第691回:【Movie】いきなり登録ナンバーワン! 新型「フィアット500」に乗ってみた

2021.01.28 マッキナ あらモーダ!

ほっこりとした未来感

電気自動車(EV)である新型「フィアット500」が、イタリアにおける2020年12月のEV登録台数で1位(1549台)となった。2位「ルノーZOE」の1153台、3位「テスラ・モデル3」の851台を大きくしのいだ形である(データは「UNRAE」調べ)。

第689回に登場した、地元フィアット販売店に勤務するセールスパーソン歴38年のフランチェスコ氏から「試乗車の準備ができた」との知らせを受けた。

用意されていたのは、カブリオの中間グレード「アイコン」だった。

当日はあいにくの雨。ルーフを開けることはできずじまいだった。

せっかくのEVならではの静寂な室内も、ワイパーの作動音や曇りよけに奮闘するエアコンの送風音のほうが耳についてしまう。

さらに、第689回で紹介した例の歩行者向けオリジナル警告音を楽しみにしていたのだが、サービス工場でのプログラミングが未設定だったために聴くことができなかった。

音に関してもうひとつ言えば、フランチェスコ氏が出庫&入庫しているときに外で聞こえたモーター音が一番カッコよかったかもしれない。

それでも、新型コロナの感染拡大による州外移動制限により、メーカー保有のメディア向け試乗車を借りる機会を逃してしまった筆者としては、ありがたいチャンスである。

試乗コースは、筆者が過去二十数年にわたり、自分のクルマや知人のクルマで数え切れぬほど往来している街道や県道、そしてスーペルストラーダ(自動車専用道路)にしてもらった。ここを運転すると新型500の素性が最もわかりやすいと思ったからだ。

スペックを見ると、最高出力でも0-100km/h加速でも、同じシティーユースを目指したEVである「スマートEQ」を上回る。

だが体感的には、スマートEQのような、やんちゃともいえる“かっ飛び感”はほぼ感じられなかった。これまでのフィアットらしくない遮音性能およびボディー剛性の高さ――実際、従来型から全体の90%の部品が新しくなっているーーと上質なインテリアが貢献しているところが大きい。

歴代500のデザイン言語を忠実に再解釈したエクステリアおよびインテリアも、乗る人に安心感を与える。

あまりに“500”なためだろう。新型にもかかわらず、歩行者がほとんど振り向かない。ようやく気がついたのはギーク系の若者だけだった。

新型500は、ユーザーをEV生活にさりげなく移行させられる可能性を備えている。

従来の「俺、EVに乗ってるぞ」といった気負いがない、ほっこりとした未来感。

この粋な趣旨に賛同する人には、まさに「この指止まれ」的なクルマである。
【大矢アキオが新型フィアット500に試乗】
 


(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真と動画=大矢麻里<Mari OYA>、Akio Lorenzo OYA/編集=藤沢 勝)

新型「フィアット500カブリオ」。シエナで2020年1月に撮影。
新型「フィアット500カブリオ」。シエナで2020年1月に撮影。拡大
シエナのフィアット販売店「スコッティ」にてくつろぐ筆者(撮影のためマスクを外しています)。
シエナのフィアット販売店「スコッティ」にてくつろぐ筆者(撮影のためマスクを外しています)。拡大
第689回で紹介したショールームの展示車が最上級の「ラ・プリマ」だったのに対して、試乗車はひとつ下となる「アイコン」であった。シートはファブリック。
第689回で紹介したショールームの展示車が最上級の「ラ・プリマ」だったのに対して、試乗車はひとつ下となる「アイコン」であった。シートはファブリック。拡大
最新のEVでありながら、「フィアット500」のデザインランゲージを忠実に守っていることがわかる。
最新のEVでありながら、「フィアット500」のデザインランゲージを忠実に守っていることがわかる。拡大
EVであること以上に、ボディー剛性の高さや優れたステアリングフィールなどのさまざまなファクターが、新次元のフィアットであることを感じさせる。
EVであること以上に、ボディー剛性の高さや優れたステアリングフィールなどのさまざまなファクターが、新次元のフィアットであることを感じさせる。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
ホームへ戻る