第696回:イタリアにEV専用フィアット系ディーラーが誕生 大矢アキオが電撃訪問!

2021.03.04 マッキナ あらモーダ!

その名は「eビレッジ」

今回は、フィアットの都にオープンした新たなショールームと、イタリアの自動車販売店の立地事情についてお話ししよう。

2021年2月末、出張でトリノに赴いたときのこと。2020年12月に開店した新しい商業施設「Green Pea(グリーンピー)」を訪ねてみることにした。

その施設を知ったのは、2021年1月に開催されたイタリアのメンズファッション見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」のフルデジタル版イベントがきっかけであった。複数のブランドがここに新規出店したことをアピールしていた。中にはライブ中継を行ったヘルノのようなブランドもあった。

それに加えて、投宿先が施設の真裏だったことから、筆者はこの新しいスポットをひと目見ようと思い立ったのである。

場所は、フィアット旧工場を活用したビジネス&ショッピングモールのリンゴットと、道を挟んだ真隣だ。

建物は5階建てで総床面積は1万5000平方メートル。「エコ・リテールパーク」のサブネームが示すとおり、昨今のキーワードであるサステイナビリティー(持続可能性)を意識した約100ブランドが展開されている。運営母体は、日本でも食品マーケットを展開しているイータリーの関係会社である。

1階には「e-Village(eビレッジ)」のサインが煌々(こうこう)と浮かび上がっている。そしてウィンドウの中には、例の電気自動車(EV)、新型「フィアット500」がディスプレイされていた。

FCA(現ステランティス)がグリーンピーのオープンに合わせて開設した、持続可能性モビリティー特化型のショールームであることがすぐに判明した。

イタリア・トリノの新商業施設、グリーンピーの1階にあるステランティスのショールーム「eビレッジ」。
イタリア・トリノの新商業施設、グリーンピーの1階にあるステランティスのショールーム「eビレッジ」。拡大
グリーンピーの外観。館内にはエコ・サステイナブルをアピールするブランドのテナントが約100軒入っている。
グリーンピーの外観。館内にはエコ・サステイナブルをアピールするブランドのテナントが約100軒入っている。拡大
ゼニアやヘルノ、ブルネロ クチネリなどのハイブランドが軒を連ねる最上階の様子。
ゼニアやヘルノ、ブルネロ クチネリなどのハイブランドが軒を連ねる最上階の様子。拡大
スカブデザインによる100%リサイクル素材でつくられたチェア。セール価格で45ユーロ(約5800円)だった。
スカブデザインによる100%リサイクル素材でつくられたチェア。セール価格で45ユーロ(約5800円)だった。拡大
「eビレッジ」の主役は新型「フィアット500」。3車型、計6台が展示されていた。
「eビレッジ」の主役は新型「フィアット500」。3車型、計6台が展示されていた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

フィアット の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事