第690回:GMの本気とBMWの変化球! 大矢アキオがフルオンライン開催の「CES」を練り歩く

2021.01.21 マッキナ あらモーダ!

苦行の旅はないものの

例年ラスベガスで開催される家電エレクトロニクスショー「CES」が、2021年はオンライン形式で1月11日から14日まで開催された。

言うまでもなく新型コロナウイルス感染対策のためで、2020年7月末には、すでにオールデジタルで催されることが発表されていた。

主催者である全米民生技術協会(CTA)の発表によれば、2021年は1900社が出展し、100以上のオンラインカンファレンスが開催された。なお、2020年の出展社数は約4400であった。

リアルなショー時代は、毎回新年早々にイタリアから大西洋を横断した。アメリカ側の最初の到着地では激しい時差ぼけで疲労困憊(こんぱい)しながら、年々厳格になる入国審査の列に2時間近く並ばされた。そこから再び国内線で、6時間近くを要するラスベガスに向かった。CES向けの臨時航空便が運航されて、太平洋をひとっ飛びすればラスベガスに到着できる日本からの参加者がうらやましかった。

着いたら着いたで、繁忙期に高騰するライドシェア「ウーバー」の料金に泣かされた。同様に、期間中は周辺ホテルの客室料金もつり上げられるのが常だった。安モーテルに泊まったら、イタリアに25年住んでいても遭遇したことがないゴキブリと対面した。

ラスベガスにはモノレールが通っているのは便利であるものの、駅間が長い。東京メトロ銀座線のようなつもりで「次の駅までちょっと歩こう」と試みて、えらい目に遭ったこともあった。

それらの記憶は、いずれも清涼飲料「ドクターペッパー」の独特の風味とともによみがえる。

オールデジタル版にはこうした苦労がまったくない……と安心していたら、ライブストリーミングやカンファレンスを追うには、リアル版に準じたプレス申請が必要なことが判明した。慌てて申し込んだら先方のクリスマス休暇で返答が滞り、万一書類に不備があったらアクセスできないのでは、と肝を冷やした。

オールデジタル版となった「CES 2021」で。「MBUXハイパースクリーン」を解説するメルセデス・ベンツのサジャド・カーンCTO。
オールデジタル版となった「CES 2021」で。「MBUXハイパースクリーン」を解説するメルセデス・ベンツのサジャド・カーンCTO。拡大
開会に先立つ形で、ゼネラルモーターズは、1964年以来となる新しい企業ロゴを発表した。
開会に先立つ形で、ゼネラルモーターズは、1964年以来となる新しい企業ロゴを発表した。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。20年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事