ホンダが「N-BOX」をマイナーチェンジ デザイン変更で上質感アップ

2020.12.24 自動車ニュース
「ホンダN-BOXコーディネートスタイル」(写真左)と「N-BOXカスタム コーディネートスタイル」(同右)。
「ホンダN-BOXコーディネートスタイル」(写真左)と「N-BOXカスタム コーディネートスタイル」(同右)。拡大

本田技研工業は2020年12月24日、軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」のマイナーチェンジモデルを、同年12月25日に発売すると発表した。

N-BOXコーディネートスタイル
N-BOXコーディネートスタイル拡大
 
ホンダが「N-BOX」をマイナーチェンジ デザイン変更で上質感アップの画像拡大
N-BOXカスタム コーディネートスタイル
N-BOXカスタム コーディネートスタイル拡大
 
ホンダが「N-BOX」をマイナーチェンジ デザイン変更で上質感アップの画像拡大
 
ホンダが「N-BOX」をマイナーチェンジ デザイン変更で上質感アップの画像拡大

今回のマイナーチェンジは内外装のブラッシュアップが主体。所有する喜びをより一層得られるようなデザインを目指している。

また、2トーンボディーカラーを採用し、ホイールや内装も専用にコーディネートした派生モデル「コーディネートスタイル」を新たにラインナップ。標準車と「カスタム」にそれぞれ設定した。

標準車のエクステリアはヘッドライトとグリルの形状変更に加えて、ロアグリルにメッキバーを追加。内装色はホワイト加飾やシート表皮を引き立てる「ダークブラウン」へと刷新した。

標準車のコーディネートスタイルはブラウンルーフの2トーンカラーが特徴だ。さらにメッキのドアハンドルを採用したほか、足元にはディッシュホイールを装備。内装では加飾部分とシート表皮をブラウン色調としている。

カスタムのエクステリアはアッパーグリルのメッキを立体化するなどしてフロントマスクの押し出し感を強調したほか、ライセンスプレートをボディー中央部に移設。リアバンパー下部にはメッキパーツを加えている。内装ではブラックのインテリアカラーやシート表皮を従来モデルから継承しつつ、マルチブラック塗装の加飾部分を刷新。シートのアクセントは内装全体と色調をそろえ、より上質で硬派な印象に変更したという。

カスタムのコーディネートスタイルはダークメッキの加飾と、これに色調をそろえたカラークリア仕上げのアルミホイールで重厚感のあるスタイルに。ボディーカラーにはホンダの軽乗用車としては初となる「プレミアムクリスタルレッドメタリック」(ルーフカラーはブラック)を導入し、全3色展開とした。内装はブラックのインテリアカラーにマルチボルドーの塗装加飾という組み合わせ。同じくホンダの軽としては初となるフル合皮シートを採用した。

安全運転支援システム「ホンダセンシング」は後方誤発進抑制機能などに用いるセンサーを4個に増やすことで、後方の障害物の接近を検知する「パーキングセンサーシステム」を追加している。

ラインナップと価格は以下の通り。
【N-BOX】

  • G:142万8900円(FF車)/156万2000円(4WD車)
  • L:155万9800円(FF車)/169万2900円(4WD車)
  • Lターボ:175万8900円(FF車)/189万2000円(4WD車)
  • EX:165万8800円(FF車)/179万1900円(4WD車)
  • EXターボ:180万9800円(FF車)/194万2600円(4WD車)
  • Lコーディネートスタイル:177万9800円(FF車)/191万2900円(4WD車)
  • Lターボ コーディネートスタイル:188万9800円(FF車)/202万2900円(4WD車)

【N-BOXカスタム】

  • L:176万9900円(FF車)/190万3000円(4WD車)
  • Lターボ:196万9000円(FF車)/210万2100円(4WD車)
  • EX:187万9900円(FF車)/201万3000円(4WD車)
  • EXターボ:201万9600円(FF車)/215万2700円(4WD車)
  • Lコーディネートスタイル:197万8900円(FF車)/211万2000円(4WD車)
  • Lターボ コーディネートスタイル:209万9900円(FF車)/223万3000円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
N-BOX, N-BOXカスタム, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-BOX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONEプレミアム(CVT)/N-ONE RS(CVT)/N-ONE RS(6MT)【試乗記】 2020.12.15 試乗記 クラシックなスタイリングと上質な走りが自慢の軽乗用車「ホンダN-ONE」が、デビューから8年を経てフルモデルチェンジ。初代から受け継がれた“タイムレス”なデザインと、隔世の進化を遂げた走りを併せ持つ一台の、希有(けう)な魅力をリポートする。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.1.10 試乗記 大規模なデザイン変更を受けた「三菱エクリプス クロス」だが、マイナーチェンジの本命は、やはり新たに用意されたプラグインハイブリッド車(PHEV)に違いない。寒風吹きすさぶワインディングロードでその仕上がりを試した。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
ホームへ戻る