クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第204回:ありがとうお金持ち

2021.04.12 カーマニア人間国宝への道

中央道で遭遇した謎のSUV

担当サクライ君よりメールが入った。「今度『アウディRS Q8』を用意できますが、ご興味ありますか?」

正直言うと、ない。私は基本的にSUVに興味がない。なにせオフロード趣味が皆無だし、速く走るためにわざわざ車高と重心を上げ、車体を重くして空気抵抗をデカくする必要などあるはずがない。RS Q8についての知識もゼロだ。

「SUVなど無くてよし!」

そう言ってしまいたい気持ちすらあるが、しかし人間、興味がないものに触れる必要もあるだろう。「わーい、よろしくね」と返信した。

当日。私は中央道方面での取材を終え、愛車のエリート特急(先代「BMW 320d」)で一路杉並区を目指していたが、相模湖付近で不審なクルマを発見した。

(あれ、何だろう)

よーく見ると、その全体に丸みを帯びたエレガントなシルエットは、「アウディQ8」のような気がした。Q8は現在のアウディで最もデザイン的にイケていると認識していたが、その割に実車のデザインをちゃんと記憶していなかったのはうかつである。

私はその謎のSUVを凝視し、「たぶんQ8」と確認しつつ抜き去った。その晩、RS Q8に試乗することは完全に忘れていた。

約6時間後。担当サクライ君がでっかいSUVでわが家にやってきた。

「あ! このクルマは!」

ナンバーに見覚えがある。昼間、中央道を走っていた謎のSUVそのものだった。

今回はアウディのスーパーSUV「RS Q8」で夜の首都高に出撃。なんとこのクルマ、当日の昼に中央道でたまたま目撃した個体そのものだった。実に奇遇である。
今回はアウディのスーパーSUV「RS Q8」で夜の首都高に出撃。なんとこのクルマ、当日の昼に中央道でたまたま目撃した個体そのものだった。実に奇遇である。拡大
2020年11月に日本導入が発表された「RS Q8」。クーペスタイルのSUV「Q8」をベースに、アウディの高性能モデルを手がける子会社、アウディスポーツが開発を担当した。
2020年11月に日本導入が発表された「RS Q8」。クーペスタイルのSUV「Q8」をベースに、アウディの高性能モデルを手がける子会社、アウディスポーツが開発を担当した。拡大
「RS Q8」には、搭載カメラの映像情報を元に、走行状況に合わせ配光を制御する「HDマトリクスLEDヘッドライト」が装備される。点灯時の“夜の顔”も特徴的で、なかなかイケメンである。
「RS Q8」には、搭載カメラの映像情報を元に、走行状況に合わせ配光を制御する「HDマトリクスLEDヘッドライト」が装備される。点灯時の“夜の顔”も特徴的で、なかなかイケメンである。拡大
ヘッドランプと対になるテールランプデザインが採用された「RS Q8」。点灯時には左右がライトストリップでつながる。
ヘッドランプと対になるテールランプデザインが採用された「RS Q8」。点灯時には左右がライトストリップでつながる。拡大

いったい誰が買うんだろう?

オレ:これで今日の昼間、中央道を走ってたでしょ!
サクライ:えー、僕じゃないです。ほったですね。

なんと! webCG編集部のほった君が運転していたのかあ~~~~~! まさに奇遇。

急にRS Q8に親近感を覚えた私だったが、だからといって相変わらず知識はゼロ。そのまま永福ランプから首都高に乗り入れた。

「コンフォート」モードで走っている限り、アウディの高性能シリーズ「RS」と聞いて想像する荒々しさは特に感じないし、乗り心地もかなりいい。逆に言うとあまり刺さる部分もない。

オレ:これ、いくら?
サクライ:えーと、1869万円です。
オレ:こういうの、誰が買うんだろうね。まぁお金持ちだろうけど。
サクライ:謎ですね。
オレ:webCGは、こういうクルマをしょっちゅう取り上げてるけど、どういう人が読んでるの?
サクライ:肌感覚ですが、実際に欲しいと思っている人と、新しいクルマやすごいクルマをちゃんと知りたいという情報感度の高い人というイメージですかね。でも実像はさっぱり見えません。

私にもさっぱり見えない。そんなオッサン2名が乗る超高価なスーパーSUV。まさにブタに真珠だ。アウディのエンジニアが見たら泣くだろう。

「アウディRS Q8」のボディーサイズは全長×全幅×全高=5010×2000×1700mm、ホイールベースは2995mm。車重は2410kgと発表されている。実車はかなりのボリューム感である。
「アウディRS Q8」のボディーサイズは全長×全幅×全高=5010×2000×1700mm、ホイールベースは2995mm。車重は2410kgと発表されている。実車はかなりのボリューム感である。拡大
グロスブラック仕上げのフロントグリルに備わる「RS Q8」のエンブレム。試乗車はオプションの「カーボン/グロスブラックスタイリングパッケージ」が選択されており、イケメンぶりに磨きがかかっていた。
グロスブラック仕上げのフロントグリルに備わる「RS Q8」のエンブレム。試乗車はオプションの「カーボン/グロスブラックスタイリングパッケージ」が選択されており、イケメンぶりに磨きがかかっていた。拡大
インテリアデザインは、ベースとなる「Q8」に準じたもの。10.1インチと8.6インチのタッチディスプレイをセンターコンソールの上下に配置する最新のインフォテインメントシステムが目を引く。
インテリアデザインは、ベースとなる「Q8」に準じたもの。10.1インチと8.6インチのタッチディスプレイをセンターコンソールの上下に配置する最新のインフォテインメントシステムが目を引く。拡大
レインボーブリッジ経由でいつものように首都高9号線の辰巳PAに向かう「RS Q8」のオッサン2人。緊急事態宣言解除後、首都高にもクルマが戻ってきたように感じる。
レインボーブリッジ経由でいつものように首都高9号線の辰巳PAに向かう「RS Q8」のオッサン2人。緊急事態宣言解除後、首都高にもクルマが戻ってきたように感じる。拡大

RS Q8の購入を真剣に検討した青年

そうこうしているうちに、われらのスーパーSUVは辰巳PAに到着した。

相変わらずカーマニアが大集結している。今晩は特にスーパースポーツ系が多い。微妙に緊張しつつ空きスペースにRS Q8を入れる。

「RS Q8じゃん」
「すげぇ」

そのような外野の声が聞こえた。降りるやいなや、声の主に声をかけられた。

青年:すごいっすね。カッコいいっす。
オレ:そ、そう?
青年:これ、高いッスよね。2500マンくらいイキました?
オレ:い、いや、そんなにいかないよ。
青年:僕、マジでこれ買おうかと思ってディーラーまで行ったんスよ。いやーやっぱりいいなあ。「ランボルギーニ・ウルス」より断然いいっす。
オレ:そ、そう! キミは何に乗ってるの?
青年:今日は代車の「ジャガーXJ」なんス。
オレ:そう! カッコいいね! ありがとう!

私が思ったのは、「この青年は何をしている人なのだろう」ということだった。何をしているのかわからないが、お金持ちらしい。そしてRS Q8の購入を真剣に検討したらしい。うおおおおお。まさか「謎」の本人が辰巳に待っているとは……。

「コンフォート」モードを選択し、首都高を流す。まわりに合わせて走る程度であれば、このSUVが600PSを誇る怪物だとは思えないほど快適だ。
「コンフォート」モードを選択し、首都高を流す。まわりに合わせて走る程度であれば、このSUVが600PSを誇る怪物だとは思えないほど快適だ。拡大
今回試乗した「RS Q8」のボディーカラーは「ギャラクシーブルーメタリック」と呼ばれるもの。さすがギャラクシーだけに、辰巳の夜景にシブくマッチしている。
今回試乗した「RS Q8」のボディーカラーは「ギャラクシーブルーメタリック」と呼ばれるもの。さすがギャラクシーだけに、辰巳の夜景にシブくマッチしている。拡大
「RS Q8」の試乗当日夜に訪れた辰巳PAの様子。平日にもかかわらず、スーパースポーツ系のカーマニアが多く見られた。
「RS Q8」の試乗当日夜に訪れた辰巳PAの様子。平日にもかかわらず、スーパースポーツ系のカーマニアが多く見られた。拡大
辰巳PAでギャラリーの注目を浴び、写真に撮られる「RS Q8」。やらせではありません(笑)。まさかこんなに人目を引くとは。
辰巳PAでギャラリーの注目を浴び、写真に撮られる「RS Q8」。やらせではありません(笑)。まさかこんなに人目を引くとは。拡大

まさしくスーパーSUV

われわれは辰巳PAを後にした。

オレ:あの青年、このクルマを見て「ウルスよりいい」って言ってたよ。
サクライ:そうですか。
オレ:このクルマ、エンジン何なの? V8ターボ?
サクライ:えーと、そうですね。4リッターV8ツインターボで600PSです。
オレ:あれ? ひょっとしてウルスと同じエンジンじゃないの!?
サクライ:……そうかもしれません。

サクライ君がスマホで検索すると、まさしくRS Q8はアウディ版ウルスであった。そうだったのか~~~~~! じゃ、走行特性を変えられる「アウディドライブセレクト」を「ダイナミック」モードに入れるとウルスのようにすごいのだろうか。

ダイナミックモード、オン!

その瞬間、クルマが豹変(ひょうへん)した。どう猛なうなりを上げて突進を始めた。こ、これはまさしくウルス!

コーナリングの安定感も激増! 狙ったラインを寸分たがわずトレースできる! そのうえ乗り心地まで良くなった! コンフォートモードよりダイナミックモードのほうが、圧倒的に乗り心地がイイ! そしてとにかく猛烈に速い! すげえええええええええええ~~~~~っ! まさしくスーパーSUV!

オレ:このクルマ、ウルスだったんだね。
サクライ:そのようですね。
オレ:その割に(車両本体価格)1800万円ってメッチャ安いじゃん!
サクライ:安いですね。
オレ:こっちのほうが断然お買い得だね! 見た目も上品でカッコいいし!
サクライ:ですね。

辰巳の青年の言うことは、すべて正しかった。彼に教えられなかったら、大間違いを書くところだった。ありがとうお金持ちの青年よ!

(文=清水草一/写真=清水草一、webCG/編集=櫻井健一)

最高出力600PS、最大トルク800N・mを発生する4リッターV8ツインターボエンジン。48Vマイルドハイブリッドシステムや気筒休止機構を採用するなど燃費にも配慮しつつ、0-100km/h加速3.8秒という動力性能を実現している。
最高出力600PS、最大トルク800N・mを発生する4リッターV8ツインターボエンジン。48Vマイルドハイブリッドシステムや気筒休止機構を採用するなど燃費にも配慮しつつ、0-100km/h加速3.8秒という動力性能を実現している。拡大
センターコンソールパネルの左下に配置されている「アウディドライブセレクト」の切り替えスイッチ。「オート」「コンフォート」「ダイナミック」「インディビジュアル」の4つから走行状況に合わせて任意にモードを選択できる。
センターコンソールパネルの左下に配置されている「アウディドライブセレクト」の切り替えスイッチ。「オート」「コンフォート」「ダイナミック」「インディビジュアル」の4つから走行状況に合わせて任意にモードを選択できる。拡大
「RS」モデル専用の表示機能を備えたデジタルメーター「アウディバーチャルコックピット」。デジタルタコメーターは、かつて父が乗ってた初代「ソアラ」そっくりで涙が出そうになった。
「RS」モデル専用の表示機能を備えたデジタルメーター「アウディバーチャルコックピット」。デジタルタコメーターは、かつて父が乗ってた初代「ソアラ」そっくりで涙が出そうになった。拡大
コンフォートモードよりダイナミックモードのほうが、圧倒的に乗り心地が良く、とにかく猛烈に速い「RS Q8」。夜の首都高は、発見の連続だ。
コンフォートモードよりダイナミックモードのほうが、圧倒的に乗り心地が良く、とにかく猛烈に速い「RS Q8」。夜の首都高は、発見の連続だ。拡大
自宅ガレージで、“俺のナロー”こと「ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ」(左)と「RS Q8」(右)の2ショット。
自宅ガレージで、“俺のナロー”こと「ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ」(左)と「RS Q8」(右)の2ショット。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。