投資額は3ケタ兆円!? 過熱する「カーボンニュートラル」競争と日本の自動車産業がとるべき道

2021.03.22 デイリーコラム

日本が目指す「カーボンニュートラル」ってなに?

カーボンニュートラル、カーボンフリー、カーボンポジティブ、カーボンオフセット、カーボンクレジット、カーボンタックス、カーボンフットプリント、カーボンディスクロージャー、カーボンプライシング、カーボンマーケットなどなど。

これらはすべて環境問題と関連する単語だが、いくつ分かるだろうか。聞いたことがあるけれど意味が分からない単語や、初めて見る単語もあるかもしれない。これらのなかでは「カーボンニュートラル」はまだ認知度が高いほうだろうが、今あらためて、その意味を押さえておきたい。

昨2020年10月、菅 義偉内閣総理大臣は「2050年のカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と宣言。このときカーボンニュートラルは「温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」ことだと説明された。

人間が生きていくうえで二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出をゼロにはできないが、森林などによる吸収量と排出量が釣り合えば、相殺されて“排出量ゼロ”とみなせる。これがカーボンニュートラルの考え方だ。

ちなみに、ひところよく耳にした「カーボンオフセット」は、このCO2相殺のための行為や手段、取り組みを指す。「温室効果ガス排出量の全量が相殺された状態」を示すカーボンニュートラルという言葉は、ときに“オフセットの深化版”といった意味合いとしても用いられる。

2020年12月に行われたカーボンニュートラル・全国フォーラムにおいて発言する、菅 義偉内閣総理大臣。(写真:首相官邸ホームページ)
2020年12月に行われたカーボンニュートラル・全国フォーラムにおいて発言する、菅 義偉内閣総理大臣。(写真:首相官邸ホームページ)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事