クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)

後席ではもったいない 2021.06.01 試乗記 ベントレーのフラッグシップサルーン「フライングスパー」にV8モデルが登場。635PSの最高出力を誇るW12に対して、550PSとなるV8の走りとは? 印象的なボディーカラーをまとった導入記念仕様車「ファーストエディション」に試乗し、その仕上がりを確かめた。

ファーストエディションって何?

昨2020年で生産中止となった「ミュルザンヌ」に代わってベントレーのフラッグシップサルーンを名乗るのがフライングスパーである。「コンチネンタル」が付いた復活初代のフライングスパーから数えて3代目の新型は2020年にW12モデルが導入されており、今回追加発売されたのはファーストエディションスペシフィケーションを装備したV8搭載のフライングスパーである。

ベントレーともあろうブランドまでファーストエディションかよ、という気もするが、それが昨今のトレンドである。とはいえ「ファーストエディション。684万4100円。豪華絢爛(けんらん)フル装備。以下同文」だけでは、あまりにも愛想がないし、webCG読者の皆さんに申し訳がない。

縁のない庶民には関係ないだろう、と指摘されればその通りなのだが、何しろその金額はおよそ680万円である。「パサート」を買ってもおつりがくるほどの特別装備の内容を知りたいと思うクルマ好きもいるはずだ。試乗車のスペックシートには細かい説明がないので(こういうの最近多いんです)、ちょっと長くなるが英文カタログを参考にしてざっと並べてみよう。

すなわち専用エンブレムと刺しゅう、デュアルフィニッシュヴェニア(ヴェニアとはウッドトリムのこと。ただしこのクルマはハイグロスカーボンファイバー仕様)、イルミネーション付き電動格納式フライングB、ローテーションディスプレイ、ディープパイルマット、コントラストステッチ、そしてマリナードライビングスペシフィケーション(内容はダイヤモンドキルティングレザー、3Dレザートリム、レザーヘッドライナー、22インチホイールなど)、ツーリングスペシフィケーション(ACCなどのADAS装備やナイトビジョン、ヘッドアップディスプレイ)、ムードライティングスペシフィケーションというものだ。もちろん、各市場によって異なる場合もあるので注文の際にはしっかり確認されたい。

2020年10月に本国で発表された「フライングスパーV8」。他のベントレー車と同じく組み立てはすべて職人の手作業で行われ、1台の生産にはおよそ100時間もの時間を要するという。車両本体価格は2350万円。
2020年10月に本国で発表された「フライングスパーV8」。他のベントレー車と同じく組み立てはすべて職人の手作業で行われ、1台の生産にはおよそ100時間もの時間を要するという。車両本体価格は2350万円。拡大
今回試乗したのは「フライングスパーV8」の導入記念仕様車「ファーストエディション」。「ファーストエディションスペシフィケーション」と呼ばれる684万4100円のパッケージオプションが装備されている。
今回試乗したのは「フライングスパーV8」の導入記念仕様車「ファーストエディション」。「ファーストエディションスペシフィケーション」と呼ばれる684万4100円のパッケージオプションが装備されている。拡大
「フライングスパーV8」のインテリア。W12エンジン搭載車と基本的に同じデザインとなっている。オプションの「ローテーションディスプレイ」に組み込まれたタッチスクリーンは、大型の12.3インチサイズ。
「フライングスパーV8」のインテリア。W12エンジン搭載車と基本的に同じデザインとなっている。オプションの「ローテーションディスプレイ」に組み込まれたタッチスクリーンは、大型の12.3インチサイズ。拡大
試乗車の内装は「ベルーガ」と呼ばれるブラックの本革で統一され、ダッシュボードやドアのヴェニア(パネル)には、ハイグロスカーボンパネルが選択されていた。
試乗車の内装は「ベルーガ」と呼ばれるブラックの本革で統一され、ダッシュボードやドアのヴェニア(パネル)には、ハイグロスカーボンパネルが選択されていた。拡大

何とも言えない迫力

さらにこの車両には外装の光り物がすべてグロスブラックトリムとなるブラックラインスペシフィケーション(約65万円)が備わり、「パティーナ」という新しいオプションカラー(約84万円)をまとっていた。パティーナはゴールドではなくベージュ系らしいが何ともエレガントな微妙なトーンで、それにブラックアウトされたグリルやフェンダーベントとの組み合わせは不思議な迫力をまき散らしている。ちなみに“Patina”とは本来は緑青、あるいは古びたものの艶(つや)や風格を意味する言葉で、クラシックカーのレストアの世界ではおなじみの用語である。

というわけで、2350万円の車両本体価格に計840万円ほどの追加オプション代が乗っかる。庶民感覚で言えば、非常識きわまりない金額である。ただ、ベントレーぐらいのレベルになると、対価としてリーズナブルかどうかというのはほとんど主観的なものになる。

そもそもベントレーともなれば“つるし”のままで乗る人はほとんどいないはず。それこそパイピングの色まで細かく指定するのが当たり前の“あつらえもの”である。ただし、あらゆるビスポークに応えてくれるということは、発注するカスタマーのほうも相応の知識と経験、そして“良い趣味”を持たなければならない。

かつて本拠地クルーを取材した時に、ビスポーク部門であるマリナーの責任者に「とんでもない突飛(とっぴ)な色の組み合わせや、非常識な注文を受けた場合はどう対応するんですか?」と尋ねたことがあるが、彼は眉をほんの少し上げただけで「粘り強く説得します。ほぼすべてのお客さまがわれわれのお薦めに納得してくださいます」と答えたものである。

「コンチネンタルGT」やフライングスパーは、いわゆるコーチビルドモデルたるミュルザンヌとは桁違いの量産車だから(あくまでベントレーにしては)、すべての仕様をいちいち指定するのは面倒くさいという現代の顧客のためのベントレーのお薦めセットがファーストエディションというわけだ。

今回の試乗車は、フロントグリルやヘッドランプベゼル、バンパー内部などがブラック仕上げとなる「ブラックラインスペシフィケーション」が選択されていた。「ウイングドB」と呼ばれるノーズのマスコットは車内からのスイッチ操作によって、任意に格納/展開が行えるようになっている。
今回の試乗車は、フロントグリルやヘッドランプベゼル、バンパー内部などがブラック仕上げとなる「ブラックラインスペシフィケーション」が選択されていた。「ウイングドB」と呼ばれるノーズのマスコットは車内からのスイッチ操作によって、任意に格納/展開が行えるようになっている。拡大
「フライングスパーV8」のボディーサイズは全長×全幅×全高=5325×1990×1490mm、ホイールベースは3195mm。試乗車は「パティーナ」という新しいオプションカラーをまとっていた。
「フライングスパーV8」のボディーサイズは全長×全幅×全高=5325×1990×1490mm、ホイールベースは3195mm。試乗車は「パティーナ」という新しいオプションカラーをまとっていた。拡大
ダイヤモンドステッチが印象的なシート表皮デザインは、オプションの「マリナードライビングスペシフィケーション」に含まれるもの。傷の少ない北欧産の牛の革を厳選し、使用しているという。表皮カラーは試乗車の「ベルーガ」を含め、全15色から選択できる。
ダイヤモンドステッチが印象的なシート表皮デザインは、オプションの「マリナードライビングスペシフィケーション」に含まれるもの。傷の少ない北欧産の牛の革を厳選し、使用しているという。表皮カラーは試乗車の「ベルーガ」を含め、全15色から選択できる。拡大
リアのシート表皮デザインやカラーリングはフロントシートに準じたもの。左右独立式の電動調整機能のほか、マッサージやヒーター&ベンチレーション機能が標準装備されている。
リアのシート表皮デザインやカラーリングはフロントシートに準じたもの。左右独立式の電動調整機能のほか、マッサージやヒーター&ベンチレーション機能が標準装備されている。拡大

掛け値なしにスポーティー

新型フライングスパーも先に登場したコンチネンタルGT同様、フォルクスワーゲングループのプレミアム後輪駆動用「MSB」プラットフォームを採用していることは言うまでもない。特徴は従来型に比べてホイールベースが130mm延長されていることだが、いっぽうで全長は30mmしか伸びていない。要するに伸びた分のほとんどはフロントアクスルを前方に移動したことによるものだ。おかげでいかにも後輪駆動車らしいショートオーバーハングに加え、コンパクトで上下に薄いキャビン部分(もちろん相対的なもので室内が窮屈なわけはない)と巨大なホイールが相まって、堂々としながらもクールなプロポーションを生み出している。

2基のツインスクロールターボをVバンク内に詰め込んだ4リッターV8ツインターボも、同グループの高性能モデル用エンジンに共通するもの。最高出力635PSと最大トルク900N・mを誇る6リッターW12ツインターボほどではないが、こちらもコンチネンタルGTと同じ最高出力550PS/5750-6000rpmと最大トルク770N・m/2000-4500rpmの強大なパワーとトルクを生み出しながら、軽負荷時には4気筒を停止する気筒休止システムとコースティング機能も備える。

トランスミッションは同じZF製ながら先代モデルのトルコン式8ATから換装されたデュアルクラッチ式の8段DCT。後輪駆動優先の4WDで、0-100km/h加速は4.1秒、最高速は318km/hという。

8段DCTを搭載した初期のコンチネンタルGTは微速でまれにシフトショックを感じさせることもあったが、新型フライングスパーのマナーは模範的でわずかな加減速時も極めて滑らかで、同時に出足はベントレーにしては鋭すぎるのではないかと感じるほど鋭敏だ。

V8仕様はW12モデルより車重はざっと100kg軽いという。それでも2.4tを超える大型サルーンを軽快だと評するのは奇妙な感じだが、実際にそう感じるのだから仕方がない。精度の高さゆえの軽快感、軽やかさゆえのスポーティーさである。この10年でフライングスパーのステアリングホイールを自ら握るオーナーが増えたとベントレーは言うが、確かに後席に座っているだけではもったいない。

フォルクスワーゲングループのプレミアム後輪駆動用「MSB」プラットフォームを採用。先代モデルよりもフロントアクスルが前進し、後輪駆動モデルらしいスポーティーなプロポーションになっている。
フォルクスワーゲングループのプレミアム後輪駆動用「MSB」プラットフォームを採用。先代モデルよりもフロントアクスルが前進し、後輪駆動モデルらしいスポーティーなプロポーションになっている。拡大
2基のターボチャージャーが組み込まれた4リッターV8エンジン。最高出力550PS/5750-6000rpm、最大トルク770N・m/2000-4500rpmを発生する。
2基のターボチャージャーが組み込まれた4リッターV8エンジン。最高出力550PS/5750-6000rpm、最大トルク770N・m/2000-4500rpmを発生する。拡大
左右対称にデザインされたシフトセレクターパネル。トランスミッションは、先代のトルコン式8段ATからデュアルクラッチ式の8段DCTに変更されている。
左右対称にデザインされたシフトセレクターパネル。トランスミッションは、先代のトルコン式8段ATからデュアルクラッチ式の8段DCTに変更されている。拡大
最新のベントレー車でおなじみの「ローテーションディスプレイ」。写真は3連メーター(外気温度計/コンパス/クロノグラフ)を表示した様子。
最新のベントレー車でおなじみの「ローテーションディスプレイ」。写真は3連メーター(外気温度計/コンパス/クロノグラフ)を表示した様子。拡大
手触りのいいカーペットで覆われた荷室の容量は420リッターで、これはW12エンジン搭載車と同じ数値。後席背もたれのセンターには、スキーホールが備わる。
手触りのいいカーペットで覆われた荷室の容量は420リッターで、これはW12エンジン搭載車と同じ数値。後席背もたれのセンターには、スキーホールが備わる。拡大

ベントレー随一の乗り心地

しかも乗り心地が素晴らしい。低速でも当たりが滑らかで滑空しているような浮遊感があるいっぽうで、速度が増してもヒタヒタと路面に張り付くような安定感もあり、アウディほど硬質な反応も見せない。フラットさを維持しつつ滑るように走る身のこなしは最近のベントレーで一番洗練されているのではないだろうか。

3チャンバー式エアサスペンションはヘビー級高性能車用の足まわりとして定番化しつつあるが、ダンパーだけでなくエアボリュームも可変制御する本格的エアサスペンションの面目躍如といえる。したがって、スポーツ/B(ベントレー=これがデフォルトモード)/コンフォート/カスタムと4種類用意されているドライブモードセレクターには事実上、触る必要がない。

オートモードたるBモードに入れっぱなしにして高速でも山道でもまったく不足はないし、コースティング機能も作動する。地の底から湧き上がってくる地響きのように重厚で逞(たくま)しいミュルザンヌのあの6.75リッターV8 OHVツインターボの骨太なパワー感が懐かしくないといったらうそになるが、現代のベントレーには洗練されたスマートさが必要だろう。いっぽうで、これ以上の気遣いは要らないとも思う。どんなに優しくても、線が細いと言われてはベントレーとして不本意である。

(文=高平高輝/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

駆動方式は4WDのみの設定。エンジンの低負荷時(発生トルクが235N・m未満でエンジン回転数が3000rpm未満の場合)には、8気筒のうち4気筒がストップする気筒休止システムが作動し、燃費向上に貢献するという。
駆動方式は4WDのみの設定。エンジンの低負荷時(発生トルクが235N・m未満でエンジン回転数が3000rpm未満の場合)には、8気筒のうち4気筒がストップする気筒休止システムが作動し、燃費向上に貢献するという。拡大
試乗車に装着されていたブラックペイント&ブライトマシン仕上げの22インチホイールは、オプションの「マリナードライビングスペシフィケーション」に含まれるもの。タイヤは「ピレリPゼロ」で、サイズは前275/35ZR22、後ろ315/30ZR22。
試乗車に装着されていたブラックペイント&ブライトマシン仕上げの22インチホイールは、オプションの「マリナードライビングスペシフィケーション」に含まれるもの。タイヤは「ピレリPゼロ」で、サイズは前275/35ZR22、後ろ315/30ZR22。拡大
センターコンソール後部に、取り外しができる「タッチスクリーンリモート」を装備。エアコンやオーディオのほか、シートのマッサージやベンチレーター機能などのコントロールが行える。
センターコンソール後部に、取り外しができる「タッチスクリーンリモート」を装備。エアコンやオーディオのほか、シートのマッサージやベンチレーター機能などのコントロールが行える。拡大
W12モデルより車重が100kg軽いこともあり、俊敏でレスポンスの良い走りが味わえる「フライングスパーV8」。0-100km/h加速4.1秒、最高速318km/hという動力性能を実現している。
W12モデルより車重が100kg軽いこともあり、俊敏でレスポンスの良い走りが味わえる「フライングスパーV8」。0-100km/h加速4.1秒、最高速318km/hという動力性能を実現している。拡大
 
ベントレー・フライングスパーV8
ベントレー・フライングスパーV8拡大
 
ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大

テスト車のデータ

ベントレー・フライングスパーV8

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5325×1990×1490mm
ホイールベース:3195mm
車重:2480kg
駆動方式:4WD
エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:550PS(404kW)/5750-6000rpm
最大トルク:770N・m(78.6kgf・m)/2000-4500rpm
タイヤ:(前)275/35ZR22 104Y/(後)315/30ZR22 107Y(ピレリPゼロ)
燃費:12.7リッター/100km(約7.8km/リッター、WLTPモード)
価格:2350万円/テスト車=3189万7230円
オプション装備:ボディーカラー<パティーナ>(84万1400円)/ファーストエディションスペシフィケーション(684万4100円)/カーペットオーバマットにコントラストバインディング(4万5590円)/フライングスパー ブラックラインスペシフィケーション(64万7480円)/バッテリーチャージャー<ソケット付き>(1万8660円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:752km
走行状態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:237.3km
使用燃料:38.2リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:6.2km/リッター(満タン法)/6.6km/リッター(車載燃費計計測値)

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ベントレー フライングスパー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。