フェラーリ・ローマ(後編)

2020.12.31 谷口信輝の新車試乗 フェラーリの新型2+2クーペ「ローマ」の走りを、レーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? 後編では、走行モードによる挙動の変化やV8ターボエンジンの特性などについてもリポートする。

注意すべき点もある

フェラーリ・ローマに箱根のワインディングロードで試乗して、そのハードコーナリング中のフォームに対して鋭い指摘をした谷口信輝。しつこいようだが、谷口が指摘したのは限界的なコーナリング時の挙動に関する話であって、その手前の状況については「これまでのフェラーリに比べてだいぶ落ち着いている」とか「ステアリングフィールは全然よくなっている」といったポジティブなコメントも数多く発していることをお忘れなく。

「いや、乗り心地がいいから、普段遣いには相当いいと思いますよ」と谷口。
「あと、ものすごくいいのはギアボックスですね」

さすが谷口、お目が高い。ローマに搭載されている8段DCTは、2019年に発表された「フェラーリSF90ストラダーレ」に搭載されているものと基本的に同じで、デュアルクラッチのレイアウトを同軸ではなく直列的にレイアウトすることで薄型化や低重心化を実現した最新ギアボックスなのである。
「シフトアップもシフトダウンもめちゃくちゃレスポンスがいいんですよね。だから、ものすごく楽しい」

シフトが素早いのもさることながら、前編で谷口が指摘した“振り子現象”が起きにくいのも、トランスアクスル方式を採用するローマが新型ギアボックスによってさらに低重心化され、より安定したコーナリングフォームの実現につながったからという可能性がある。
「あと、ドライビングモード切り替えでスポーツの次にレースがあるじゃないですか。あれは、ちょっとやばいですよ」

ローマにもステアリング上にマネッティーノを切り替えるダイヤル式スイッチが設けられているが、一般道での乗り心地を重視したローマの場合はコンフォートというモードがあり、その先にスポーツ、レース、ESCオフと用意されているのだが、このうちのレースまで谷口は試したらしい。
「レースにすると、トラクションコントロールの介入がかなり遅くなるんです。だから、かなりの腕利きじゃないと、ホイールスピンさせてそのままテールがスライドしてクラッシュさせちゃう恐れがありますよね」

それはなかなか硬派な設定だが、普段遣いを優先しているはずのローマでさえテールスライドできる余地を残しておくあたり、いかにもフェラーリらしいともいえる。

 
フェラーリ・ローマ(後編)の画像拡大
 
フェラーリ・ローマ(後編)の画像拡大
 
フェラーリ・ローマ(後編)の画像拡大
 
フェラーリ・ローマ(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る