「GTA」に「クアドリフォリオ」 アルファ・ロメオのモデル名に宿る伝統と走りへの情熱

2021.05.14 デイリーコラム

性能にこだわりレースに情熱を燃やす

クルマ好きにとって思い入れが深いイタリア車のひとつであるアルファ・ロメオは、昨年(2020年)創業110周年を迎えた。コロナ禍ということもあって大きなイベントなどは催されなかったが、世界中の“アルフィスタ”に向け、特別な一台が用意された。それが復活を遂げた「ジュリアGTA」である。日本でも、2021年4月から5月にかけて期間限定受注を実施。約2100万円という価格には驚かされたが、きっと日本からもリッチなアルフィスタからオーダーが舞い込んだことだろう。

それはさておき、記念すべき110周年を彩るモデルとして「GTA」というネームにフォーカスしたことは、実にアルファ・ロメオらしいと感じられた。その理由を語るには、このブランドの歴史を振り返る必要がある。

現代のアルファ・ロメオは、コンパクトカーからSUVまで手がける総合自動車ブランドへと発展したが、その原点であるロンバルディア自動車製造有限会社(ALFA)は、1910年の創業より高性能なクルマの開発・製造に傾注し、ときにレースでも活躍をみせる存在だった。1915年にイタリアの実業家のニコラ・ロメオが経営権を獲得したことで、長く愛されることになる“アルファ・ロメオ”の名が生まれると、その名は時のグランプリレースを含むモータースポーツでの活躍とともに高まっていった。つまり、アルファ・ロメオには生粋のスポーツカーブランドの血が流れているのだ。しかし、第2次世界大戦後は経営難により少量生産の高性能スポーツカーメーカーから量産車メーカーへと転身。それでもアルファ・ロメオの走りへの情熱は冷めることはなかった。

このほど復活したGTAも、サーキットに由来するモデルである。起源となるのは、1965年に送り出された「ジュリア スプリントGTA」だ。

日本でも期間限定で受注が行われた「アルファ・ロメオ・ジュリアGTA」。エンジンの高出力化と軽量化、空力性能の向上が図られた、「ジュリア」のハイパフォーマンスモデルだ。
日本でも期間限定で受注が行われた「アルファ・ロメオ・ジュリアGTA」。エンジンの高出力化と軽量化、空力性能の向上が図られた、「ジュリア」のハイパフォーマンスモデルだ。拡大
リアを飾る「Giulia GTA」の文字。アルファ・ロメオにとって“GTA”とは特別なモデル名である。
リアを飾る「Giulia GTA」の文字。アルファ・ロメオにとって“GTA”とは特別なモデル名である。拡大
1910年に登場したアルファ・ロメオ第1号車の「24HP」。同社は創業当初から高性能なクルマづくりを追求。24HPの改良モデルでタルガ・フローリオにも出場している。
1910年に登場したアルファ・ロメオ第1号車の「24HP」。同社は創業当初から高性能なクルマづくりを追求。24HPの改良モデルでタルガ・フローリオにも出場している。拡大
初めて“GTA”の名を冠するモデルとなった「ジュリア スプリントGTA」。
初めて“GTA”の名を冠するモデルとなった「ジュリア スプリントGTA」。拡大
アルファ・ロメオ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事