第705回:どうしてモーターショーがなくなったのか? イタリアのケースを大矢アキオが語る

2021.05.13 マッキナ あらモーダ!

強行突破の思い出

読者諸兄姉もご存じのとおり、日本自動車工業会は2021年4月22日、秋に予定していた東京モーターショー2021の中止を発表した。

同会の豊田章男会長は、「次回は、さらに進化した『東京モビリティーショー』としてお届けしたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします」とのコメントを発表した。

日本国内でかなりの話題となったことは、「知ってますか?」という親切なSNSメッセージの発信元が、日ごろは自動車に関心がない音大の後輩であったことからも察することができた。

そこで今回は、“モーターショーがない社会”とはどういうものかについて、先例であるイタリアの場合を説明しながら描写していきたい。

その前に、筆者自身の追想を少々。

東京モーターショーが中止されるのは、1954年に第1回が開催されて以来、初めてのことだ。

かつても記したように、幼少時代のわが家にとって、東京・晴海ふ頭(当時)で開催されていた東京モーターショーは、毎年恒例(1973年までは毎年開催)のレクリエーションだった。

さらにさかのぼれば、亡母は筆者を産む以前、日比谷公園で開催された第1回全日本自動車ショウ以来の常連であった。そのため家には、例の「車輪を押す人類」が付いた記念スプーンや、今よりふたまわりほど判型が小さかった『自動車ガイドブック』が転がっていたものだ。

中学生になると筆者は1人で行くようになった。しかし、一般公開日のあまりの混雑にへきえきした。

そのため、大学生だった1980年代中盤に、関係者向けの公開日に入れてもらうことを画策した。

最初にコンタクトしたのは、両親が知っていた某輸入車インポーターの名物広報部長だった。だが結局、彼によるサポートはなしのつぶてで終わってしまった。

こうなったら強行突破である。時効ということで告白すれば、どさくさにまぎれて通用口からの入場に成功した。昼食帰りの関係者、具体的にはいすゞ自動車のスタッフの群れにまぎれたのである。実年齢よりもおっさんっぽい風貌だったことが功を奏したと思われる。会場内では、当時人気作家だった田中康夫氏を見つけてサインを求めたところ、取材中にもかかわらず快諾してくれたのを覚えている

自動車雑誌『NAVI』のスタッフにも会うことができた。まさか3年ちょっと後に、彼らと部署は違っても同じ会社で働くことになるとは、夢にも思わなかった。

東京モーターショー中止の報道によって、かくもさまざまな記憶が走馬灯のように駆け巡った。

東京モーターショー2009で。企画展にディスプレイされた初代「ホンダ・アコードCVCC」(1976年)。
東京モーターショー2009で。企画展にディスプレイされた初代「ホンダ・アコードCVCC」(1976年)。拡大
同じく2009年の東京ショーで。軽自動車のコンセプトカーは、海外プレス陣にとって格好の取材対象だった。
同じく2009年の東京ショーで。軽自動車のコンセプトカーは、海外プレス陣にとって格好の取材対象だった。拡大
東京ショーの非開催年も、ファンの関心を絶やさないようさまざまな企画が実施された。これは2008年に横浜で開催された東京モーターウィーク。
東京ショーの非開催年も、ファンの関心を絶やさないようさまざまな企画が実施された。これは2008年に横浜で開催された東京モーターウィーク。拡大
最新技術を分かりやすく説明してくれるという観点からは、東京ショーは世界でも第一級の催しだった。これは2013年、デンソーのブースにて。
最新技術を分かりやすく説明してくれるという観点からは、東京ショーは世界でも第一級の催しだった。これは2013年、デンソーのブースにて。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事