トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(後編)

2021.05.20 谷口信輝の新車試乗 2020年9月の発売以来、クルマ好きの視線を集めてきた「トヨタGRヤリス」。その走りにおいて、真に評価すべきポイントとは何か? あまたの高性能モデルを知るレーシングドライバー谷口信輝は、こう考える。

極めて例外的なトヨタ車

「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”」を箱根のワインディングロードで走らせながら、「ターゲット層を絞ったから、ここまで硬い足まわりにできた」と語った谷口信輝は、そのサスペンションについて「社外品のダンパーとかスプリングとかが最初っから入っているくらいの硬さ」と表現。さらに「これまでに3台が登場したGR専用モデルのなかでも、これはGRヤリスだけの特徴だと思います」と指摘してみせた。GRヤリスにあって、同じGR専用モデルである「86」や「スープラ」にないものとは何なのか。谷口に解説してもらった。
「スープラって、やっぱり走りの味のなかでBMWが占める割合がかなり大きいと思うんですよ。で、86はいかにもトヨタ的だけれど、足まわりにはわざとチューニングする余地を残してあって、『どうぞ、お好きにいじってください』と言われているような気になっちゃう。ところがGRヤリスは、何も手を加えなくても十分に走りが楽しめる仕上がりになっている。これはGR3兄弟のなかでも、GRヤリスだけの特徴だと思います」

つまり、GRヤリスはそれだけ完成度が高いということ。これまで多くのスポーツモデルに対して改良の余地があることを指摘してきた谷口にしてみれば、これはGRヤリスをかなり高く評価している表れとみて間違いないだろう。
「エンジンもノーマルのままで十分パワフルですよね。この加速感、普通の人にしたらなかなか刺激的だと思いますよ。かなりのパンチです」

そう言うと、谷口はGRヤリスでコーナーを攻めていった。
「電子制御系も賢いですよね。例えばハードコーナリング中にギャップに乗り上げても、トラクションコントロールの介入は最小限で、必要以上に長く利き続けたりはしない。この辺は、明らかにほかのトヨタ車とは異なっていますよね」

続いて谷口は、GRヤリスに用いられたテクノロジーのなかでもとりわけ特徴的なアクティブトルクスプリット4WDシステムについて語り始めた。

 
トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(後編)の画像拡大
 
トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(後編)の画像拡大
 
トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(後編)の画像拡大
 
トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る