BMW M440i xDriveクーペ(前編)

2021.01.07 谷口信輝の新車試乗 国内でデリバリーが始まった「BMW M440i xDriveクーペ」に、谷口信輝が試乗。「駆けぬける歓び」をスローガンに掲げるブランドの、新型スポーツクーペに対する評価やいかに?

よさが光るステージは……

巨大な“ハナ”で話題沸騰中の新型BMW 4シリーズ。今回はそのなかで最もパフォーマンスが高いM440i xDriveクーペを谷口信輝に試乗してもらった。箱根のワインディングロードで対峙(たいじ)した谷口は、このM440iにどのような判定を下したのだろうか?
「これ、エンジンは排気量3リッターの直6ですよね」

乗り始めてすぐに、谷口はM440iの核心に切り込んだ。BMWのストレート6らしい乾いた快音が箱根の山々にこだましていたのだから、その話題を最初に取り上げたくなるのも当然といえるだろう。
「やっぱりいい音ですよね。回り方は滑らかだけれど、アクセルペダルを踏めばウァーンって音を響かせながら回転数を上げていく。最高出力は380PSと十二分だから、動力性能はちゃんとしていて速く走れますよ」

ただし、これに続いて谷口が指摘したのは、BMWファンならずともやや気になることだった。
「でもね、このクルマが本領を発揮するのは街なかかもしれませんね」

ほほー。それはなぜだろう?
「なにしろ、乗り心地がめちゃくちゃいいんですよ、このクルマは。だから、街なかを静かに快適に、そしてストレスなく走るには最高だと思います。ハンドルをあまり回さなくてもステアリングがよく切れる点も、街なかでの取り回し性という面では便利でいいですよね。しかも、いざワインディングロードでペースを上げても、それを受け止めるシャシー性能を持っている。ただし、クルマ全体としては、スポーツドライビングを楽しむためのクルマというよりは街なかでの快適性を優先してつくられたような気がするんです。その意味で言えば、スポーツカーとは言い切れないように思います」

 
BMW M440i xDriveクーペ(前編)の画像拡大
 
BMW M440i xDriveクーペ(前編)の画像拡大
 
BMW M440i xDriveクーペ(前編)の画像拡大
 
BMW M440i xDriveクーペ(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
ホームへ戻る