第649回:「ウルス」も「ウラカン」もモーター搭載!? これがランボルギーニ電動化プランの真相だ!

2021.05.18 エディターから一言
ランボルギーニの主要3モデルを前にたたずむ、同社のステファン・ヴィンケルマンCEO。本人が直接語った、驚きの事業計画とは?
ランボルギーニの主要3モデルを前にたたずむ、同社のステファン・ヴィンケルマンCEO。本人が直接語った、驚きの事業計画とは?拡大

普及型のファミリーカーのみならず、高級サルーンや高性能スポーツカーでも電動化が進む昨今。スーパーカー専業メーカーであるランボルギーニはどう動くのか? 今後の見通しについて、ステファン・ヴィンケルマンCEOに聞いた。

ステファン・ヴィンケルマン氏は、1964年ドイツ・ベルリン生まれ。メルセデス・ベンツやフィアットでの経験を経て、2005年から2016年までアウトモビリ・ランボルギーニの社長兼CEOを務めた。2016年にクワトロ社(現アウディスポーツ)のCEO、2018年にはブガッティ・オートモービルズの社長に就任。2020年12月、再びランボルギーニのトップに返り咲いた。
ステファン・ヴィンケルマン氏は、1964年ドイツ・ベルリン生まれ。メルセデス・ベンツやフィアットでの経験を経て、2005年から2016年までアウトモビリ・ランボルギーニの社長兼CEOを務めた。2016年にクワトロ社(現アウディスポーツ)のCEO、2018年にはブガッティ・オートモービルズの社長に就任。2020年12月、再びランボルギーニのトップに返り咲いた。拡大

衝撃的なチャレンジプラン

“帰ってきたヴィンケルマン”がランボルギーニの大きな挑戦を発表した。合言葉は「コル・タウリを目指せ!」。コル・タウリとは雄牛の心臓を意味する“アルデバラン”、すなわち、おうし座α星のラテン語だ。

要約すれば、2023年から2024年にかけてラインナップのすべてをプラグインハイブリッドパワートレインとし、2025年初頭までにはプロダクトのCO2排出量を半減させること、さらには2025年以降に完全BEV の第4モデルを発表すること、だ。

発表に先立ち、アウトモビリ・ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマンCEOは日本人ジャーナリストのインタビューにオンラインで応じてくれた。筆者は2020年末にもインタビューを実施していて、その時は赴任直後とあって具体的な内容に乏しかったけれど、今回は違う。

「われわれランボルギーニのようなスーパースポーツカーブランドにとっては大きな挑戦が始まります」

そのコンセプトを、ヴィンケルマン氏は簡潔にこう語る。「We need to change everything not to change anything」 つまり、何も変えないためにすべてを変える。どういうことか。

「CO2の削減がオートモーティブ界の潮流で、今や世界で最も重要な指標になりました。スーパースポーツカーブランドにとっては大変難しい時代がやってきたといえます。そんな未来の環境コンプライアンスを守りつつ、ブランドの優位性やクルマの性能を今まで通り最も高いレベルで保つ戦略を立てる必要に迫られました」

ランボルギーニ ウルス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 第649回:「ウルス」も「ウラカン」もモーター搭載!? これがランボルギーニ電動化プランの真相だ! 2021.5.18 エディターから一言 普及型のファミリーカーのみならず、高級サルーンや高性能スポーツカーでも電動化が進む昨今。スーパーカー専業メーカーであるランボルギーニはどう動くのか? 今後の見通しについて、ステファン・ヴィンケルマンCEOに聞いた。
  • 「ランボルギーニ・ウルス」の新たなカスタマイズオプション登場 2020.9.30 自動車ニュース アウトモビリ・ランボルギーニは2020年9月26日、スーパーSUV「ウルス」の新たなデザインエディション「グラファイトカプセル」を発表した。特別なボディーカラーや内外装のトリム類を組み合わせた、ウルスの2021イヤーモデルに設定される新たなカスタマイズオプションとなっている。
  • メルセデスAMG GLA45 S 4MATIC+(前編) 2021.6.10 谷口信輝の新車試乗 今回ワインディングロードに連れ出したのは「メルセデス・ベンツGLA」をベースに、メルセデスAMGが徹底的に走りを磨いたハイパフォーマンスSUV。その走りを、レーシングドライバー谷口信輝はどう評価する?
ホームへ戻る