ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(後編)

2021.05.09 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ルノー・トゥインゴ」に試乗。前編では内装のつくりを絶賛した山野だったが、話題はいよいよ走りの印象におよぶ。「ハンドリングがそっくり」と語る意外な車名とは!?

絶妙なシフトプログラム

897ccの直列3気筒ターボをリアに積むルノー・トゥインゴ。今では珍しいリアエンジン・リアドライブ(RR)レイアウトを採る。

ステアリングホイールを握ったニッポンのジムカーナマスターにしてSUPER GTのチャンピオンでもあった山野哲也は、プライベートカーの1台として「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ」を所有する。4人乗りと2人乗りという違いこそあるものの、トゥインゴとは基本コンポーネンツを共有するクルマに乗っているわけだ。

最高出力109PSのスマートBRABUSと比較して、今回のトゥインゴは92PS。最大トルクは過給器の助力を得て、2500rpmで135N・mを発生する。

「低回転域でのトルクは控えめですね」と山野哲也が感想を述べる。「踏み始めのアウトプットの出方も、少々ダルです」。なんだかネガティブなコメントに感じられるが、そうではなかった。

「これくらいが街なかで使うのにちょうどいいんです。例えば水道のハンドルをひねったりシャワーを使ったりするときに、いきなり『ドバッ!』と水やお湯が出てきたらイヤでしょう? スロットル操作に対して過敏すぎないよう、クルマのキャラクターを考えて、巧みに調整されています」

パワー感はどうですか?

 
ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(後編)の画像拡大
 
ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(後編)の画像拡大
 
ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(後編)の画像拡大
 
ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • 第208回:ルノーはフツーだ! 2021.6.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。3カ月前に購入した“俺のナロー”こと愛車「トゥインゴ」は、RR車らしい走りが味わえると思いきや、実はこれが意外とフツー。しかしそのフツーっぽさが、フランス車の中にあってのルノーの持ち味なのだと有識者は言うのだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • 「メガーヌ アルピーヌ」が誕生!? ルノーの新戦略で人気の高性能モデルはどうなる? 2021.6.11 デイリーコラム これまでルノースポールが担ってきた事業を、同じグループ・ルノーのアルピーヌが受け継ぐことに。その変化は、これまで「R.S.」の名で親しまれてきた高性能モデルにどんな影響をおよぼすのか? 事情通がリポートする。
ホームへ戻る