第699回:軽トラから「メルセデス・ベンツCクラス」まで 大矢アキオの「代車でGO!」

2021.03.25 マッキナ あらモーダ!

代車は最高のアイキャッチ

少し前からわが街シエナのルノー販売店が、店の前に社有車をずらっと縦列駐車するようになった。

店名ロゴ入りであるうえ、隣には地元出身の元F1パイロットゆかりの喫茶店「ナニーニ」があるから、多くの人々の目に留まる。

それらのクルマをよく見ると「Vettura sostitutiva gratuita」と記してある。日本語に訳せば「無料の代車」だ。

早速販売店の経営者一族で、第547回にも登場した横丁のジェントルマンドライバー、ルイージ・カザーリ氏に聞いてみる。

彼は「代車は半年ごとに入れ替えているよ」と教えてくれた。そして「今や全車が電動化車両だ」と誇らしげに語る。

確かに彼らの最新の代車である「トゥインゴ」は、電気自動車版の「エレクトリック」である。

代車として渡す場合にはチャージ方法や場所の説明が必要ではないだろうか。自宅に電気自動車の充電設備を備えている人は、まだまれである。

それに対してカザーリ氏は「もちろんひと通り説明する。加えて、車内のインフォテインメント用ディスプレイには充電ステーションの場所が表示される」と答える。

考えてみればトゥインゴ エレクトリックの満充電からの航続可能距離は190km(WLTP混合モード)である。ひと晩くらいだったら、借りている期間に再チャージが必要な人は少ないと思われる。

ともあれ代車は、最新のEVを試してもらうのに絶好のチャンスである。なかなかうまいストラテジーだ。

それにちなんで、今回は代車についてのあれこれをお話ししよう。

シエナのルノー販売店であるパンパローニにて。代車用に導入された「ルノー・トゥインゴ エレクトリック」。2021年3月撮影。
シエナのルノー販売店であるパンパローニにて。代車用に導入された「ルノー・トゥインゴ エレクトリック」。2021年3月撮影。拡大
同じルノー販売店で。2020年5月に撮影。
同じルノー販売店で。2020年5月に撮影。拡大
ルイージ・カザーリ氏は、今も初代「アルピーヌA110」を駆ってヒストリックカー競技に出場する。
ルイージ・カザーリ氏は、今も初代「アルピーヌA110」を駆ってヒストリックカー競技に出場する。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事