第695回:欧州カーシェアリングの切ない傷跡 ピニンファリーナのブルーカーにささげる言葉

2021.02.25 マッキナ あらモーダ!

トリノでの再会

本連載で筆者が数回にわたってリポート(第679回第689回第691回)した電気自動車(EV)の新型「フィアット500」の、イタリアにおけるカーシェアリングへの大量導入が始まった。

サービス名は「リーシスゴー!」だ。FCA系リース会社のリーシスによる運営で、第1弾として2021年1月にトリノで開始された。

年内にはミラノとローマでもサービスが始まる。導入される新型500は1000台以上と計画されている。

イタリアでは10人に9人のドライバーが電動車に関心があるという(2020年11月のアレテによる調査)。ハイブリッド車なども含まれた数字だが、まずはカーシェアで新型500を試すユーザーも少なからずいるのではないか? と筆者は読む。

いっぽう今回の話は、欧州におけるカーシェアの先駆けに、意外な場所で出くわしたところから始まる。

2020年秋、筆者が特急「イタロ号」をトリノのポルタ・スーザ駅で降りた時のことだ。

この駅は2006年のトリノ冬季五輪を契機に大改築が行われた(完成したのは2011年だったが)。特急が停車するようになった駅舎はモダンすぎて、地下ホームから階段を上るうちに方向感覚が失われる。そのうえ、地上の風景も東西が限りなく対称である。何度降りても、西口か東口かが即座に分からない。

駅舎を出て迷ううち、道端に並んでたたずむシェアリング自動車に目を奪われた。かつてパリのカーシェアで使われていた「Bluecar(ブルーカー)」の同型車である。なぜ今トリノの地にあるのだろう。

トリノのポルタ・スーザ駅前の充電ポールにたたずむカーシェア用EV「ブルーカー」。2020年9月に筆者撮影。
トリノのポルタ・スーザ駅前の充電ポールにたたずむカーシェア用EV「ブルーカー」。2020年9月に筆者撮影。拡大
リーシスがまずはトリノでサービスを開始した新型「フィアット500」のシェアサービス「リーシスゴー!」。
リーシスがまずはトリノでサービスを開始した新型「フィアット500」のシェアサービス「リーシスゴー!」。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事