第209回:国民車決戦

2021.06.21 カーマニア人間国宝への道

スイスポに強力なライバル出現

かつて私は当連載にて、「スズキの『スイフトスポーツ』を国民車に!」と書いた。極めて実用的なハッチバックボディーに、適度にパワフルな1.4リッター直4ターボを積み、ボディーは1t切りの超軽量、トランスミッションは6段MTと6段AT。MTはもちろんのこと、ATでも十分楽しいので、カーマニアから一般ピープルまで国民全員が満足できる! それでいてお値段は約200万円! 明日独裁者が現れて、「日本国民はスイスポ以外のクルマに乗ることを禁じる」と宣言しても「イエッサー!」と言える。そんなクルマである。

が、そんなスイスポに強力なライバルが現れていた。その名は「ヤリス」である(「GRヤリス」ではなくフツーのヤリス)。

「ヤリス ハイブリッド」の走りはすさまじくイイ。加速も十分だが燃費はまさに驚異的で、首都高をゆっくり流せばリッター40km近くいく。私はリッター38.8kmいきました。燃費計を見ているだけでウットリ。それでいてボディーはしっかり堅牢(けんろう)であり、足まわりはかなりスポーティー。狙ったラインを完璧にトレースできる。

ヤリスはスイスポと違って、第一義的に一般ピープル向けのクルマだが、カーマニアにも刺さりまくる! 旧「ヴィッツ」とは月とスッポン!

ただ、ヤリス ハイブリッドにはMTがない。カーマニア的にはそこが物足りないが、1.5リッターガソリン車に6MTが用意されている(ガソリンCVTはカーマニア的に論外)。先日、そちらにようやく試乗して、思わず絶叫してしまいました。

「メチャメチャいいじゃんかよ~~~コレ!」

真の国民車を(勝手に)決めるべく、あらためて夜の首都高で「スズキ・スイフトスポーツ」に試乗。ライバルとして立ちはだかるのは、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2021に選ばれた「トヨタ・ヤリス」である。
真の国民車を(勝手に)決めるべく、あらためて夜の首都高で「スズキ・スイフトスポーツ」に試乗。ライバルとして立ちはだかるのは、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2021に選ばれた「トヨタ・ヤリス」である。拡大
「ヤリス ハイブリッド」でいつもの首都高辰巳PAに出撃。最高出力91PS、最大トルク120N・mの新開発1.5リッター直3エンジンに、同80PS、同141N・mのモーターを組み合わせるハイブリッドパワーユニット(FF車)は、燃費の良さが自慢。しっかりしたボディーやスポーティーな足まわりもヤリスのセリングポイントだろう。
「ヤリス ハイブリッド」でいつもの首都高辰巳PAに出撃。最高出力91PS、最大トルク120N・mの新開発1.5リッター直3エンジンに、同80PS、同141N・mのモーターを組み合わせるハイブリッドパワーユニット(FF車)は、燃費の良さが自慢。しっかりしたボディーやスポーティーな足まわりもヤリスのセリングポイントだろう。拡大
「ヤリス ハイブリッド」の燃費は驚異的で、首都高をゆっくり流せばリッター40km近くはいく。この時の試乗では、リッター38.8kmを記録した。
「ヤリス ハイブリッド」の燃費は驚異的で、首都高をゆっくり流せばリッター40km近くはいく。この時の試乗では、リッター38.8kmを記録した。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

スズキ スイフトスポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第209回:国民車決戦 2021.6.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。かねてスズキの「スイフトスポーツ」を国民車として勝手に提唱中のところ、強力なライバルが出現した。その名は「ヤリス」。スイスポは国民車としての地位を堅守できるのか? 再度試乗し、スイスポの今の実力を確かめることにした。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る