電気自動車でも天下をとれる!? トヨタの確たるBEV戦略とは?

2021.05.07 デイリーコラム

BEVがいよいよ主役の座に

去る2021年4月下旬に開催された上海モーターショーは、案の定と申しましょうか、電動化車両、とりわけ電気自動車(BEV)のワールドプレミア祭りの様相でした。メルセデスの「EQS」やBMWの「iX」、アウディは「A6 e-tronコンセプト」と、ドイツ御三家はBEV専用の次世代アーキテクチャーを使ったモデルをそろってお披露目。他にもフォルクスワーゲンは「ID.6」、ゼネラルモーターズはキャデラックの「リリック」と、主要メーカーは軒並みBEVがショーの華です。

そんななか、ちまたではBEV消極派の烙印(らくいん)を押されているトヨタは、新たなBEVのコンセプトカーを披露し、クルマの電動化への取り組みを具体的データとともに説明しました。これ、新聞やテレビなどの一般メディアではほとんどフォローされていないのがお気の毒なので、一応ここで触れておきますと……。

  • 初代「プリウス」発売以来、これまでトヨタが販売した電動化車両は1700万台を超えており、2020年については約195万台、全トヨタ車の約4分の1がそれにあたる。
  • CO2排出抑制効果は累計約1億4000万tにあたり、2010年から2019年の間でみても、新車ベースで約22%のCO2を削減した。
  • 2020年末現在、乗用車・商用車合わせハイブリッド車45車種・プラグインハイブリッド車4車種・BEV4車種・燃料電池車2車種の計55車種の電動車をラインナップしている。

……とまぁ、こんな感じです。「約1億4000万t」が全然ピンときませんが、日本では国民1人あたりの年間CO2排出量が9t余りといわれてますから、単純計算でざっと1400万人強、つまり「東京都民が1年間カーボンフリーで生活できるぶん」以上のCO2排出抑制を果たしたということになるでしょうか。トヨタを褒めても仕事した気にならない、そしてディスるとウケがいいとお思いのマスコミさんも、自動車メーカーとしては圧倒的なこの実績はきちんと評価すべきでしょう。そして、この実績を前提にさらなるCO2削減に取り組んでいることと、妄信的なBEV化が整合しないということにも思いを巡らすべきかと思います。

高級セダンの代名詞的存在である「Sクラス」に相当する、メルセデス・ベンツの新型BEV「EQS」。広々としたキャビンと短い前後オーバーハングが特徴となっている。
高級セダンの代名詞的存在である「Sクラス」に相当する、メルセデス・ベンツの新型BEV「EQS」。広々としたキャビンと短い前後オーバーハングが特徴となっている。拡大
キャデラックの新型BEV「リリック」は2021年4月22日にデビュー。300マイル(約483km)の航続距離やハイウェイなどにおける完全ハンズフリーの運転支援システムなどがセリングポイントだ。
キャデラックの新型BEV「リリック」は2021年4月22日にデビュー。300マイル(約483km)の航続距離やハイウェイなどにおける完全ハンズフリーの運転支援システムなどがセリングポイントだ。拡大
トヨタが上海モーターショーに出展した「bZ4X」。スバルと共同開発したSUVタイプの新型BEVで、2022年の年央までにグローバルで発売される見通し。
トヨタが上海モーターショーに出展した「bZ4X」。スバルと共同開発したSUVタイプの新型BEVで、2022年の年央までにグローバルで発売される見通し。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事