「マツダ3」と「マツダCX-30」の「eスカイアクティブX」搭載車の排ガス性能と燃費性能が進化

2021.04.26 自動車ニュース
マツダ3 X Lパッケージ(FF車)
マツダ3 X Lパッケージ(FF車)拡大

マツダは2021年4月26日、「マツダ3」および「CX-30」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

CX-30 X Lパッケージ(FF車)
CX-30 X Lパッケージ(FF車)拡大

今回はマツダ3およびCX-30の新世代ガソリンエンジン「eスカイアクティブX」搭載車の排ガス性能と燃費性能を改善。マツダ3はeスカイアクティブXを搭載した「セダン」と「ファストバック」のFF/6段AT車とファストバックのFF/6段MT車(サンルーフ付き仕様)が、CX-30はeスカイアクティブX搭載全車が2030年度燃費基準における減税対象となっている。

また、CX-30は全モデルでフロントとリアのダンパー特性見直しを実施。荒れた路面を走行した時のサスペンションの動きを滑らかにし、より自然で穏やかな乗り心地に改善したという。

価格はeスカイアクティブXを搭載したマツダ3ファストバックが319万8148円~368万8463円で、マツダ3セダンが319万8148円~361万6963円。CX-30は239万2500円~371万3600円。

(webCG)

関連キーワード:
マツダ3セダン, マツダ3ファストバック, CX-30, マツダ, 自動車ニュース