第703回:絵画も音楽も自動車も 進化の原動力は“見せびらかし”だ!

2021.04.22 マッキナ あらモーダ!

マスコットが消滅

今週はクルマを「見せびらかす」という行為について考えてみたい。

その前に、最新の話題から。

2021年4月15日、メルセデス・ベンツの新型電気自動車(EV)「EQS」が発表された。グレードとしては「Sクラス」に相当する最高級EVである。

そのデジタルワールドプレミアを見ながら思い出したのは、1991年登場のメルセデス・ベンツSクラス=W140型である。

その発表後、筆者は当時在籍していた自動車誌『Super CG』の取材で、『カーグラフィック』誌創刊編集長の故・小林彰太郎氏と一緒に、シュトゥットガルトのダイムラー・ベンツ(当時)本社に赴くことになった。

11年にわたって製造された名作W126の後継だっただけに、当初からかなりの期待が寄せられていた。

出発前、編集部の先輩は真剣な顔で「最後のガソリンエンジン搭載Sクラスになるかもしれないから、しっかり取材してくるように」と筆者に告げたものだ。

実際には今回のEQS登場まで、3代(現行型も含めると4代)・30年を要したことになる。

それはともかく、EQSの外観で注目すべきは、Sクラス相当の最高級車でありながら、「スリーポインテッドスター」のマスコットがないことである。

マスコットはラジエーターグリルのふたという当初の役目を終えたあとも、車線の中心を走るための目安という理由で自動車の一番目立つ位置に装着されてきた。

しかし、実際にはメルセデス・ベンツのマスコットは、「見せびらかすためのものであった」と書いて正しいだろう。

レーンキーピングアシストシステムがある今日、車線の中心を走るためなどという説明は、完全に言い訳になってしまった。

そういう筆者自身の思い出を告白すれば、ワーグナーの『ニーベルンクの指環』を聴きながら、実家にあったW124のスリーポインテッドスターに導かれて走るのは、自分が持っていた「フィアット・ウーノ」で走る軽快感とは別次元の悦楽があったものだ。

メルセデス・ベンツのマスコットは、ロールス・ロイスの「スピリット・オブ・エクスタシー」と並び、たとえ自動車に詳しくない人に対しても、それが高級車であると分からせる、強力なアイコンであった。

メーカーもユーザーが見せびらかしに用いることとそのバリューを、十分に意識していたに違いない。だからこそ、1981年のコンセプトカー「アウト2000」で早くもマスコットを取り去ることを試みていたにもかかわらず、今回のEQSに至るまで40年間もそれに踏み切れなかったのである。

メルセデス・ベンツEQS
メルセデス・ベンツEQS拡大
「メルセデス・ベンツEQS」のフロントフードに、もはやマスコットはそびえ立っていない。
「メルセデス・ベンツEQS」のフロントフードに、もはやマスコットはそびえ立っていない。拡大
W140型メルセデス・ベンツSクラス(1991年)
W140型メルセデス・ベンツSクラス(1991年)拡大
メルセデス・ベンツ・アウト2000コンセプト(メルセデス・ベンツ博物館蔵)
メルセデス・ベンツ・アウト2000コンセプト(メルセデス・ベンツ博物館蔵)拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事