第648回:「スズキ・ジムニー」と茶の世界が融合 京都の職人が手がけた“和のビスポーク”の世界

2021.05.08 エディターから一言
キワコトが手がけた「スズキ・ジムニー」のビスポークカー。
キワコトが手がけた「スズキ・ジムニー」のビスポークカー。拡大

テールゲートの向こう側に、茶室の水屋を再現。「スズキ・ジムニー」のビスポークカーに込められたこだわりと、それを実現した職人の技を通し、京都の伝統工芸がかなえる“和のビスポーク”の魅力と可能性を探る。

Kiwakoto(キワコト)とは、京都のA・STORYが展開する、伝統工芸を軸にプロダクトを企画開発・製造・販売するブランドであり、クルマのビスポークも手がけている。
Kiwakoto(キワコト)とは、京都のA・STORYが展開する、伝統工芸を軸にプロダクトを企画開発・製造・販売するブランドであり、クルマのビスポークも手がけている。拡大
西陣織や、引箔(ひきはく)、漆、螺鈿(らでん)などの装飾が用いられた「メルセデス・マイバッハSクラス」。
西陣織や、引箔(ひきはく)、漆、螺鈿(らでん)などの装飾が用いられた「メルセデス・マイバッハSクラス」。拡大
「BMW 740e」のドアミラー。漆塗りを施したうえで、蒔絵(まきえ)と螺鈿で桜を描いている。
「BMW 740e」のドアミラー。漆塗りを施したうえで、蒔絵(まきえ)と螺鈿で桜を描いている。拡大
BMWジャパンが販売した、わずか3台のリミテッドモデル「8シリーズ グランクーペ 京都エディション」も、キワコトが製造をサポートした。
BMWジャパンが販売した、わずか3台のリミテッドモデル「8シリーズ グランクーペ 京都エディション」も、キワコトが製造をサポートした。拡大
「ジムニー」のビスポークカーは、外観はほぼノーマルだが、テールゲートを開けると“お茶”の世界が広がっている。
「ジムニー」のビスポークカーは、外観はほぼノーマルだが、テールゲートを開けると“お茶”の世界が広がっている。拡大

クルマと伝統工芸の融合

ロールス・ロイスから発せられるプレスリリースには、しばしば同社のビスポーク部門が手がけたワンオフモデルの紹介がある。ロールス・ロイスの販売する車両は基本的にはすべてビスポーク、“つるし”のものは一切なしというビジネスだが、世界の顧客から受けた注文のなかでもとりわけ独自性の高い、幾人ものスペシャリストが携わって出来上がった渾身(こんしん)の一台には特別な呼称が与えられ、オフィシャルにアナウンスされるわけだ。

直近では起業家の前澤友作氏がオーダーしたという「ファントム オリベ」がそれにあたる。織部焼の青織部の緑をモチーフとしたボディーカラーや、内装の一部を、ロールスとのコラボレーションはこれが初となるエルメスが手がけたことなどが話題となった。当然、発注主からの許可を得たうえでのリリースとはなるものの、ロールス・ロイスの正式発表を受けたクルマという価値はプライスレスなわけで、顧客的にも思わぬプレゼントとなるだろう。

そんなファントム オリベと同時期に、京都発でリリースが出された緑色のビスポークカーが、このスズキ・ジムニーである。とはいえ、じっくり見つめてもボディーは純正色の「ジャングルグリーン」そのものだ。それもそのはずで、このクルマ、職人仕事のほとんどは内側に施されている。

手がけたのは、京都を中心に国内外メーカーの正規ディーラーネットワークを運営するマツシマホールディングスの子会社、A・STORY(ア・ストーリー)だ。彼らは顧客の要望と京都を中心とした工芸職人の技を結び、さまざまな工芸品を一点物であつらえるKiwakoto(キワコト)という事業を展開している。格別であるさまを表す古語「際殊(きわこと)」にあやかったものだ。

そのなかには、出自を生かした自動車の架装も含まれていて、顧客の要望に沿ってBMWやメルセデス・ベンツ、MINI、ポルシェなどに、独自の施しを加えてきた。また昨年(2020年)8月にBMWジャパンが発売した「8シリーズ グランクーペ 京都エディション」の製造サポートも行っている。

スズキ ジムニー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)/ジムニーシエラJC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.8.3 試乗記 誕生から48年を迎えた小さなクロカンモデル「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。20年ぶりのモデルチェンジで登場した4代目では、何が変わり、何が受け継がれたのか。ジムニーの“ホーム”であるオフロードと、オンロードの両方で試乗し、その実力を確かめた。
  • スズキ・ジムニー『動く茶室』(Kiwakoto CRAFT-CAR) 2021.5.8 画像・写真 放送作家・脚本家である小山薫堂氏の要望を受け、Kiwakoto(キワコト)が京都の工芸職人とともにつくり上げた「スズキ・ジムニー」のビスポークカー。“動く茶室”となったジムニーの姿を、匠(たくみ)の技がやどるディテールとともに紹介する。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
ホームへ戻る