第687回:中国市場で大ピンチ! 「四叶草」に願いをかけるフランス&イタリア車

2020.12.24 マッキナ あらモーダ!

上海テスラ&瀋陽BMWが欧州へ

2021年、ヨーロッパの自動車業界は「中国製モデルの本格上陸元年」になりそうだ。といっても、中国ブランド車ではない。欧米ブランドの中国生産車の本格上陸が始まりそうなのである。

テスラは2020年10月、上海工場製の電気自動車(EV)「モデル3」をドイツとフランス、イタリア、そしてスイスを含むヨーロッパ10カ国に輸出すると発表した。『フォーブス電子版』が伝えたところによると、実際に11月末、ベルギーの港に7000台がすでに到着している。

BMWも瀋陽にあるブリリアンス(華晨)との合弁工場、BMWブリリアンス・オートモビル(BBA)で生産したEV「iX3」を11月初旬に大連の港で欧州向けに船積みしている。

テスラもBMWのイタリア法人も、目下のところこの件を一般顧客向けにはリリースしていない。

しかし、もはやイタリアの人々にとって、テスラとBMWが中国工場製であったとしても、特に拒否反応を示す人は少ないと筆者は考える。

理由の第1は、目下イタリアでテスラやiX3に購入意欲を示すユーザーは、概して新しいガジェット好きであろうということだ。

彼らは早くから「iPhone」を通じて、たとえ中国製造でも外国企業の製品であれば、品質管理が行き届いていることを体感している人々である。

加えて、そうしたEVをすぐに買えない層にしても、ジェネレーションY(1980年代初頭から1990年代中盤生まれ)や、それに続くジェネレーションZ(1990年代後半から2000年代前半生まれ)のイタリア人の間で、メイド・イン・チャイナに対する抵抗感は限りなく薄い。

中国の改革開放政策が発表されたのが1978年で、社会主義市場経済が導入されたのが1992年。彼らが物心ついたころには、イタリアにもメイド・イン・チャイナがあふれていたのである。

ついでにいえばスクーター大国イタリアには、キムコやSYMといった台湾ブランドが比較的早く進出。若者たちの多くにとって、モータリゼーションとのなれそめとなったのが彼らの製品である。そうしたことも、中華系ブランドへの抵抗感を下げているのだ。

ところで、テスラやBMWはさておき、イタリアやフランスのブランドはいま、中国でどうなっているのか? というのが今回の話題である。

長年の地域限定車種おたくである筆者としては、やはり情報をアップデートしておきたいと思ったのも執筆の理由である。

中国の瀋陽にあるBMWとブリリアンスの合弁工場で生産されている「BMW iX3」。
中国の瀋陽にあるBMWとブリリアンスの合弁工場で生産されている「BMW iX3」。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事