“技術の日本”に黄信号!? 「トヨタがZF+モービルアイのADAS採用」の報に嘆息したワケ

2021.05.24 デイリーコラム

日産、ホンダに続いてトヨタまで

あああ、ついにトヨタまで……。日本時間2021年5月19日付の「トヨタがZFとモービルアイのADASシステムを採用」のニュースに触れて、筆者がまず抱いた感想だ。考えてみれば必然のことだったのだが、それでも一抹の寂しさが残る。なぜ必然か? なぜ寂しいのか? その理由を説明する前に、まずニュースの内容をおさらいしよう。

『webCG』の読者なら先刻ご承知と思うが、ドイツのZFは、米『Automotive News』誌のグローバルサプライヤーランキングで5位に位置する世界屈指の大手自動車部品メーカーである。そしてイスラエルのモービルアイは、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転システム用の画像処理半導体で高い技術を誇り、2017年に米インテル傘下に入った半導体メーカーである。

発表によれば、ZFとモービルアイの両社は今後数年にわたり、トヨタ自動車の複数の車両プラットフォーム向けにADASの開発を行うという。このニュースリリースの表現は非常に分かりにくいのだが、要はモービルアイの画像処理半導体を組み込んだ車載カメラをZFが製造し、ZF製のミリ波レーダーと組み合わせてトヨタに供給することで合意したという内容だ。

これまでもZFは、モービルアイの画像処理半導体を組み込んだ車載カメラを製造し、世界の自動車メーカーに供給してきた。国内では日産自動車が、2016年に実用化したADAS「プロパイロット1.0」以来、一貫してモービルアイの画像処理半導体を組み込んだZF製の車載カメラを採用している。2019年に実用化された「プロパイロット2.0」は、モービルアイの最新の画像処理半導体「EyeQ4」を採用したZF製3眼カメラを搭載し、国内の完成車メーカーとしては初めて“手放し運転”を実現した。

日産に続き、ホンダは2020年に発売した現行型「フィット」からADAS「Honda SENSING」にEyeQ4を採用し始めた。こちらは仏ヴァレオ製の単眼カメラに組み込まれている。世界で初めて「自動運転レベル3」を実現した「Honda SENSING Elite」にもモービルアイの半導体は採用されており、今後もホンダ車での採用が拡大される予定だ。つまり、日本の完成車メーカートップ3のうち、2社までがこれまでモービルアイの画像処理半導体を使っていた。今回のトヨタの採用で、ついにトップ3のすべてがモービルアイの半導体を使用することになった。

独ZFは世界第5位のグローバルな自動車部品メーカーであり、モービルアイの技術を用いた車載カメラを、多数の自動車メーカーに納入している。
独ZFは世界第5位のグローバルな自動車部品メーカーであり、モービルアイの技術を用いた車載カメラを、多数の自動車メーカーに納入している。拡大
「プロパイロット2.0」を搭載した「日産スカイライン」のマイナーチェンジモデル。2019年7月に発表された。
「プロパイロット2.0」を搭載した「日産スカイライン」のマイナーチェンジモデル。2019年7月に発表された。拡大
日産自動車はモービルアイの「EyeQ4」を組み込んだZFの3眼カメラを「プロパイロット2.0」に採用している。
日産自動車はモービルアイの「EyeQ4」を組み込んだZFの3眼カメラを「プロパイロット2.0」に採用している。拡大
2020年2月に発売された、現行型「ホンダ・フィット」。
2020年2月に発売された、現行型「ホンダ・フィット」。拡大
ホンダは現行型「フィット」からADASにモービルアイの「EyeQ4」を採用し始めた。
ホンダは現行型「フィット」からADASにモービルアイの「EyeQ4」を採用し始めた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事