フェラーリ・ローマ(前編)

2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。

“あの感覚”が減っている!

フェデリコ・フェリーニ監督の名作『ドルチェ・ヴィータ(甘い生活)』の世界観を受けて、“ヌォーヴァ・ドルチェ・ヴィータ(新・甘い生活)”をテーマとした発表会が行われたフェラーリ・ローマ。その心は「超富裕層の暮らしをさりげなく彩る普段遣いのフェラーリ」にあったと私は読んでいる。そんなローマがついに日本上陸を果たし、われらが谷口信輝の毒牙、ではなく毒舌、でもなかった。正しくは、谷口に真心込めてステアリングを握ってもらい、その印象を真摯(しんし)にリポートすることとあいなった。果たして、谷口はフェラーリの新作をどう捉えるのだろうか?
「いやあ、いままでのフェラーリに比べると落ち着いていて、不安感はだいぶ減っていますね。完全になくなったわけではないけれど……」

試乗を終えた谷口がこう語ったのにはワケがある。

これまで谷口には何台かのフェラーリをテストしてもらったが、なかでも「カリフォルニアT」と「488GTB」をテストした際には「怖い、怖い」を連発し、「だって、いつ裏切られるかわからないじゃん」とその理由を説明してくれたものである。

もちろん、谷口がフェラーリを操っている最中に突然リアのグリップが失われてハーフスピンしたとか、ましてクラッシュさせてしまったとか、そういう事件が実際に起きたわけではない。ただし、テールがスライドし始める感触がつかみにくいせいもあって、「いつ裏切られるかわからない」ような気がするというあたりに、谷口の不安はあったようだ。

 
フェラーリ・ローマ(前編)の画像拡大
 
フェラーリ・ローマ(前編)の画像拡大
 
フェラーリ・ローマ(前編)の画像拡大
 
フェラーリ・ローマ(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る