BMW M440i xDriveクーペ(前編)

2021.01.07 谷口信輝の新車試乗 国内でデリバリーが始まった「BMW M440i xDriveクーペ」に、谷口信輝が試乗。「駆けぬける歓び」をスローガンに掲げるブランドの、新型スポーツクーペに対する評価やいかに?

よさが光るステージは……

巨大な“ハナ”で話題沸騰中の新型BMW 4シリーズ。今回はそのなかで最もパフォーマンスが高いM440i xDriveクーペを谷口信輝に試乗してもらった。箱根のワインディングロードで対峙(たいじ)した谷口は、このM440iにどのような判定を下したのだろうか?
「これ、エンジンは排気量3リッターの直6ですよね」

乗り始めてすぐに、谷口はM440iの核心に切り込んだ。BMWのストレート6らしい乾いた快音が箱根の山々にこだましていたのだから、その話題を最初に取り上げたくなるのも当然といえるだろう。
「やっぱりいい音ですよね。回り方は滑らかだけれど、アクセルペダルを踏めばウァーンって音を響かせながら回転数を上げていく。最高出力は380PSと十二分だから、動力性能はちゃんとしていて速く走れますよ」

ただし、これに続いて谷口が指摘したのは、BMWファンならずともやや気になることだった。
「でもね、このクルマが本領を発揮するのは街なかかもしれませんね」

ほほー。それはなぜだろう?
「なにしろ、乗り心地がめちゃくちゃいいんですよ、このクルマは。だから、街なかを静かに快適に、そしてストレスなく走るには最高だと思います。ハンドルをあまり回さなくてもステアリングがよく切れる点も、街なかでの取り回し性という面では便利でいいですよね。しかも、いざワインディングロードでペースを上げても、それを受け止めるシャシー性能を持っている。ただし、クルマ全体としては、スポーツドライビングを楽しむためのクルマというよりは街なかでの快適性を優先してつくられたような気がするんです。その意味で言えば、スポーツカーとは言い切れないように思います」

 
BMW M440i xDriveクーペ(前編)の画像拡大
 
BMW M440i xDriveクーペ(前編)の画像拡大
 
BMW M440i xDriveクーペ(前編)の画像拡大
 
BMW M440i xDriveクーペ(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
ホームへ戻る