、白い「カウンタック」を手に入れ、喜びの表情を見せるコーナーストーンズのエノテンこと榎本 修代表。内外装ともにホワイトという実に神がかった個体である。写真はコーナーストーンズの店内で。
2020年7月、白い「カウンタック」を手に入れ、喜びの表情を見せるコーナーストーンズのエノテンこと榎本 修代表。内外装ともにホワイトという実に神がかった個体である。写真はコーナーストーンズの店内で。拡大
2020年11月8日に大磯で行った大乗フェラーリミーティングでの「フェラーリ328GTS」(右)と「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」(左)の2ショット。この会場でブラックアロー号こと「348GTS」からカウンタックへの買い替えを発表!(写真=池之平昌信)
2020年11月8日に大磯で行った大乗フェラーリミーティングでの「フェラーリ328GTS」(右)と「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」(左)の2ショット。この会場でブラックアロー号こと「348GTS」からカウンタックへの買い替えを発表!(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事