テスラ・モデル3パフォーマンス(後編)

2021.06.06 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「テスラ・モデル3」に試乗。前編で「足まわりに奥深さを感じない」と語った一方で、テスラはそこを重視していないのではないかとも指摘する山野。果たしてその言葉の真意とは!?

すべてがニュートラル

モデル3は、新興電気自動車(BEV)メーカーにして、いまや最大手に成長したテスラが、本格的なBEV普及を目指して市場に放った野心作である。前後それぞれにモーターを備えた「パフォーマンス」バージョンが俎上(そじょう)に載った。

あいにくの雨であり、路面は完全なウエット。それでもフルフラットでの加速時に、タイヤを暴れされる気配すらみせないインテリジェントな制御が施されたモデル3。しかし、その足まわりに関しては「奥深さを感じない」と山野は指摘する。

山野:いいサスペンションを持ったクルマというのは、どこまでも奥があるのです。タイヤがどこまでもグリップし続ける……というイメージをドライバーに与えてくれます。

webCG:デキが悪いと、突然スポッと抜けてしまう?

山野:そうです。その場合「あ、もう限界だね」とドライバーはすぐに察知できる。一方、例えば優れた欧州車、ポルシェなどはその典型といえますが、奥の奥の、さらに奥がある。モデル3の場合は、比較的早い段階で限界が見極められます。

運転技量が一般的なユーザーの場合、限界が早く分かったほうがいいような気がするが、ニッポンのジムカーナマイスターにして、スーパーGT選手権のチャンピオンにも輝いたプロフェッショナルレーシングドライバーが口にしているのは、そうしたレベルの低いハナシではない。優れたサスペンションがもたらす、いわば究極のハンドリングについて語っているのだ。

 
テスラ・モデル3パフォーマンス(後編)の画像拡大
 
テスラ・モデル3パフォーマンス(後編)の画像拡大
 
テスラ・モデル3パフォーマンス(後編)の画像拡大
 
テスラ・モデル3パフォーマンス(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデル3パフォーマンス(4WD)【試乗記】 2019.11.22 試乗記 EV専業メーカーのテスラが開発した、新たな4ドアセダン「モデル3」。ほかのテスラ車に比べて手の届きやすい価格設定だが、その走りや使い勝手はどうか? パワーとスタミナが自慢の最上級グレードで確かめた。
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
  • 進むEVの価格破壊! テスラは自動車の世界を変えるのか? 2021.4.9 デイリーコラム 主力車種「モデル3」を大幅値下げを断行し、3年以内には価格2万5000ドルほどのEVも新規投入するというテスラ。そうした攻めの戦略は、ユーザーのEV意識や自動車業界の勢力図を大きく変えるのか? 識者はこう考える。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.18 試乗記 「プジョー3008」のマイナーチェンジに合わせて登場したPHEV「GTハイブリッド4」に試乗。プジョー初のPHEVにして現行ラインナップで唯一の四駆となるその走りを、日常使いを想定したドライブルートで確かめた。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る