既存のシステムとはここがちがう! 世界初の「レベル3自動運転」を実現したホンダの挑戦

2021.04.12 デイリーコラム

“運転支援”と“自動運転”の決定的なちがい

これまでもニュース試乗リポートで取り上げているように、先ごろ発売された「Honda SENSING Elite(ホンダセンシングエリート)」搭載の「ホンダ・レジェンド」は、世界で初めて型式指定を取得=認可された“レベル3自動運転”カーである。

これ以前に実用化された先進安全運転支援システム(ADAS)では、ハンズオフ走行が可能だったとしても、運転の主体はあくまでドライバーである。対してレジェンドが実現した世界初のレベル3は、高精度3D地図がカバーする高速道路上で、前走車がいる渋滞走行時……という条件こそあれど、それらが満たされればハンズオフのみならず、走行中のナビ操作や動画鑑賞といった“アイオフ走行”も可能となる。つまりは運転の主体がクルマに移行するわけだ。

われわれ素人には、両者は「ヨソ見ができるかどうか」という些細なちがいにしか思えない。しかし、レベル2のハンズオフはあくまで“運転支援”なのに対して、レジェンドのアイオフは限定的とはいえ、定義はついに“自動運転”となる。

そんな世界初のレベル3自動運転システムについて、レジェンドのホンダセンシングエリートの制御系プロジェクトリーダーをつとめたチーフエンジニアの荒木光浩さんと、みずから「私はADASひとすじ」とおっしゃるアシスタントチーフエンジニアの石坂賢太郎さんに、お話をうかがった。

2021年3月に発売された「ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite」。高精度の3Dマップデータや、優れた自車位置計測と周辺状況把握の能力、高い車両操作技術を組み合わせることで、「レベル3」の自動運転を実現した。
2021年3月に発売された「ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite」。高精度の3Dマップデータや、優れた自車位置計測と周辺状況把握の能力、高い車両操作技術を組み合わせることで、「レベル3」の自動運転を実現した。拡大
既存のハンズオフ走行機能との大きなちがいは、ドライバーが周辺監視をしなくてもいい、アイオフ走行も可能となっている点。これは運転の主体がドライバーではなく、クルマの側にあることを意味している。
既存のハンズオフ走行機能との大きなちがいは、ドライバーが周辺監視をしなくてもいい、アイオフ走行も可能となっている点。これは運転の主体がドライバーではなく、クルマの側にあることを意味している。拡大
「ホンダセンシングエリート」の開発に携わった、荒木光浩さん(右)と石坂賢太郎さん(左)。
「ホンダセンシングエリート」の開発に携わった、荒木光浩さん(右)と石坂賢太郎さん(左)。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • ホンダ・アコードEX 2020.1.23 画像・写真 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月にデビューを予定している10代目「アコード」の概要を発表した。そのスタイリッシュなエクステリアや、コンサートホールをイメージしたというインテリアのディテールを写真で紹介する。
  • 既存のシステムとはここがちがう! 世界初の「レベル3自動運転」を実現したホンダの挑戦 2021.4.12 デイリーコラム ホンダが「レジェンド」でレベル3の自動運転システムを実現! 彼らはなぜ、世界に先駆けて自動運転を実現できたのか? そもそも既存の運転支援システムとはどこがちがい、どのような技術が求められたのか? 開発に携わった2人のキーマンに話を聞いた。
  • プジョー3008 GT BlueHDi(FF/8AT)/リフターGT(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.27 試乗記 国内外で販売好調が伝えられているプジョーだが、その秘密は一体どこにあるのだろうか。ミドルサイズSUV「3008」とマルチパーパスビークル「リフター」の最新モデルに試乗し、快進撃の理由を考えてみた。
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.4.22 画像・写真 ホンダのクロスオーバーSUV「ヴェゼル」がフルモデルチェンジ。2014年の発売から累計で45万台を売り上げたというベストセラーモデルは、一体どんな進化を遂げているのか。よりクーペらしさを増した外装と、飛躍的に上質感が増した内装を写真で詳しく紹介する。
ホームへ戻る