第196回:すべり台になったカウンタック

2020.12.21 カーマニア人間国宝への道

カウンタックはお買い得

「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」を、半分(2人の共同所有)買ったばかりの私ですが、3000万円(半分なので÷2ですが)という価格は、高いのか安いのか。

私は10年前に、同じくアニバーサリーを1500万円で1台まるごと(フツーです)買ったので、「同じモデルが10年後に2倍かよ!」と思えば、高い。ウルトラ非常に高い。

しかし周囲を見回せば、カウンタックが3000万円で買えるのはかなり安い! と確信する。

共同所有者の榎本 修氏(コーナーストーンズ代表)は、「清水さんが半分買われた影響で(笑)、すでに500万円くらい(価格が)上がってます。いまはもうアニバーサリーは3000万円じゃ到底買えません!」と言うが、取りあえず3000万円は高いか安いかというテーマで話を進めたい。

私が直接比較したのは、同じコーナーストーンズ店内に置いてあった「フェラーリF40」だった。価格は1億5000万円。F40とカウンタックとは、オーラ的にはほとんど変わらないので、つまりアニバーサリーはF40の5倍お買い得だと感じ、強く背中を押され購入を決断した。

そりゃまあ、F40とカウンタックとでは、元値(新車価格)が違う。F40は4500万円だったので、現在その3倍だが、アニバーサリーは……。いくらだったんだろう? たぶん2800万円くらいでしょうか。

つまり3000万円という現在の相場は、だいたい元値に戻っただけ! これは、30年落ちのスーパーカーとしては、現状決して高くない。

2020年7月、中古フェラーリ専門店コーナーストーンズで3000万円の「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」に出会う。その時から「F40」に比べると3000万円という価格は安い! と思っていた。
2020年7月、中古フェラーリ専門店コーナーストーンズで3000万円の「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」に出会う。その時から「F40」に比べると3000万円という価格は安い! と思っていた。拡大
今から10年ほど前に購入し、半年ぐらい乗った「カウンタック25thアニバーサリー」。当時の購入価格は1500万円で、現在コナストのエノテンこと榎本 修氏と共同所有するカウンタックの半額だった。単純に、同じモデルが10年後に2倍なったという計算だ。(写真=池之平昌信)
今から10年ほど前に購入し、半年ぐらい乗った「カウンタック25thアニバーサリー」。当時の購入価格は1500万円で、現在コナストのエノテンこと榎本 修氏と共同所有するカウンタックの半額だった。単純に、同じモデルが10年後に2倍なったという計算だ。(写真=池之平昌信)拡大
コーナーストーンズで「カウンタック25thアニバーサリー」と同時期に販売されていた「フェラーリF40」の価格は、1億5000万円だった。F40とカウンタックとでは、オーラ的にほとんど変わらないので、カウンタックのほうが5倍はお得だ!
コーナーストーンズで「カウンタック25thアニバーサリー」と同時期に販売されていた「フェラーリF40」の価格は、1億5000万円だった。F40とカウンタックとでは、オーラ的にほとんど変わらないので、カウンタックのほうが5倍はお得だ!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事